キャラソンを聞くのが好きだった私と、奇面組アニメの挿入歌の話

アニメやゲームなどのメディアミックス展開のひとつに「キャラクターソング」というものがありますが、私は昔からいろいろなキャラソンを聞くのが好きでした。
好きなキャラのキャラソンが出れば購入するのは当然として、作品もキャラの詳細も知らないのにキャラソンだけは知っているというパターンもありました。

同人をしていた頃、私の周囲の人達はどうだったかと言うと、声優さん好きの人はキャラソンにも興味があったようですが、中には「イメージが壊れるから歌って欲しくない」とか「キャラソンは聞いていて恥ずかしくなる」という意見の人もいました。

確かに原作の設定によっては「お前ら歌とか歌ってる場合じゃないだろ」とか「このキャラってこんなにノリノリで歌とか歌うかな?」という疑問が浮かぶこともありますが、そこはそれです。
私は、声優さんとは関係なく「そのキャラの歌」としてのキャラソンが好きでした。

歌唱力がちょっと残念でも、そのキャラらしさが出ていれば良いと思っていましたし、逆に上手いけどキャラの歌声ではなく声優さんの歌声になっている場合も、まあキャラの演技のまま歌うのって難しいだろうからなと納得していました。そんな中で、キャラの演技でしっかりと上手く歌っているキャラソンに出会えた時はとても感動したものです。

ただ、声優さんの技量とは無関係なところで、曲自体がキャラに合っていないということも稀にありました。これについては昔のアニメの主題歌も、アーティストとのタイアップで、作品の内容と全然合っていない曲が主題歌になって叩かれている光景も何度か見かけました。
今は、昔よりはその辺はきちんとしているのではないかと思います。

キャラに合っていないキャラソンで私がよく覚えているのは、奇面組アニメの劇場版の挿入歌に使われた唯ちゃんの曲「恋はコットン」でした。
この曲は1986年7月21日発売の「ハイスクール!奇面組 音楽組2」に収録されています。

私は小学生の頃からこの曲の歌詞に違和感を感じていましたが、当時、周囲の人達はアニメや原作は見ていても劇場版の挿入歌の歌詞なんか知らんがなという非オタクばかりでした。
でも、大人になってから奇面組で同人活動することになった時に「唯ちゃんのあの曲って唯→翔みたいな歌詞で変じゃない?」と言ったらめちゃくちゃ賛同してもらえました。

あれは、同じレコードに収録されていた千絵ちゃんの曲が、まさに千絵ちゃんのイメージにピッタリだったこともあり、余計に唯ちゃんのほうの曲がイメージに合わなかったのが残念に感じたのかもしれません。ただ、唯ちゃんのキャラソンだと思わなければ可愛い曲ですし、高橋美紀さんの歌声も良かったので、そこが本当に惜しかったです。

まあこれよりも、人によっては、奇面組アニメの主題歌におニャン子クラブのメンバーの曲を使ったことに不満がある人もいたようですが、私は個人的にそちらは気になりませんでした。

確かにほとんどの曲が、奇面組に合っていたかと言われるとアレでしたが、それでも「うしろゆびさされ組」は名曲ですし、おニャン子はおニャン子で好きでしたので私は問題無かったです。
AKBとかも良いけど、私はやっぱりおニャン子クラブが好きです(昭和生まれ!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする