同人活動の思い出/炎上の理由は、果たして作品だけのせいなのか?

同人作品を作っていると、作品の内容でウッカリ炎上することもあります。
個人から苦情が来るだけならまだいいけど、大勢から叩かれることもあります。

例えば、ほのぼのアンソロにリョナ漫画が混ざっていたり、女性向男女カプで女子キャラの経血を舐めるシーンがあったり、自分が殺した友人キャラの生首の前でセックスしたり、BLカプアンソロで攻めがモブに掘られていたり…あれ?これだと最後のは何だかたいしたことないように感じますね不思議です!(ブログ内でのこういう例えは、全部私が過去に実際に見たものです)

特に、アンソロのようにその人1人だけの本ではない場合、本全体の空気をぶち壊すような作品は読者から嫌がられます。これはたとえ注意書きをしていても、そういう問題ではないと言われてしまいます。炎上した時に迷惑をかける人の数も、個人誌とは比べ物になりません。

ですが、どんな内容でも作者の対応が冷静であれば、ここまで炎上しなかったのでは?と思うことも多いです。叩かれる時は、だいたい作品と言動がセットになっています。

苦情を言われたあとの対応がアホ丸出しとか、そもそも以前から素行が悪い(ツイッターの発言が痛い・推し以外のキャラを叩く・愚痴やクレクレが酷い)とか、こういう人は、周囲の人達は黙っていても本当はムカついているので、少しでも何かあれば一斉に叩かれます。

叩かれた時は完全にスルーか、謝罪だけしてあとは黙るのが賢い人の対応ですが、アホな人は「作品に苦情言われた!傷付きました!」とか「この程度の内容で苦情とか繊細すぎる!私ならもっと過激なのもイケる!」とか、ぶっ叩かれて引退したいの?ドMなの?と尋ねたくなるような醜態を晒してしまいます。これは今も昔も変わりません。嫌すぎる伝統です。

冷静な対応ができる人は、作品以外の叩けるネタを周囲に与えたりはしません。
ただ黙々と作品を作り「叩かれることもあるけどこれが自分の表現なのだ」ということを、言葉ではなく作品で示していれば、それ以上攻撃してくる人はいなくなると思います。

本当に不快なのは作品そのものではなく、作者の普段からの言動や、苦情を言われたことを無関係な人にも言い触らすみっともない行為ではないでしょうか。

無駄に敵を作って殴り合う様子をSNSで全世界中継している人の見苦しさは、計り知れません。
同情して欲しくて騒いでいるのでしょうが、余計に激しく叩かれる確率のほうが高いです。
目が覚めた時に「ねぇねぇ今どんな気持ち?」って煽りたいです。

え?私自身はどうだったのか、ですか?…23年間も女性向メインで同人活動していて、大手ではないけどそこそこ反応をもらえて調子に乗って、ツイッターも最初は楽しく使ってた(3年半後にブチキレた)私が「静かで大人しいタイプの同人者」だったと思いますか?

作品の内容とは関係なく、罵倒されるのに相応しいクソ腐女子でしたよ!(・∀・)
だからこそ、今見苦しい振る舞いをしている人が正気に戻った時に「ねぇねぇ今どんな気持ち?」って尋ねたいのです。私自身が吐くほど後悔しましたので。

ところで「ネットで炎上したら一生痕跡が残る」と言われることもありますが、以下の記事のような炎上を経験した私としては全然大丈夫だと思いますので、そこは安心してください。

この話もいつか書こうと思っていたのですが、そんな矢先に大変なことが起こりました。 2017年10月から「2ちゃんねる」が「5ちゃんねる」に変わりました!( ゚д゚) またひとつの時代が過ぎ去ったの...

叩かれていた当時は大変でしたが、20年近く経てばもうただのブログのネタです。
だから今炎上して困っている人は、とりあえず20年くらい待ってみてください。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あんのうん より:

    ヒロコ1号さんの啖呵切り記事、いつも楽しみにしてます。

    作品より作者の人格が地雷。
    あるあるですね!

    騒ぐと注目されるけど、本人にも非があれば、大半は白い目線です。

    金儲け目当てで二次やりたがる人は、大手同人や神絵師に背乗りしたがるし。SNSやらない人の過去作をゆるパクしたり、公式に噛みついたり、ビックリします。

    銭湯絵師の件もそうですが、純粋に原作やキャラ愛から表現したい人は、昔のファンサイト並みに目立たず活動してますね。

    ツイッターはたまに同性の出会い系紛いがいるので、怖くて距離おいてます。

    同人誌がエグくても、余計なつぶやきしない人はアンチもいるけど、慕われてますよね。荒らし対応も冷静で、応援したくなります。

  2. ヒロコ1号 より:

    >あんのうんさん
    こんにちは。こういう時に無駄に騒ぐ人は「周囲は自分の味方をしてくれる」と本気で思っていそうなのがヤバイです。わざとやっている炎上商法だとしたら、それはそれで、そんな方法でしか注目を集められないのが気の毒すぎます。

    今になってよく考えてみると「作品が地雷だ!こいつを叩きたい!」と思う時は、作品の内容だけでなく作者の普段の態度も気に入らなかったというパターンばかりでした。逆に作者が人間的に良い人だったら、作品が好みじゃなくても許してしまってました(・∀・)

    ただ、若い(20代とか)なら仕方ないのかなとも、個人的には思います。自分が20代だった頃のことを思い出してみると、私も人のことは言えません。でも、私と同年代の方が大失敗しているのを見ると、お前はその歳まで生きて何を学んできたんだと言いたくなります。

    内容以前にパクリの場合は、何をどうしようと叩かれるしかありませんね。二次創作の世界でもパクリには厳しいですから…って、自分で言っててちょっと不思議ですけどね。