同人活動の思い出/現役時代に頂いた苦情の思い出

同人活動でもらう感想は、よほどのことが無い限りは褒め言葉だと思いますが、感想という言葉の意味を考えてみると、苦情もまた「感想」には違いありません。

私も23年間の同人活動の中で、苦情が来たことも何度かありました。
もらったメッセージ全体から見ればごく少数ですが、だからこそ印象深かったです。

今回は、そんな大昔に頂いた苦情の一部を暴露して思い出を語ります。
原文ママでは紹介できないので多少改変していますが、おおよその内容は同じです。
全部10年以上前の話だけど、こういうものは昔も今も変わらないと思います。

記憶にある中で一番古い思い出は、私が他の人の本を叩いて2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)に晒された時の話で、以下の記事でも詳しく語っています。

この話もいつか書こうと思っていたのですが、そんな矢先に大変なことが起こりました。 2017年10月から「2ちゃんねる」が「5ちゃんねる」に変わりました!( ゚д゚) またひとつの時代が過ぎ去ったの...

この時に立てられたスレッドには「自分も捏造二次創作してるくせに人の本を叩くな」とか「死ねばいいのに」とか「こいつの取り巻きたちもオフ会でウザかった」とか「見た目は大人しそうなのに内面はこんなに攻撃的なの興奮する」とか「絵が小学生レベル」とか、いろいろ書かれました。

この辺はさすが匿名掲示板といった感じで、うわべの交流では分からなかった事も分かり「私ってそんな風に思われてたんだ!( ゚д゚)」と、驚くと同時に興味深いとも思ってしまいました。
自分がジャンル内でどう思われているか、本音を知るには晒されてみるのが一番いいのでは?とすら思います。いや、一応当時は大変なことになったと青ざめたりもしたのですが。

中には「下手な絵だなと思って漫画を読んだら和んだので無罪」と書いてくれた人もいて、反省しながらも「サンキュー(・∀・)」と思ったりもしてました(反省とは?)

あと、サイトの掲示板のほうにも「調子に乗るな、潰すぞ」みたいな書き込みがありました。
当時は怖かったけど、今は勉強になったと思っています。その後しばらく身を隠しましたが、新しいジャンルにハマったら名前を変えて速攻復活したので、気付いた人はさぞムカついたでしょうね。

次に、長い間描き続けていたカップリングを突然やめて、同ジャンル内の別のカップリングに乗り換えた時も苦情が殺到しました。しかもBLから男女カプへの乗り換えだったので、無理な人には本当に地雷だったと思います。この時の話は以下の記事でも書いています。

私は昔、とあるジャンルでとある男性キャラにハマり、彼を受けにしてBLサイトを作りました。 ところが原作の新しいシリーズが出た時に新キャラの男女カップルにハマり、同じシリーズの作品なので同じサイト内に...

この時はweb拍手から「いきなりサイトのノリが変わって気持ち悪い」「〇〇×△△(新しく描きはじめたカプ)なんて読みたくないです」などと送られてきましたが、私もつい反論みたいな返信をしてしまったことは後悔しています。自分の萌えが変わったのは仕方がないことだし、叩かれても描くのをやめるつもりはなかったのだから、もっと堂々としているべきでした。

でもこれ以降は、自分の作品に否定的な感想が来てもあまりうろたえなくなりました。
否定的な感想は、普通は「思っていても言えない」ことが多いだろうから、それを知ることができたのは貴重な体験でした。褒められるだけでなく、人から「お前の作品のここがキモイ」と指摘されることで、自分の性癖についてより深く考えることもできました。

また、別のジャンルで「うおおおおおおお(´;ω;`)おおおお!(返信不要)」みたいな文章がメールフォームから送られてきたこともあります。当時は「感動してくれたのかな」とポジティブに受け取りましたが、もしも地雷すぎて泣いていたのなら申し訳なかったです。

厳しい反応が来る時はだいたい、自分がやらかした時や読者に地雷を踏ませた時なので、無難な作風で大人しく活動している人には苦情なんてそうそう来ないと思います。
でも、すごい苦情を言われたことがある人がいるなら、その内容には少し興味があります。
もらった感想の内容について、なかなか他の人から話を聞く機会はありませんからね。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名希望です より:

    ヒロコさん こんばんは
    私はとあるジャンルで受けのキャラを女装させ、所謂、男の娘小説を書いているので周りからは変わった人だと思われているようです。

    書いている小説の内容もアダルトでハード、そして女装とくるので、ドン引きする人と、そういう成人向けが読みたい方には感激される事もあります。

    うおおおお(´;ω;`)は、多分萌えすぎて泣いてしまったのだと思います!(^^)

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名希望さん
    こんばんは。人を選ぶ内容の作品は、趣味が合う人からは歓迎されるけど、そうじゃない人からは引かれてしまいますよね。それでも直接文句を言ってくる人はなかなかいませんし、もし言ってくる人がいたら、それはもう余程の地雷だったんだろうなと思います。

    私はメールフォームも拍手と同じノリで気軽に使ってほしいと言ってたので、本当にいろいろな感想を頂きました。すごく細かい所まで見てくれている長文感想も、語彙力喪失系も、全部嬉しかったです。苦情の内容も全部覚えてますし、今となっては懐かしい思い出です。