同人活動の思い出/女体化や男体化ネタに関する思い出

パラレル、NTR、グロなど、読む人を選ぶネタは数多くありますが、版権キャラの性別を変える女体化や男体化も、それなりに特殊なネタではないかと思います。
ちなみに私は性別変更ネタも大好物でしたし、今も見るのに抵抗はありません。

特に「BLの受けの女体化」は見るのも描くのも楽しかったけど、それは「受け=可愛い=女の子になっても違和感無し」という発想があったからです。
私はもともと攻めと受けの性別は何でも良いので、男×男の受けが女になって男×女になったところで萌えの方向性は変わりませんし、受けがより可愛らしくなってヨシ!という感じでした。

で、基本的にはそういう感じでしたが、それはそれとして、攻め(女体化)×受け(男のまま)もまたアリでした。どちらも女体化して百合になってもアリでした。
男女カプの性別を入れ替えるのもアリでした。推しは男でも女でも可愛いと思っていました。
好きなキャラの(私の地雷ではない範囲での)さまざまな可能性を楽しんでいました。

私が現役だった頃のピクシブでは、女体化ネタはわりと好評なことが多かった気がします。
ジャンルの空気にもよるかもしれませんが、旬ジャンルで人気キャラの女体化を描いて、見向きもされないということはあまり無かったと思います。

これは、私と同じように「推しは可愛いので女になってもヨシ!」と考えている人が多かったのかもしれませんし、自覚の有無にかかわらず受けに自己投影している人は、受けが女になることに違和感を感じなかったのかもしれません。他にも、私が思いもよらない理由で女体化を好んでいた人もいたはずなので、このあたりは今になって気になるところです。

1人の人が描き始めて人気が出ると、影響を受けて描く人が増えることもありました。
そういう現象は女体化以外でもあると言われそうですが、そうは言っても、内臓が飛び出すレベルのリョナやウンコを食べるレベルのスカトロなどは、描いている人が居て一定数のファンが付いていたとしても、他の人達が「私も私も!」と描きだすことは、あまり無いのではないでしょうか。

女体化や男体化は、特殊嗜好のひとつではありますが、他のさらに人を選ぶものに比べたら、かなり軽い気持ちで手を出せるものだと個人的には考えています。
いやそれでもオタクじゃない人から見ればすべてが意味不明だとは思いますがね!(´・ω・`)

もちろん一方で、性別変更ネタが嫌いだったり理解できないオタクも存在しています。
匿名で「女体化は気持ち悪い」「どうしてBLなのに女にするの?」と言っている人も私はそこそこ見てきました。もしこちらの意見が同人界隈で圧倒的多数派だったなら、性別変更ネタが好きな人のほうが匿名でひっそりと語る側になるのかもしれませんね。

それぞれの嗜好がどの程度堂々と表に主張できる空気であるか、ちょっとバランスが変われば世界がひっくり返るかもしれないのだなと、引退したあとで気付いた大マヌケな私です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする