「ハイスクール!奇面組」原作の最終回について、約30年目の新たな発見

今回は、このブログでもごくたまに話題に出したことがある「奇面組」の話をします。
知らない人は置いてけぼりですみませんが、私としては現時点(2019年)でかれこれ30年以上の付き合いがある作品で、数年ごとに思い出してはいろいろ考察しています。

1980年から1987年まで、週刊少年ジャンプで続けて連載された「3年奇面組」と「ハイスクール!奇面組」…と書くと、もう本当に古い作品なんだなと遠い目になります。
この後も2000年に「帰ってきたハイスクール!奇面組」や、2001年から2005年にかけて「フラッシュ!奇面組」が発表されましたが、こちらは今回は置いておきます。

私が生まれて初めて「オタク的な意味でハマる」という体験をした思い出の作品であり、これが無ければ、私は自分で漫画を描いてみようとは思わなかったかもしれません。

ところで「奇面組」と言えば「原作最終回夢オチ騒動」です。
ここでは詳しく語りませんが「奇面組」「最終回」「夢オチ」などで検索していただければ、これ関係の話が引っかかります。ちなみに、アニメ版の最終回はテレビ向け(?)を意識してかとても無難な内容で、原作とは全然違いましたが、あれはあれで悪くないと思います。

私は11歳の時に原作最終回をジャンプで読みましたが、夢オチだとはまったく思わず、再び奇面組と出会える「ループオチ」だと自然に解釈し、一番最後のコマは見ていてワクワクしたものです。
なので成人してからネット上で、当時から夢オチだと叩かれていたと知ってとても驚きました。

私は本当に、あの最終回を読んで「最後に奇面組が来ない」というパターンを想像することがどうしてもできません。だから後になって、夢オチだと思った人のほうが多かったと知ったり、愛蔵版で零さんの影が描き足されたりした時は(あれ死ぬほど蛇足だと思います)心の底から悔しくて「どうしてみんな分からないんだ!」と、長年つらい思いをしていました。

そして、30歳を過ぎた頃に「奇面組」で同人活動を始めた時、同じように同人をしている人達はみんなループオチ派で「夢オチだと言っている人は読解力が無い!」と憤っていて、私も同意見だったので安心した覚えがあります。同人をやるほどの熱意がある人達なら、あそこで奇面組の存在を信じなくてどうするんだと思うのは自然なことかもしれません。

ですが最近になって、とても新鮮な意見が書かれているブログを発見しました。
ブログポリシーに「リンクフリー&承認不要(2019年9月17日時点)」の旨が明記されていましたので、今回勝手にリンクを貼らせていただきます。不都合がありましたら削除します。

滅びゆくじじい なりそこないの昔話5~奇面組のこと(アオイホノオ第5話より)~

あの最終回が夢オチか否かという論争はよく見てきましたが、こちらのような「夢オチでもいいけど唯の夢というのがちょっと…」という意見は初めて見ました。主人公は奇面組なのだから「唯ちゃんのほうが零さんの空想」であるほうが納得が行くという発想は、私にはありませんでした。

連載当時の私は女子小学生で、その視点から見ると「奇面組」という作品は、平凡な毎日に退屈していた唯ちゃんが、面白い人と出会って日常が楽しくなるところから始まる物語でした。
ギャグ漫画という形で誤魔化されてはいるけれど、零さんは唯ちゃんにとって「やっと出会えた理想の男子」であると考えていました。私にとって物語の主体は唯ちゃんのほうだったのです。

だから最終回が唯ちゃんのモノローグで終わっても違和感は無かったし、そもそも「3年奇面組」第1話も唯ちゃんの視点で話が始まっているので、ループして最初に繋げるのならああするしかないとも思っていました。でも、ここでふと「3年奇面組」第1巻に収録されているフレッシュジャンプ賞の応募作(正式な連載第1話の前身?)を思い出したのです。

応募作のほうでは、零さんが先に登場してあとから唯ちゃんと出会う流れなので、もしもこちらを正式な第1話とするなら、零さんの視点で終わる最終回ができたことに気付きます。

この応募作「3年奇面組参上」は、文庫版や愛蔵版などでは収録されているか私には不明ですが、ジャンプコミックスでは読むことができます→ 3年奇面組 1【電子書籍】[ 新沢基栄 ]

フレッシュジャンプ賞の応募作と連載用に描き直された話は、構成がかなり変わっています。
連載第1話がもっと違う構成になっていたら、最終回の内容も変わっていたかもしれません。

私の中に「零さんの視点で終わるほうが良かった」という発想がまったく出てこなかったのは、おそらく作中の設定と私自身の認識に大きな食い違いがあったせいもあると思います。
私は、零さんと唯ちゃんが不釣り合いなカップルだと感じたことは一度も無いのです。

別に唯ちゃんじゃなくても零さんを好きな女子くらいいそうだよなと思っていたら生井気奈子とかも登場したし、本当に零さんを認めてくれているのは唯ちゃんだけなのか?作中で言われているほど奇面組は不憫か?奇面組の結成理由を知ってもなお、彼らは立派なリア充に見えます。
現実の本物の「虐げられている人間」に謝って欲しいレベルです。

だからあの最終回も「唯ちゃんが自分の理想の男子を夢に見て、それが正夢になる」という構図だと納得しましたし、作者が万全の状態で自信を持って発表した最終回なのだと信じていました。
でも「作者が万全の状態」という部分には、年齢を重ねるごとに疑問が湧いてきました。

だって小学生の頃は、腰痛ネタもただのギャグだと思っていたのです。それがどれだけツライものか知らなかったから。でも後に自分がギックリ腰になった時は「体調のことが無ければ違う最終回になっていたのかも」と思いましたし、ジャンプ編集部のやり方を知ってからは「無理に連載を引きのばされて苦しんでいたんだな」と切なくなりました。

そんな「奇面組」ですが、今の若い人にオススメできるかと言うと、さすがにいろいろと古すぎるかもしれません。昭和の漫画が好きな人なら…すでに知っていそうですね。
時事ネタもだけど、当時はギャグとして受け入れていた描写が、今読むと時代遅れに感じて笑えないこともあります(女性キャラの扱いとか)昔の漫画あるあるです。

私にとって「奇面組」について考える行為は、1つの作品を数年ごとに振り返り、感じたことの違いを楽しむババアの遊びです。これは一生続けられればいいなと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヒロコ1号 より:

    >縦溝さん
    こんにちは。コメント削除のご希望により、非表示にさせて頂きました。
    ですが私はコメントを頂けて嬉しかったので返信させていただきます。ご了承ください。

    今思えば、当時の最後のコマには何も描かれてなかったのだから、絶対に夢オチではないとも言えないのですが、それでも私には奇面組が走ってくる未来しか予想できませんでした。
    描かれてないものを来ると信じられるほど、自分の中で揺るぎ無い存在だったのでしょう。

    アニメは確かに、必要以上にラブコメ推しだったり、一部の描写に引っ掛かるところも見受けられました。新沢先生はアニメスタッフにかなり細かく指示を出したようですが(パンチラはしないようにとか、各キャラの特徴についてメモを渡したりとか)私が見た感想では、指示が守られていた部分もあるけれど、ちょっと守られていないと感じた部分もありました。

    それでも当時としてはかなり良心的な部類のアニメ化だったと思いますが、新沢先生は思うところがあったのかもしれません。主題歌も、私は好きですが好みが分かれそうですし。

    リアルタイム時の私は、裏事情なんてまったく知らずに読んでいましたが、連載が延びるにつれて面白い回が少なくなってきたなあとは感じていました。あの最終回が、限界を迎えた新沢先生の周囲への意趣返しだったかもしれないと考えると、また違った気持ちになります。

  2. 匿名 より:

    初めまして、こんばんは。
    Youtube見ていてなぜか奇面組の動画がリストに上がって来て懐かしくなり、色々ググっていたらこちらにたどり着きました。
    奇面組のことを色々振り返るのは、たぶん10年ぶりくらいです。

    私も最終回に関して、あれを読んだ当時全く違和感を感じず、むしろラストの三話はどの漫画にも勝る印象深いラストとして思い出に残っています。
    批判的な意見が多かったという事実を知ったのはネットが普及してからで、当時はあれ以上素敵な終わり方は他にはないんじゃないか、とすら思っていました。

    唯目線で語られるラストに関しても同様で、この漫画の主人公は大枠で言えば奇面組5人+唯&千絵の7人だと思いますが、その中から主人公を一人だけ選べ、と言われたら、その一人は一堂零ではなく河川唯だと思うんですよね。
    少なくとも私は、当時も今もそう思っています。
    奇面組5人もしくは一堂零の存在は、河川唯という土台があってこそ存在できる人物なのではないかと。
    ちょっと話はそれますが、この関係性はドラマの北の国から(ご存知かどうかわかりませんが…)の黒板家3人(奇面組5人+唯&千絵に相当)と、黒板純(河川唯に相当)の関係に似てると思いました。
    キャストととしては父親役の田中邦衛(奇面組で言うところの一堂零)が一番先頭に来るのですが、ドラマの目線は完全に長男の黒板純視点であり、要所のモノローグもほぼ全て黒板純の語りなのです。

    ———-

    思えば奇面組は、自分にとってとても不思議な漫画でした。
    看板はギャグマンガですが、舞台となる学園生活に対する作者のリスペクトみたいなものを子供ながらに感じていて、「高校生活って、こんなに素晴らしい」というなんか裏のメッセージみたいなものを勝手に感じていました。

    リンク先のブログ主さんもやや同じようなことを指摘されてますが、新沢先生がそこまで明確な意図があったかどうかはともかく、根底にはそういう心持ちがあって奇面組を描いていたんじゃないかなぁって。
    漫画を読んでいて、特にギャグマンガを標榜する作品において、そんなことを子供ながらに感じていた不思議な作品でした。

    30年以上前の漫画が今でも静かに語られるのは、当時見ていた他の子供たちにも自分と似たような感情があったんじゃないかなって勝手に思っています。

    長文失礼致しました。

  3. ヒロコ1号 より:

    >匿名さん
    はじめまして。奇面組は今から10年前の時点でも充分懐かしい作品なので、今でも語っている人がいるのは嬉しい驚きです。同時期に少年ジャンプで連載していた漫画は、奇面組よりも世間で有名になった作品も多いので、私は奇面組が好きだけど、それ以上のビッグタイトルに比べたら知名度は低めでは?と、どうしても思ってしまうのです。

    私もあの最終回は大好きですし、新沢先生の表現が誤解を招くものだったとも思いません。
    でも今考えると、そもそも3年の第1話を読んでいなかったり忘れていた人が見れば、唐突に夢オチで終わったとしか思えないかもしれません。私は単行本も持っていて全話の内容を覚えるほど何度も読んでいましたが、その条件を読者全員に当てはめるのは酷な気もします。

    昔は夢オチだと言う人に怒り狂っていたけど、今は夢オチだと思われた理由についていろいろと考えてみるようになりました。残念ながら「北の国から」はタイトルくらいしか知らないのですが、確かに奇面組も、物語を見ている目線は唯ちゃんの視点ですね。これも第1話が唯ちゃんの視点で始まるのを知っているから、自然にそう思えるのかもしれませんが。

    連載当時の私は小学生で、奇面組の青春漫画な側面はそこまで深く理解できてはいなかったと思います(この辺は大人になってからいろいろ考えました)でも奇面組を読んで、中学や高校が楽しそう、早く行きたいという気持ちになったのは間違いありません。ギャグマンガだけどギャグ以外の何かも感じ取れた作品というのは、わりと共通の認識かもしれませんね。