隠れオタクや別に隠れないオタクについて昔の思い出話をします

オタクだったり同人活動をしている人は、そのことをどれくらい周囲に隠していますか?

私の場合は、聞かれてもいないのにオタクだと言うことはありませんが、必要に応じてカミングアウトするのは別にかまわないと考えています。
その一方で、普段から堂々とオタクグッズを持ち歩いている人もいれば、過去に嫌な思い出でもあったのか、異常にひた隠しにしようとして挙動不審になっている人もいます。

正直、他人から憧れてもらえるような見栄えの良い趣味ではないことは自覚しています。
ですが、それを好きな自分を否定する必要も無いと思っています。
その事実の良し悪しに関わらず、私は物心ついた時からオタクなのですから。

私が学生の頃、知り合いにオタク趣味がバレて少しからかわれたことがあったのですが、その子もわりとオタクの実態とかアニメに詳しかったんですよね。同人誌も持っていましたし。
でも自分で創作まではしていないから、自分はオタクではないと必死に言い張っていました。

なので何となく、オタクだと聞いてバカにしてくる人は、むしろ中途半端にオタクの知識がある人ではないかと思っています。本当に何も知らない人は「漫画や小説がかけるなんてすごい!」と純粋に感心してくれます。内容については黙っていたほうが良いですけど。

でも昔と比べると、今はオタクのイメージも少しは良くなって…良く…?ホントに?(・∀・)
まあ今は「漫画やアニメが好きなオタクです!」とアピールしても、問答無用で犯罪者予備軍扱いされることは無くなってきたみたいなので、それは良いことですね。

今の時代はもう無いと思いますけど、私が学生の頃は、友達の中に親から漫画やアニメや創作を禁止されている子もいて、漫画本や画材はバレないように隠していると言っていました。

そういう子に年賀状を送る時は、向こうの親に見られても大丈夫なように、その子がオタクであるとバレるような文面は避けて、手描きのイラストも描かないようにしていたものです。
これはさすがに特殊な例ですが、こういった家も確かに存在していました。

私は家族にオタク趣味を否定されたことは一度も無いのでその手の悩みは無かったけど、私がイイ歳になっても容認してくれていたからこそ、同人をやめた時はとても驚かれて心配されました。
どうしてそうなったのか、理由を説明する時は本当につらかったです。

親戚の人も、私の絵を見て「ヒロコちゃんは絵が上手いね~」と言ってくれましたが、それは世間の人気絵師と呼ばれる人達の絵を見たことが無いから、私の絵が上手く見えてしまうのだろうと複雑な気分でした。これは結構、絵描きとその家族あるあるではないでしょうか。

でもこれも今思えば、家族からだけでも上手いと言ってもらえるのは充分有難いことです。
今はもう絵を描いていないけど、褒めてくれてありがとうと感謝しています。

現在の私は、同人はやめたけどオタクではあるはずだと信じています。
たとえもう、気が狂うほど何かに夢中になることはできなくても、同人引退後に流行った作品についてあまり詳しく知らなくても、オタクの肩書きを手放してしまったら、自分が何者なのか分からなくなってしまいます。だから私は、これからもオタクです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする