同人活動の思い出/不人気な作品やキャラにハマった時はツライけど闘志も湧いたという話

オタクをやっているといろいろなものにハマりますが、時には、世間で人気が無いものにハマることもあるかもしれません。マイナーなだけならまだ良いけど、自分は大好きなのに他の人達からは叩かれているという状況だと、精神的にとてもつらいです。

一度「この作品やキャラは世間で不人気だと認められたから、堂々と叩いても良い」という空気ができてしまうと、いくら個人が悲しんでもどうにもならなくなります。
ネット上の暴言というものは昔からあるので、昔のほうがマシだったなんてことは決して言えないのですが、それでも昨今の炎上は本当に酷いと私は思います。

で、もし自分の好きなものが他の人から叩かれている時に、同人者ならどうするかというと、それはもちろん、自分が魅力的な二次創作を作って分からせるしかないのです。

昔、私がとあるキャラにハマった時に、当時交流していた人がどうしてもそのキャラを好きになれないと言っていて、ツイッターでも文句ばかりでウザかったことがあります。
私は心の中でウゼェ●ねと思いながらも、ひたすら私の解釈で二次創作漫画を描きまくり、ピクシブに上げまくりました。ジャンル自体は旬だったので、かなり評価をもらえました。

そうすると、後日その人から「ヒロコさんの漫画を見て良さが分かった」と言われて、その後は一緒に萌えを語り合えるようになりました。こういった方法で成功した思い出もいくつかあるので(もちろん失敗もありましたが)私レベルの描き手でも、必死にやれば何かを変えられる可能性はあると分かりました。他の人ならもっと成功率は高いはずです。

ジャンル自体が不人気なものにハマったこともありますが、その時も「これの良さが分からない世間のほうが悪い!」くらいの気持ちで二次創作を発表し続けていたら、同じ志の人達と仲良くなれただけでなく、アンチだった人が良さを認めてくれたこともありました。

世間では不人気だけど自分は好きなものの「自分が思う魅力」を、二次創作で表現してぶつけ続けていれば、いつかは道が開けるかもしれません。二次創作をしていない人なら、ひたすら「自分はこれが好き!」と語って主張し続けるだけでも良いのです。

どれほど不人気なものでも、好きな人がひとりもいないということは無いはずです。
一貫して主張し続けていれば、同じ気持ちの人が目を止めてくれるかもしれませんし、エアプで叩いていただけの人が考えを改めてくれるかもしれません。

まあ、二次創作は純粋に楽しむものであって、ここで話したような、敵を殴り倒す武器にするものではないと言われたら、何も言い返せないのですが(´・ω・`)
でも、敵を殴り倒すつもりで描く時のほうが、平和な時よりもすごいやる気出るんですよね。
やはり人間を動かす原動力は「怒り」なのだなと実感します。

自分の好きなものを叩かれて悔しいという時は、できれば諦めないで欲しいと思うのです。
今はもう戦う理由も無くなった老兵から、今戦っている人達に勝手に訴えてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする