同人活動の思い出/一度公開した作品を修正したくなった時の話

同人サイトをやっていた頃は、一度サイトに展示したイラストや漫画を、後からこっそり修正して画像を差し替えることが時々ありました。キャラの服の間違いや誤字のような明確に修正が必要なものだけでなく、コマ割りのバランスやトーンの濃度など、見ている人はおそらく気にしないだろうけど自分は気になるから修正したものも結構ありました。

このブログも実は、定期的に過去の記事を修正しています。
何年もブログを書いていると、過去の記事を読み返して「この記事は結局何が言いたいのかよく分からない」とか「この表現は誤解を招くかもしれない」というものもチラホラ出てきます。
そういう記事を修正したり、修正も難しい場合は記事そのものを削除することもあります。

記事で言っていること自体は何も変わっていないのですが、ちょっとした文章の組み立て直しをしています。記事によってはかなり大幅に修正されていたりもします。自分の考えがより正確に伝わるように、自分が思いつく範囲で(アホなのでこれで全力ですが)改良しているつもりです。
同人作品も同じで、自分が気付いて気になったところは後から修正していました。

ただ、ピクシブを使っていた頃はそれができませんでした。
今はどうなっているのか分かりませんが、私がピクシブを使っていた2009年~2013年頃は、投稿済みのイラストや漫画の差し替えができないようになっていて、これが地味に不便でした。

ピクシブに一度投稿したイラストや漫画は、後から修正したいところが出てきても差し替えることができず、どうしても修正したものを展示したければ新規で投稿し直すしかありませんでした。
でもそれだと、同じ作品の修正版が再度新着に表示されることになるため、見ている側からは「また同じ作品が新着に来てる?」と思われてしまいます。

大幅な描き直しならともかく、トーンの貼り忘れなどのこまかい修正で、何度も新規で投稿し直すわけにもいきません。タグ荒らしだと思われるのも嫌なので、再投稿は諦める人が私の周囲には多かったです。描いた側としては修正したくて気になりますが、我慢していました。

この差し替えができないシステムは、当時は結構文句を言われていた記憶があります。
個人サイトなら閲覧者にバレることもなく何度でも差し替え放題なので、それまで個人サイトに慣れていた人間にとっては、正直かなり窮屈に感じました。のちに差し替えができるお絵描きSNSの存在も知ったので、ますますピクシブは不便だと感じるようになりました。

今の私はそういうストレスとは無縁な状態でこのブログをやっていますが、むしろ今の私だと、少しでもストレスを感じたら「めんどくせ( ゚д゚)」と放り出す可能性が高いです。
昔は文句を言いながらも結局ピクシブを使っていましたからね…あの頃は元気でした。

そして当然ながら、オンではなくオフ本の場合は、後から修正することは基本的にできません。
印刷された本が届いてからトーンの貼り忘れなどを発見した時の絶望感は、今でも鮮やかに記憶に残っています。まあ読む人は多分気付かないし、もし気付いてもそんなに気にしないだろうと頭では分かっているのですが、やはり描いた側としては気になってしまうのです。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする