同人活動の思い出/過去作品を見返すのが恥ずかしい理由について今更考えてみた

作品を作っている人はよく「過去に作ったものを今見返すのは恥ずかしい」と言います。

その理由としてよく挙げられるのは「過去より今のほうが上達しているから、過去の作品は未熟に見えてしまって恥ずかしくなる」という理論です。とても納得が行く理由ではあるのですが、私が過去作品を見返すのを恥ずかしく感じる理由は、少し違っていたように思います。

だって、私の絵、過去と比べても別に上達してないので(´・ω・`)

過去と今の技術のギャップに恥ずかしくなるというのは、ちゃんと上達している人が抱く感情のはずです。絵の練習など一切せず、自分にとってラクな構図しか描いてこなかった私の場合は上達もクソもありません。でも、それなら一体何を恥ずかしいと感じていたのでしょうか?

ここで冷静に過去を振り返ってみると、私は自分のエロ無し作品なら時間が経っても見返せたのに対して、エロ有り作品は時間が経つと本気で直視できなくなっていたことを思い出します。
つまり、技術ではなくエロの有無が関係していると考えられます。

実際、私以外にも「エロは描いてる最中はテンションが上がって萌えまくってるけど、完成したあとは直視できない」と言う人は少なからずいました。私はエロはあまり描きませんでしたが、それだとエロしか描いてない人は自分の作品すべてが直視できなくなってしまうのでは?
それとも、エロ専門の人はそんなヤワなメンタルで創作はしていないのでしょうか?

あと、現役時代は過去のエロ無し作品に対して「普通に見返せる」状態でしたが、引退してからはそれも難しくなってきました。たとえば公式男女カプの健全漫画であっても「キャラ解釈が極端すぎるのでは?雰囲気が甘すぎるのでは?」などと感じるようになってしまいました。

自分が過去に描いたもので、エロも無く、絵が下手なこと以外は特に恥ずかしがる内容でもない作品に対しても「キャラ解釈が極端すぎるのでは?」という違和感を感じてしまうのです。
これに気付いた時、私はもう二次創作ができる状態ではなくなったのだと悟って寂しかったです。

非公式BLの作品だと、かなりカップリング色が薄いものでないと見返すのがキツくなりました。
自分で描いた当時は「ちょっと味気ないかな?もっとラブラブにしたほうがいいかな?」と思っていた作品も、同人引退後に見るとカップリング色が濃すぎて違和感がものすごかったです。

あと、色々あってハマったこと自体を後悔しているジャンルの作品は、もっと見返すのが恥ずかしかったです。描くのに費やした労力が無駄すぎて後悔しかありませんでした。

そんなわけで、私の場合は、技術以外の理由で恥ずかしがっていたような気がします。
この記事では現役時代と同人引退直後の心境を書きましたが、今はついに何も感じなくなってきたのでラクになりました。このラクさは精神的に良くないものかもしれませんがどうにもなりません。

現役時代は夢中になっていて気付かなかったことを、今考えるのは少しだけ楽しいです。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする