同人活動の思い出/交流に飢えている人はどこまで飢えていますか?

今の時代はそうでもないかもしれませんが、昔は「オタク友達」を作るのは至難の業でした。
まず、オタク自体が今ほど市民権を得ていなくて問答無用でキモイ奴扱いでしたし、学校の同じクラスで漫画やアニメに深くハマっている人を1人でも見つけられれば奇跡でした。

私は幼い頃からオタクでしたが、オタク話ができる相手に出会えたのは高校に入ってからです。
中学までは周囲は非オタクばかりで、漫画やアニメは見ていてもガチでハマっているような人はいませんでした。一応友達はいましたが、私が本当にしたい話はできないため、内心ではずっと寂しい毎日を送っていました。

なので、高校に入って二次創作や同人イベントの存在を知った時の興奮は物凄かったです。

それまでの人生で仲間に飢えまくっていた私は、イベントに行けば同ジャンル同カプの人に速攻で近付き、聞かれてもないのに「私も本作ってます!」とアピールし、相手と連絡を取りたがり、オフ会をしたがり、ぜひ推しカプについて語り合いたいと迫りました。

今となっては信じられないほど前のめりでキモイ行動を取っていましたが(結局キモイのか)それは無理もないことです。だって、生まれて初めて同士というものに出会えたのですから。

とは言え、イベントでは同ジャンル同カプの人に出会えても、学校など普段の生活では相変わらず全力で話せる相手はいない状況でした。高校で初めてオタク系のクラブに入ることができ、オタクの友達はできましたが、ジャンルやカプまで同じという人はそう簡単には見つかりません。

私は「普段から同ジャンル同カプの話ができる仲間」という奇跡の存在を渇望し続けました。

渇望しすぎて干物のようにカラカラになりながら大学を卒業した頃、インターネットが同人の世界にも普及してきて、同人サイトというものが登場しました。私はとても感動しました。
これなら、イベントに行かなくても同カプの人と知り合うことができ、遠方の人ともメールや掲示板で語り合い、会う約束をすることもできる!と大興奮しました。

おそらく、非オタク的な感覚だと、ネットで知り合った人と会うというのは、なんとなく危険というイメージが強いと思います。オタクでも警戒する人はしますし、そこまで交流相手を求めていない人なら、安易に会おうと言われれば引くのが普通でしょう。

ですが、当時の私は潤いを求める干物でした。そしてさらに「自分と同じ趣味を持つ人が悪い人であるはずがない」という謎の確信を持っていました。自分と同じ2次元オタクはすべて善人で、ましてや同ジャンル同カプの人に悪人などいないという考えでした。

そして多くの人と直接会いましたが、危険な目に遭うことは無く楽しく過ごせました。
その運の良さが災いして、飢えなくなってからも気軽に交流し、うっかりツイッターに飛び込んであらゆる経験を経て見事に交流嫌いになりました。ツイッターの恐ろしさがよく分かる事例です。

同人の交流にツイッターが使われるようになってから、同人の世界の空気は大きく変わったような気がします…と言いたいところだけど、オフラインしか無かった時代にネットが登場した時も、それくらいの変化はあったか...

自分がハマっているジャンルについて話せる相手が欲しいと思うのは自然なことですが、今振り返れば昔の私の飢え方はちょっと異常だったかもしれません。当時私と同じジャンルにいた他の人たちはどう思っていたのか、今になって気になります。もし、そこまで飢えているわけではないのに私が強引に突撃してきたのだとしたら、大変申し訳ありませんでした。

そうなってしまったのも子供の頃に飢えすぎたせいなので、もともと飢えない環境で過ごせている人は幸せだと思います。楽しい交流ができている人は、どうかそれが今後も続きますように。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする