同人活動の思い出/注意書きを敢えて無視して地雷を踏む人は意外といる気がする

前回は注意書きについての記事を書きましたが、書いている途中で脱線して新たに生まれた話題があるので、今回はそれを記事にしようと思います。

今回は、今まで意外と書いてるようで書いてなかった「注意書き」の話をします。 本当に当たり前すぎて恐縮なのですが、同人作品の注意書きというのは「読者へ配慮するため」と言うよりは「作者の身を...

現役時代は黙っていましたが、同人を引退した今、現役の人に尋ねたいことがあります。

地雷っぽい注意書きがある作品を、それでも敢えて見てしまうことはありませんか?

たとえば「何でも許せる人向け」と書かれた作品があって、本当に何でも許せる人なんてとても少ないのに、好きなカプだと気になって見てしまったりしませんか?

特に、ドマイナーなジャンルやカプで作品が死ぬほど少なかったら、注意書きで地雷がありそうと分かっていても、そのまま引き返すのは惜しいと感じてしまいませんか?

メジャージャンルでも、ROMとして貪欲になっている時は「とにかくこのジャンルの作品は何でも見たい!」という心理が働き、注意書きを踏み越えてしまうことはありませんか?

その結果「好みではなかったけどこのジャンルの作品があっただけで有難い」とか「やはり地雷で後悔した」とか「意外と良かった」とか、いろんな結末を迎えた経験はありませんか?

注意書きがヤバそうなら素直に引き返す人も、もちろんたくさんいると思います。
ですがその一方で、とにかく好きなジャンルの二次創作が見たいという欲求が抑えきれず、注意書きを敢えて踏み越えていく人も、実はそこそこいるのではないかと思っています。

私はマイナーカプにハマることも多かったので「地雷かも」という心配より「とにかく見よう!話はそれからだ!」という欲求を優先しがちでした。死ぬほどハマっているジャンルの二次創作を必死に探している時に、注意書きだけを読んで引き返せる精神力は私にはありませんでした。
もちろん、それで地雷を踏んでも完全に自己責任なので、作者には何も言いませんでした。

現役時代は、注意書きを敢えて無視して閲覧するなんて、とても人には言えませんでしたが、こういう人は私以外にもきっと存在していたと思うのです。特定のジャンルやカプに死ぬほどハマって飢えまくっている人間たちが、全員冷静な行動ができるとはとても思えません(断言)

読者の中には「注意書きを読んで嫌なら見ない」人だけでなく「地雷だと分かっていても好奇心に負けて見る」人もいるのです。その後の感想はその人の心の中だけにあります。
やはり同人作品の注意書きは「読者に地雷を見せないため」と言うより「見ても文句を言わせないため」に書くものだということが分かります。

真面目に注意書きをしている作者にとっては嫌かもしれませんが、これもまた「ジャンルが大好きすぎるゆえの過ち」です。理不尽な苦情が来なければそれで良いと思います。
同人とかオタクの世界は「愛憎」と「盲目」と「暴走」が支配する世界です。治安は最悪です。

そんなわけで、昔は好奇心旺盛で何でも見てみるオタク女だった私ですが、現在は「ツイッターで話題!」みたいなタイトルのニュースは開かずにスルーできるようになりました。昔だったら、確実に不快になると分かっていても、何が書いてあるのか気になって見てしまってました。

それが今は、本当に何とも思わずに無視できるようになって、自分でも驚いています。
ネット中毒も困りますが、完全に興味が失せて無感情になるのも寂しいものです。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヤマシ より:

    ヒロコ1号さんこんにちは。
    地雷があると注意書きがあっても見てしまう人はいるというのはわかります。疲労しながらも未だSNSを抜け出せない同人者なのですが、腹が立つとわかっていながらその手の作品を見てやっぱり腹が立ったと言う人。そんな現状にうんざりもしています。私の好きなキャラはそんな人たちのいい餌食になっているようで、そして私もそんな人間で懲りずに好きなキャラを検索してはモヤモヤとした気持ちを抱えてしまいます。そんな好奇心を抑えられるヒロコ1号さんを見習いたいです。

  2. ヒロコ1号 より:

    >ヤマシさん
    こんにちは。私がいろいろとスルーできるようになったのは、同人への興味を無くした後のことなので、同人を楽しみながらそういう好奇心を抑えるのはとても難しいと思います。
    よほど酷い地雷を踏んで懲りた人なら可能かもしれませんが、そもそもそんな経験をしたら同人そのものにも疑問を持つようになる気がします。

    近年は、作品や萌え語りを探すためにツイッターで好きなキャラを検索する人がいると聞きました。それは半分以上は地雷だったりしませんか?と、他人事ながら心配しています。
    疲労が溜まりすぎるとつらい結果になるので、ほどほどに気を付けて閲覧してください。