ブログ記事の文字数について、同人をやめてから初めて考えてみた

私が同人活動していた頃は、ブログは同人サイトの補助(日記など)として使っていて、ブログ単体で利用したことはありませんでした。同人をやめてからこのブログを開設する時に、一応一般的なブログ運営について勉強してみたのですが、自分が活用するかはともかくとして興味深い内容がたくさんありました。同人をやめていなければ知ることの無かった知識です。

そんな中で「ブログ記事の文字数はどれくらいが良いのか?」というのは、よく話題になるテーマのようです。基本的に文字数は多いほうが良いという風潮で、中には最低3000文字とか5000文字以上書かなければいけないと言っている人もいます。

でもですねー…ヘタクソな文章で5000文字なんて読んでられなくない?( ゚д゚)
こういう人は、自分が読まされる側になった時のことを考えないのでしょうか?

ちなみにこのブログの記事の文字数は、通常は1000~1500文字ほどで、少なめの時は500~1000文字ほどです。書くべき(と私が思った)内容が多い時は2000文字ほどになることもあります。

個人的には文字数よりも「最後まで読んでもらえるか」という「完読率の高さ」が重要だと思っていますので、私の文章力で完読してもらうためにはこの辺が限界かと思われます。
なので、書きたいことが多い時でも、できるだけ簡潔に纏めるように心掛けています。

まあこれも私が勝手に考えているだけで、読む人がどう感じているかは不明なのですが、これまで頂いたコメントなどを見る限りでは、少なくとも「誰も最後まで読んでくれていない」ということは無さそうです。同人時代の日記用ブログでも、書いた内容に対してコメントが来た時は「おお、全部読んでくれた人がいた!」と感謝したものです。

文字数のことばかり考えて中身をおろそかにしている人は、記事にアクセスされても最後まで読んでもらえていない可能性が高いです。人に読んでもらいたいなら「言いたいことを分かりやすく伝えられているか」「最後まで挫折せずに読める文章か」のほうが大事で、それをクリアしていれば、文字数にかかわらず記事としての役目は果たせていると思います。

これは同人小説にも同じことが言えます。現役の頃、長編小説書きの知人がいて、その人は「長い小説こそ読み応えがあって優れていて、短編は手抜きでつまらない」と短編書きの人をバカにしていました。でも、そこまで活字好きではない私(実はそうなんです)にとっては、彼女の小説は長すぎて読むのが面倒としか思えませんでした。

別にヘタな文章じゃなくても、あまりに長すぎるのは個人的に正直キツイです。
短編でキレイに纏まっていて、短時間で読める作品のほうがずっと好きでした。
もちろん、上手い長編なら活字好きの人には支持されるかもしれませんが、その長編書きの知人の言い方は「とにかく文字数が多いほうが偉い」という感じでウンザリしていました。

で、同人をやめて一般のブログの世界を覗いても、数字のことしか考えていない人は多いのだなあと思っていたのですが、もう少しよく調べてみたら「内容を充実させるために文字数が自然に増えるのは良いけど、水増しして無理やり文字数を増やしたような記事は読まれない」「伝える内容によって必要な文字数は変わる」という至極まともな意見も出てきてとても安心しました。

ですよねー!(・∀・)世の中まだ捨てたものじゃありませんでした。よかったです。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めぐりず夢 より:

    なるほどと思いました。ヒロコさんの文章は最後まで読ませる力があるので、なぜだろうと思ったら、一つの疑問や話題から、ヒロコさんの考え、対して世間一般の考え、そして結論とメリハリがいいからです。
    ピクシブなどでも、2万文字近くても、「え?もう終わり?え??続きがあるの?!早く次を!」と思わせる方がいらっしゃいます。つたえたいことを、一旦自分の中で俯瞰してみて、上手いこと演出される力があるのかもしれませんね。
    小説って、自分の読む感性があう作家さんがいると、一気にジャンル沼に引き摺り込まれるところがあるので、奥が深いです。ただ、イラストに比べて敷居が高いというか、読むのに体力がいるというか、読み手の想像力も試されてますね。魅力ある小説は、楽しくて心地いいです。
    長いからいいというわけではない、に同感です。私は五千文字以下の小説を先に読んでから長編に行く方で。長いからいいというわけではない理由の一つに、その情報やその描写いるの?なんて思っちゃうから。伏線と違うんかーいって叫んだこともありました。
    イラストも大変な作業だけど、楽しい小説を書かれる方の努力もなかなかだと思います。

  2. ヒロコ1号 より:

    >めぐりず夢さん
    同人をしていた頃はもっととりとめのない萌え語りを書いていましたけど、それでも1つの記事における文章の量とか、読みにくくないかという点には一応気を付けていました。
    同人の萌え語りも、それ以外の主張も、自分の考えを伝えるために書くのは同じですので。

    伝えたいことを自分の中で俯瞰できているというのは、確かに大事なことですね。
    思いついたことを何も整理せずにそのまま書いているだけの文章は、他人が読むのは苦痛だと思います。長編でも物語全体を俯瞰して読みやすく纏める作者さんもいらっしゃれば、話に必要無いシーン(だと読者が感じてしまうもの)を長々と書いてしまう人もいます。

    私も現役の頃は、まず短めの作品を先に読んで、それが面白ければ同じ作者さんの長編も読んでみるという感じでした。小説は内容だけでなく文体も合う合わないがありますからね。
    絵は一目見れば自分の好みかどうかが分かりますが、小説はちゃんと読まないと分からないので、どうにも構えてしまいがちです。でも良い小説が見つかればとても嬉しかったです。

  3. 匿名k より:

    ヒロコさん、こんばんは。
    私は二次字書きなのですが、もう自分の中で常日頃燻っていた思いを整頓して頂いたようで、ちょっと感動してしまいました。
    自分の場合は長編書く能力がないのも事実なのですが……それでも、何気ないエピソードや余韻を含んだ話が書きたいので、内容から言っても相応の文字数の話を書いてるはず。文字数マウントが幅をきかせているのは何だかなー…と感じていました。
    ヒロコさんの記事は仰るように内容に応じたボリュームで読みやすいし頭に入っていきやすい文章だと思います。

  4. Crispy より:

    こんばんは。

    私が文章を書く時は、なるべく削れるものは削るように心がけます。
    無駄に長くしても焦点がボケて、伝えたいことも伝わりにくくなると思っています。
    ただ文章を書くのが好きな人や、それこそ執筆していて気分がノッてくるとつい色んな情報書きたくなる心理も理解できるので、そこを冷静になって全体のバランスを考慮しつつ必要最低限の表現でまとめるのは、書き手の腕の見せ所だと個人的には思っていますね。

    そもそも今はメールからLINEへ、ブログからSNS(Twitter等)へと、世の中の流れ的に短文化傾向にあるので、ブログ自体が今となっては古いフォーマットになってしまった気がします。
    ただ短文で伝えられることには限界がありますし、詳しく知りたい場合・伝えたい場合に長文が必要なケースも普通にあるので、ブログ自体はメディアとして細々と続いていくんだと思っています。

  5. へえ より:

    へえ、なんでその知り合いに見下されたんですかね。

    文字数長ければいいとは思いませんが、わかりやすいものは頭を使わなくても読めるので忘れ去られやすいんですよ。
    あなたの他下げ、自分上げ目線が嫌いな反面教師として読んでる人が一定数いますよ。

    数字にこだわってたのは下手絵をネタ笑いで載せてたあなたでは。
    短文がいいならツイッターなんで辞めたんですか?

    あなたの対抗意識丸出しな姿勢はさぞや同ジャンル者に敵が多かったでしょうね
    同人から追い出されて正解ですよ
    どこに行っても嫌われてその場限りの賛同者をつくるが、人が離れていくタイプですよね

    いまもずっと同人楽しんでる人に水を指すような記事やめてもらえませんか

  6. 匿名 より:

    はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    上記の方へ、筆者はそこまで活字が好きではない、と書かれているのでそれが全てなのでは?
    話の長さにこだわる方は作家や小説好きの方が多いように感じます。
    一般的な読み専の方は短編のほうが読みやすいのは当然かなと。分かりやすく萌えを得られますし。
    ただ長々とした長編でもブックマークが一番ついてるのものもあるので、結局は書いてる人の力量ですよね。
    読み手としては設定や書き始めが面白ければ、長さは関係なく読みます。

  7. ヒロコ1号 より:

    >匿名kさん
    こんばんは。自分が表現したいことがその文字数で収まっているのなら、無理に長くすれば作品の良さが無くなってしまうと私は考えています。漫画でも「細かい描き込みマウント」がありますけど、小説の「文字数マウント」も当時からずっとどうかと思っていました。
    こんなマウントを取るくらいなら、純粋に評価数でマウントを取るほうがまだマシです。

    漫画も小説も、確かに作業量が多いもののほうが仕上げるまでが大変なので、自分よりラクをしている(ように見える)人が許せないという心理も分かるのですけどね。ですが短編を書くのも決してラクではないですし、二次創作で一番重要なのはやはり萌えだと思います。

  8. ヒロコ1号 より:

    >Crispyさん
    こんばんは。私もCrispyさんとほとんど同じ考え方で文章を書いています。文章を読むのが苦手な人にもなんとか読んでもらえるようにしたいと思っています。だから出来上がった文章は短くても、そこまで削ぎ落として纏めるまでの時間は決して短くはなかったりします。

    自分が書くことが楽しくて人の感想は気にしないなら自由で良いと思うのですが、読む人に配慮していないのに閲覧数や評価数を気にして嘆いている人は昔から不思議です。

    ブログがこれからどうなるかは分かりませんが、SNSだけでは伝えきれないものを伝える手段は必要だと考えています。noteなども、実は過去に使用を検討してみたことがあります。
    ツイッターは必要な情報をピンポイントで探す場所としてはやはり不適当だと思います。
    私が退会してからもうずいぶん経ちますので、今後仕様が変わるかもしれませんけどね。

  9. ヒロコ1号 より:

    >へえさん
    短編でも強く印象に残って覚えている作品もありますし、長編で「読むのが大変だった」という悪い意味で記憶に残っている作品もあります。義理で感想を書かないといけない時は、退屈でも最後まで読まないといけませんので。交流とはそういうものでもあります。

    同人でもそれ以外でも、ネットで何かを発信しているなら、敵もいて当たり前です。
    …と言いたいところですが、実際は賛同も敵対もされずにスルーされて、反応自体が無い人もわりといるんですよね。そんな中で、その場限りでも賛同者がいるなら充分有難いです。

    今も同人を楽しんでいる人は、このブログに辿り着く可能性は低いと思いますよ。
    このブログはSNSや他の場所での宣伝は一切していません。検索されている言葉もネガティブなものが多いです。何らかの不満がある人が来て「自分だけじゃなかった」「この管理人より自分のほうがマシ」と安心してもらえる場所になればいいと考えています。

  10. ヒロコ1号 より:

    >匿名さん
    はじめまして。私が一度に集中して読めるのは、文体にもよりますが文庫本300ページほどの文章量までです。これだけ読むとかなり「疲れた」と感じます。周囲の活字好きの人はその何倍もの量を読むのが楽しいと言っていたので、私に長編を読む力が無いのが悪いのだと思っていましたが、何も言わない読み専の人は短いほうが読みやすいと思っていたのでしょうか。

    現役時代は声の大きい人達の意見に振り回されていましたが、今になってやっと「あの時何も言っていなかった人はどう思っていたのか」ということを考えられるようになりました。
    それはともかく、作品の長さと作品への評価は本当に何の関係もありませんよね。