2次元キャラの年齢を追い越す時に思うことを語ってみた

突然ですが、先月(2021年4月)に、私は45歳の誕生日を迎えました。
同人をやめた直後は生きた心地がしませんでしたが、今は生きられる年齢まで静かに生きて、理不尽ではない死因であまり苦しまずに逝きたいという願いを持っています。
現在、身近に特に不幸なことも無く平和に暮らせていることも、とても有難いと思っています。

ところで、ある程度年齢を重ねている人にならご理解いただけるかと思いますが、自分の推しキャラの年齢を追い越してしまって切ない気分になることってよくありますよね?
10代の頃まではそのようなことは無かったのですが、成人後は本当にヤバかったです。

私が小学生の頃は「奇面組」や「うる星やつら」などを見ていましたが、当時は制服を着ている高校生のキャラ達が、ものすごく大人なお兄さんやお姉さんに見えたものです。
成人するとまた心境が変わって「学生さんは良いですな~(・∀・)」などとババアぶったことを言うようになりましたが、まだこの段階ではババアエアプと言えるでしょう。

真のババアになりつつある現在、高校生のキャラなんて、もう自分の子供みたいな年齢です。
このままいけば孫の年齢になるのも、そう遠い未来ではありません。
そんなキャラ達のエロ二次創作を見るのが正直キツくなった…と賢者タイムに入り、違和感が萌えに勝るようになってしまったことも、私の同人引退のきっかけのひとつでした。

基本的に2次元のキャラは、現実の私達と同じように歳を取ることはありません。
作者が未来の姿を描くことはあっても、それは私達と一緒に死ぬまで歳を取るのとは違って、あくまで現実の時間からは切り離された「そのキャラがその年齢になった世界の話」です。

出会った(ハマった)当時は自分より年齢が上だったキャラも、いつのまにか、あっという間に追い越してしまっています。自分が歳を取るごとにキャラ解釈も変わっていきます。
子供の頃は30代のキャラを年寄り扱いしていましたが、今は若いと思っています。昔は大人っぽいと思っていた高校生のキャラも、今は「未成年じゃねーか!」とツッコんでしまいます。

キャラのほうは何も変わっていないのに、自分のほうはどんどん変わっていきます。
これもまた2次元と現実の間にある哀しくも尊い壁なのですが、若いうちにオタクを「卒業」していたなら、こういう気持ちは味わえなかったかもしれません。
長年2次元オタクを続けた結果、ある日突然、ふと、昔と変わっていることに気付くのです。

現実の美男美女は100年後には骨になっていますが、2次元の美男美女は永遠に美しいままそこに存在しています。私は幼稚園児の頃から、これが本当にすごくて尊いことだと思っていたから2次元オタクになったのです。みなさんが2次元に魅せられたきっかけは何ですか?

私は朽ちていきますが、これまでハマってきた愛しいキャラ達はずっとそのままです。
同人を引退しても、私の命が終わっても、この事実があればオタク的にわりとガチで幸福です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ヒロコ1号さん、こんにちは。
    私も好きだったキャラクターの年齢を上回り、あっという間に30代になりました。時折、キャラクターの年齢設定を見ると、虚しくなるときもあります。

    中学生の時に見たガンダムシードやデスティニーシリーズがきっかけでアニメが好きになりました。

    戦争アニメなので、皆キャラクターは大人びたセリフを言ってるけど年齢は高校生位です。

    今流行の鬼滅の刃もキャラクター達は年齢的には中学生〜高校生、大学生位の年齢です。
    友人に勧められ、面白いなぁと思ってハマったのですが、アニメや漫画に段々とのめり込めなくなってしまいました。

    自分より年下のキャラクター達の姿を見ても子供の頃より、心が揺れ動かなくなってきたというか、まるで童話を読んでる気分になってしまいます。

    学生時代は一時期、二次創作の小説を沢山書いたりしてたけど、今はまったり気が向いたときに書いてるくらいです。

    立派な大人と世間から言われる年齢になって、自分の中での同人活動ブームも徐々に終わってきたのかなぁと思います。

  2. もこもこ より:

    遅れましたが、ヒロコさん45歳のお誕生日おめでとうございます。
    過去に色々と(主にツイッター関連で)お辛い思いをされたようですから、これから先はずっとお元気でいらしてほしいなと思います。

    10代の頃までは2次元キャラの年齢を追い越してしまうことに切ない気分を感じることは無かったと書いてありましたが、私は今年度(早生まれで)成人する年齢になるのですがすでに切なさを感じてます…
    いったいどうしたらいいのやら…(苦笑)

    >>みなさんが2次元に魅せられたきっかけは何ですか?
    とあったので書いてみます。名前を出してしまいます、ご迷惑に感じたらすみません。コメント非表示にしてもらっても構いません。では失礼します。
    小学生の頃に初音ミクのCMを見た事がきっかけでした。初めて初音ミクを見て可愛いと思い、オタクとネットの世界にハマっていきました。アニメに魅せられたのはまどマギがきっかけでした。ゲームも大好きです。(ニーアの2Bは私の嫁!)一応書きますが私は女性です…
    私のオタク歴は小学校の頃からですね。

    お誕生日おめでとうございました。このご時世もありますから、健康にはくれぐれもお気をつけてください。失礼しました。

  3. ヒロコ1号 より:

    >匿名さん
    こんにちは。世間の人気キャラの年齢は昔も今も10~20代が多い気がしますので、30代を過ぎると年下のキャラのほうが多くなって、どうしても寂しさを感じてしまいます。
    私の年齢だと、年配のキャラと歳が近くなるので、そちらに親近感が湧いたりもします。
    ともかく、若い頃は将来こんな気分になるなんて予想もしていませんでした。

    ハマっていた気持ちが落ち着いていくきっかけも、人によっていろいろあるでしょうが、やはり年齢の問題もあるのかなあと、今になって実感しています。
    私は若い頃は「年齢は関係ない!私は死ぬまで同人を続ける!」と言っていましたが、実際に歳を取ると「もう気力が尽きた…やはり年齢には勝てない」となってしまいました。

    ただ、2次元のキャラクターって、世界観や設定によっては、現実の同い年の人よりも考え方が大人だったり特別な能力を持っていたりして、そこには2次元特有の尊さがあります。
    私も、もう子供の頃よりは心が動かされなくなってしまいましたが、それでも昔感動した思い出は手放さずに、今後は穏やかに2次元界隈を見守っていきたいです。

  4. ヒロコ1号 より:

    >もこもこさん
    こんにちは、ありがとうございます。同人自体の思い出は良いことも悪いこともあって、今はどれも貴重な経験だったと思っていますが、ツイッターは本当に黒歴史でした。ですがそのツイッターの思い出も、このブログで記事を書いて、同じ経験をした人の役に立てたのなら、これも結果オーライです。結局、無駄な経験などひとつも無かったということですね。

    私も女性ですしBLにもハマっていましたが、可愛い女の子キャラも好きです。
    4~5歳の時に魔法少女モノにハマったのが最初だった記憶があります。
    自分が変身したいというのではなく、美少女を愛でる方向でハマっていました。

    初音ミクは「メルト」や「教えて!!魔法のLyric」などの曲が好きでよく聴いていました。
    まどマギもすごくハマりました。でも、もこもこさんの年齢で切なくなっていたら、これから本当に大変かもしれませんね(・∀・)それでも、この先何年経っても、好きなものを好きになった時の感動は忘れずにいて欲しいと思います。

  5. 引退した者です より:

    ヒロコ1号さん、こんにちは。
    昨年末に同人活動を引退した者です。再びコメント失礼いたします。
    今は喪失感が本当につらくて、生きた心地がしないのですが、この気持ちはヒロコ1号さんも通った道だと思うと、心の支えになっています。ヒロコ1号さんは当時お一人で苦しまれたのだから、私には今、こちらのブログがあって幸運だったと感謝しています。

    以前のコメントにも書いたのですが、私は「自分がなぜ楽しめなくなったのか?」を知りたいと思っています。今回の記事で、その理由のひとつが明らかになったと感じ、とても興味深く読みました。

    私は20歳頃、子供向けアニメにハマっていたため、推しキャラは10歳でした。それでも元気にBLやエロ二次創作を楽しんでいて、年齢を壁とは感じていなかったので、30代になっても40代になっても何も変わらないと思っていました。

    その後アラフォーで引退するまで、最も多く活動していたのは乙女ゲームジャンルでした。「キャラのほうは何も変わっていないのに、自分のほうはどんどん変わっていく」
    という感覚を少しずつ感じるようになりました。
    乙女ゲーは基本「カッコイイ男性キャラに恋をする」という性質のものなので、自分の変化は「恋愛観」が変わっていく過程でもあったのだと思います。(私は二次元オタクなので「恋愛観」というのは、ほぼ「萌え観」と同じ意味です)

    ごく若い頃は、ヒロイン名を好きな名前に変更して、夢作品的な楽しみ方をしていました。男性キャラに恋愛感情を抱いていたので、ヒロインに嫉妬することもありました。推しのイラストやグッズ・キャラソンが神々しく、まぶしい気持ちで楽しんでいました。

    少し年齢が上がると、ヒロインと男性キャラの恋愛を「愛でる」ようになりました。ヒロインに嫉妬することがなくなり、一人のキャラとして愛するようになりました。キャラの関係性を客観的に見るようになったので、二次創作の面ではこの時期が一番、まとまりのある話が描けていたのではないかと思います。

    30代半ばになった頃、キャラへの恋愛感情は「懐かしい同級生への親愛の情」のようなものに変わっていきました。乙女ゲーで出会った推しが15歳~20歳くらいだったので「未成年」とか「学生さん」という認識になり、萌え以前に、彼らへの年齢的な配慮が気になるようになりました。
    それはもはや「萌え」ではなかったのかもしれないけど、見守るような穏やかな愛情を抱くようになり、その気持ちは今でも持ち続けています。

    そしてアラフォーになり、長年追い続けてきた作品に、新作が出ました。それは前作の続きではなく、キャラや舞台が完全に刷新された新シリーズでした。プレイしてみたのですが、全く萌えを感じることができず、愕然としました。
    キャラのほとんどは10代ですから、自分の子供みたいな年齢の少年達に新たなときめきを感じることに無理があったし、ましてエロ二次創作なんて、見るのも描くのもキツすぎました。私の引退理由はこれだけではありませんが、大きな要因のひとつだったと思います。

    「これまでハマってきた愛しいキャラ達はずっとそのまま」・・・そう考えると、心が和みます。
    私は同人活動の引退と共に、オタク活動も引退したので、もう新たな情報を追うことはないのですが、今まで愛したキャラ達の言葉や生き様は、色あせることなく心に残っています。
    2次元キャラは元々、直接会うことも触れることもできないものなので、会えなくても姿が見えなくても、ファンにとってその尊さが変わることはないのかもしれませんね。

  6. ヒロコ1号 より:

    >引退した者ですさん
    こんにちは。長く熱心に同人活動していた人ほど、引退直後は苦しいと思います。
    まあこれも、自分が引退することになったからこそ、その苦しさが理解できたのですが。
    引退するまでは、本当にいつまでもこのまま萌えていられると思っていました。喪失感は長い時間をかけて和らげていくしかありませんが、いつかはラクになれる時が来るはずです。

    私も乙女ゲームジャンルで活動していたことがあります。でも夢作品的な楽しみ方をしたことは一度も無くて、男性キャラとヒロインのカップリングも客観的な視点で愛でていました。
    これは私の年齢によって変化することは無かったのですが、乙女ゲームジャンルには夢好きな人も多かったので、その辺の思い出はまた機会があれば語りたいと思っています。

    二次創作に手を出すほど夢中になっていた状態から、普通に穏やかに好きなだけの状態になってしまうと、もう同人は続けられなくなります。これは同じ「好き」という気持ちに変わりは無いはずなのですが、熱量の次元がガチで違うのですよね。
    萌えまくって二次創作を作り続けるなんて、かなりの情熱が無ければできません。

    キャラは変わっていないのに、自分の見方が変わっていってしまうというのも、ある程度年を取ってから気付くことですが、気付いてしまうとかなり切なくなります。
    でも、その変わらないところこそが、2次元キャラの尊さだと思います。
    自分が同人をやめてもオタクをやめても、推しは画面の中で永遠に色あせないのです。