同人活動の思い出/私の現役時代を振り返ってみても、心から楽しくツイッターを使っていた人いなさすぎ問題

私がツイッターを始めたのは2009年の秋頃ですが、ちょうどその頃にハマっていたジャンルがありまして、そこで知り合った人たちとオフ会をしたことがあります。

オフ会のメンバーは、若い人から私より年上の人まで幅広い年齢層でしたが、ツイッターについての愚痴はみんな同じで「タイムラインを全部見ているとなんだかイライラする」「ミュートやブロックをしまくっても不快なツイートが無くならない」というものでした。

その場にいる全員がツイッターでフォローし合っているのにそんな話ができるなんて、とてもオープンな空気のジャンルでした。けっこう良い人たちだったのでは?と、今になって思います。

これに対してみんなが出した解決案は、なんと「見きれないくらいたくさんの人数をフォローしてしまえば、まともに読めないまま流れていくからラク」「タイムラインは気になってもあまり読まないほうがいい」というものでした。私は黙っていましたが、内心では「そうかもしれないけど、それではツイッターをしている意味も無いのでは?」と思っていました。

特に、不快なツイートを早く流すために、別にフォローしたいわけでもない人をたくさんフォローするという案は、もはや狂気の沙汰でしたが、みんなは大真面目に語っていました。
私はこれらの案を実行できなかったため精神を病み、2013年にツイッターを退会しました。

ともかく、その人たちもすでに2009年の時点で、ツイッターのデメリットを実感していたのです。
でも同人をやっている人は、交流や宣伝のために必要だと考えて、やめるにやめられない心理状態でした。当時の私自身もそうでしたし、今もそんな人は多いでしょう。

ストレスがたまるのは分かっているのにやめられない状態が続くと、やがて「ツイッターをしているヤツはバカが多い」と、ツイッターをしながら言う人も現れるようになりました。

ツイッター上で「ツイッターは日本語が通じる人が少ない」とか「ツイッターは議論に向かない」とか言いだす人もいて、好きなジャンルで繋がっているはずなのに「末期」という文字が頭に浮かびました。私は自分のアカウントがある間は、そんな発言はできませんでした。
いくら常識人ぶっても、自分もツイッターにいる時点で同類なのですから。

これでは、有意義な話もできない役に立たないツールに、わざわざ個人情報を入力して登録してますよという、人の発言にケチを付けておきながら自分の発言も意味不明という状態です。
それともあれは「私はバカです」という高度な自己紹介だったのでしょうか?

このように、私の現役時代を振り返ってみても、ツイッターで傷付いている人やイライラしている人はたくさんいても、楽しくて何の問題も無いと言っている人は見たことがありません。

私自身も、キャラやカプの解釈のことで空リプバトルをしたり、気に入らない人の作品よりも自分の作品のほうに多く評価が入った時に「ざまあみろ」と思ったり、「またピクシブでブクマがたくさん付いたわ~あんな下手な絵なのに~」と自虐自慢をしたりと、過去の罪状は腐るほどあります。
私も正気じゃなかったし、相手もさぞ嫌な気分だったことでしょう。

でも、もしも出会った場所がツイッターでなければ、ここまでの憎悪は残らなかったかもしれないと思うのです。今になって「交流の方法が違っていれば、もっと楽しく付き合えたのでは?」と思う相手も何人かいます。同じジャンルが好きというのは、間違いなかったのですから。

残念ですが、これはどうしようもないことでした。そんなわけで私は無力ですが、今苦しいと思っている人は勇気を出して退会してほしいということは、一貫して主張していきたいです。
趣味というのはSNSで他人に評価してもらうものではなく、自分が楽しむものなのです。

いえ、もちろん、ツイッターが楽しいのならやめろとは言いません。ツイッターでしか得られない素晴らしい情報があるとか、信頼できる友達がいるとか、心優しいフォロワーばかりで癒されているとか、そういう人はいいんですよ。私はそんな人ひとりも見たことありませんけど。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. メモ帳 より:

    空リプバトル、自虐自慢、すごくよくわかります。自分もかつて似たような罪を犯してきました。ツイッターやってると自然と「TLにいる他人を意識」するようになっていくんですよね。
    そんなガラじゃなかったのに、同人ツイッターをやっていた時は誰かとカラオケに行ったりごはんに行ったりすると必ずその時の写真を上げて、「めっちゃ充実してますよ〜!」アピールをしていました..。楽しかったのは事実なのですが、見栄も張りたいって気持ちが、ツイッターをやっていた頃は特に強かったです。

    「趣味というのはSNSで他人に評価してもらうものではなく、自分が楽しむもの」本当にその通りだと思います。

  2. ヒロコ1号 より:

    >メモ帳さん
    こんにちは。おそらく、今炎上とかしている人も、ツイッターさえ無ければここまで酷いことは言わなかったのでは?と思うことが本当に多いです。私自身も、ツイッターの環境に毒されておかしくなっていたと、過去の自分の発言を振り返って思っていますので。

    マウントが取れても爽やかな気分になるわけではなく、相手への見下しやイライラの感情はどんどん大きくなっていきます。それを向けられている相手も不快な気分です。それで表向きは楽しそうに取り繕うというのは、なかなか根性のいることでした。今の私にはできません。

    今は非オタクのインスタなども、本当にそれが好きで写真を撮っているのではなく、写真を撮るために特に好きでもないものを買ったりしている人も少なくないように見えて、息苦しさや虚しさを感じます。誰にも知られなくても自分が楽しめるものこそが、本物だと思います。