気まぐれFGO雑記/第2部4章「創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神」クリアしました!

YouTubeの配信直前SPで悠木碧ちゃんが言ってた通り、インドの村が焼け野原になりました。

こう書くとリアルのインドの村が焼けたみたいですが、Fateのインドクラスタが尊さで焼き尽くされただけですのでご安心ください。こういう炎上は歓迎です。でも不快な炎上は滅していいです。
…と言いたいところだけど、今回のシナリオは、その辺についても考えさせられる内容でした。

ところで「村」という表現は、ものすごく最近出てきたものですね。
私も、かつてはどこかの村で楽しく暮らしていたかもしれないのですが、その記憶はカリ・ユガの日に消滅してしまったみたいです(・ω・)アーシャちゃんの礼装はめちゃくちゃ尊かったです。

インド勢だけでなく、CCCでのカルナとジナコがめちゃくちゃ好きだった勢としても、わりと尊さで消し炭になる展開でした。個人的に、CCCの女性キャラ達のエピソードは全部「わかる(真顔)」という感想だったので、ジナコもとても他人とは思えないキャラです。

CCCをプレイした時に「きのこは実は女性なのでは?」と疑ったりもしましたが、よく考えると、女だったら逆にあんなに自分で自分の心を痛めつけるような話は書けないかなとも思いました。
プロトタイプとかは、イイ感じに「作者は女性なのでは?」と思わせる雰囲気なのですが。

ジナコは10連で来てくれました。でも、カルナの霊衣開放権はもらったけど、カルナ本体がいないのは本当に申し訳ないです。服だけあって着る人がいない悲しみは、邪ンヌでも噛みしめてます。
「精神的コンプガチャ」は法律違反ではないけど、普通のコンプガチャよりずっとヤバイです。

配信直前SPではまだ伏せられていた新サーヴァント達も、あんなシナリオを読まされたら回すしかないという人も多そうです。ペペさんもすごく魅力的でした。これまでもそうだったけど、クリプターとサーヴァントの関係性もそれぞれ尊いです。次の章も楽しみにしてます。

ところで悠木碧ちゃんって、若くて可愛いのに芸幅が広くてすごい声優さんですね。
まどマギのまどかで初めて彼女のことを知りましたが、あの時はこんなにいろんな声が出せる子だとは知りませんでした。何の役をやっても全部同じに聞こえるのが逆にウリになってる声優さんも、それはそれで憎めないのですが、芸幅がめちゃくちゃ広い人は本当にすごいなと思います。

そろそろ、2018年水着イベントの復刻も来そうです。1年経つのが早すぎます( ゚д゚)

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする