同人活動の思い出/晒し晒されと言えば5ちゃんねる(昔は2ちゃんねる)!…ということでそのへんの思い出を語ってみた

別に他の場所でも「悪意ある晒し」は可能ですが、それでも晒しと言えば某掲示板が真っ先に思い浮かびます。私も現役時代は大変お世話になりましたが、現役の頃はそこにお世話になっていることは黙っているのがマナーというか、言うべきではないことでした。

普通に情報収集や暇つぶしのために某掲示板を利用している人も多くいますが、たまに異常に某掲示板を毛嫌いしている人もいます。私が同人をしていた頃も「2ちゃんねるは晒しや叩きしかない悪の巣窟!」と騒いでいる人を時々見かけました。

ですが、晒したことも晒されたこともある私に言わせれば、晒されること自体は怖いことではありません。重要なのは「晒されたあとでそれを見た人達がどう反応するか」です。
少なくとも同人関連の板では、誰かが晒されてもそれを見た人達が「ヲチしても面白くない」と判断すれば、話題にはならずに流れていきました。

その人のどういうところが叩くべきポイントなのか、そこがハッキリしないとか、理解はできてもヲチャー的に面白くない場合はスルーされます。何がセーフで何がアウトかは、分からない人には本当に分からないみたいなので「考えるな!感じろ!」としか言えないのですが…

昔、何の説明も無しに私の同人サイトのアドレスだけが某掲示板に貼られていたことが何度かありましたが、それではサイトに来てくれる人すらほとんどいませんでした(アクセス解析にて確認)
晒したいならちゃんとセールストークをしろ!日本語不自由か!とツッコみました。

たまに、某掲示板に晒しさえすればみんなが叩いてくれると思って、別に痛くない人を私怨で晒す人もいますが、そういう考えの人は確実に自分のほうが叩かれることになります。
晒された側も、某掲示板というだけで異常に怖がって騒ぎ立てると、見ていて面白いのでヲチャーは盛り上がりますから、何も知らないふりをして通常運転をするのが適切な対応です。

ただ、明確に叩かれた場合は、それ相応の原因が自分にあると考えたほうが良いです。
私自身は「自分が失言をしたから叩かれた」ことや「誰かを叩いたから叩き返された」ことはあっても「何もしていないのに不当に叩かれた」ことは一度も無かったと思っています。

私はこれまで多くの「ネット上で叩かれている人」を見てきましたが、本当に何も悪くなさそうな人は正直いなかったと記憶しています。これも「具体的にどこが悪いの?」と尋ねられたら、言葉で説明するのは難しいのですが…考えるな!感じろ!( ゚д゚)

でも、私は同人以外の世界はよく知らないので、他の分野では違うのかもしれませんね。
芸能人への誹謗中傷などは、私が3次元の有名人にあまり興味が無いので、その人が本当に悪いことをしたのか分かりませんし、某掲示板も2次元と関係無い板は見たことがありません。

外面を整えて平和に交流するサイトなどと比べて、本当に本音が出る某掲示板は精神的に疲れることもありました。でも今振り返れば、それは決して悪い思い出ではありませんでした。

見知らぬ人とジャンルやキャラの話で盛り上がって、楽しかった思い出もあります。
解釈違いの相手と全面戦争になって、お互いにボロボロになった思い出もあります。
今となってはどちらも愛おしくて、やはり同人やネットをやっていて良かったと思えます。

基本的に、何かをやらかして叩かれている人のことは軽蔑しがちですが、これもまた「人間は平等ではない」の法則により例外も存在します。

昔、ツイッターでの暴言や下品な発言が多くて嫌だなあと思っていた知人がいたのですが、キャラ解釈やカプ解釈は私ととても合っていて、作品の話をしている時だけは本当に楽しい人でした。
その人も某掲示板でよく悪口を書かれていましたが「また書かれとるわwwwww」と動じていなかったし、精力的に作品を作り、心から同人を楽しむ姿は私から見ても憎めませんでした。

圧が強くてリアルでは付き合いづらくて、ツイッターでの失言は嫌いだったけど、作品や同人への姿勢にはずっと共感していたよと、今ならストレートに伝えられる気がします。

でもそれを伝える機会はもう無いので、この思いは私が墓まで持って行くことにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする