同人活動の思い出/ROMのことをどれくらい意識しているか他の人にも聞いてみたかったけど聞きそびれた件

これももう古い言葉かもしれませんが、感想は送らずに作品を見ているだけの人をROMと言い、同人界隈にも当然そのような人は多くいます。
というか、わざわざ作り手に感想を送ってくれる人のほうが貴重な存在です。

私も基本的には、交流がある人やよほど気に入った神作家さん以外には、作品を見ても感想は送らないことが多かったです。私は感想文を書くのが苦痛ではないタイプだったので、何か書こうと思えば書けたはずですが、そんな私でもある程度の動機が無いと感想は送りませんでした。

感想を送るのが苦手な人は、もっとROMに徹していると思います。
自分が見る側になった時のことを考えれば、簡単に想像できることです。
だからこそ、私はROMの存在も結構意識していました。

感想をもらえない人は、よく「私の作品は誰にも見てもらえていない」と言いがちですが、ネット上に出しているのなら、鍵でもかけていない限りは必ず誰かが見ているものです。

出していれば見ている人がいますし、見ていれば、作品を気に入ってくれている人や、そこまで気に入っていなくても更新されれば見たいと思ってチェックしている人もいるかもしれません。
ただ、見て気に入っても、感想を送るのが苦手な人は何も言いません。
ですが「この作品は良かった」という気持ちは抱いてくれたことになります。

それで充分ではないかと、私は思います。毎回感想をくれて話が盛り上がるような読者さんも有難かったけど、それ以上に大勢いたと思われる、黙って見てくれていたROMの人達もきっと同じくらい有難かったのです。私が同人活動をしていた一番の目的であった「同じ趣味の人達が好きなジャンルの二次創作を通じて楽しむこと」は、どちらでも達成できるのですから。

それに、作品が気に入らなかった場合は叩かずに黙ってくれているほうが有難いですし、具体的な言葉にはならない思いというものもあります。それぞれが心の中に抱く感想は、表に出せばいいというものでもないし、出さなければいけない決まりもありません。

ただ私も、私と交流していた作り手さん達も、感想をもらえないという経験が無かったので、本当にROMしかいなくて感想ゼロだったらどんな気分になるのか、実感としては分かりません。
でも少なくとも今の私は、このブログに何も反応が無かったとしても、ひとりで勝手に更新を続けられるような気がしています。ROMさんがめちゃくちゃ居るという実感はありますからね。

現役時代、直接もらった感想だけでなく、黙って思われていたであろう感想もなんとなく受け止めた気になって、それでも見る人に依存はせずに、自分の描きたいネタを信じて出してきた結果かもしれません。同人はやめましたが、同人をしていた頃に積み重ねたものは、消えないどころかパワーアップして受け継がれていることに、最近やっと気付いてきました。

あと「心の中の感想」と言えば、私の絵に対して「ヘッタクソww●ねww」とは言わずに、表向きだけでも「かわいい絵ですね~」とオブラートに包んでくれた昔の交流相手達、実は全員天使だったのでは?私は自分で気付いていなかっただけで、周囲にも恵まれていたのでは?

確かにツイッターでの失言が酷い人もいて絶望したこともありますが、今となってはそれも遠くて薄い記憶です。実は私の思い出は美しかったのかもしれないと、錯覚する今日この頃です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ROMさんへのスタンスがまるっと同意です。
    私もすごくいい!とか思っても感想言うどころかブクマとかイイネすらしないのはざらなので、そういう感じで見てる人はいっぱいいるんだろうなぁと思います。目に見えることだけが全部じゃないと感じます。

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名さん
    ですよね。実際はそういう人(ブクマやイイネもしない人)もたくさんいるはずです。
    最近は昔以上に、目に見える反応を強要する作り手さんが多いように見えてウンザリしているのですが、本当に、見る側の人はもっと自由にしていて良いと思います。目に見えることだけが全部じゃないと考えると、いろんな物事への見方が変わるので面白いです。