昔は声オタが嫌いだったけど最終的に自分も声優好きになった話

特定の作品に手を出すきっかけは、人それぞれ違うと思います。
その中には「作品の内容はともかくこの声優さんが出ているから買う」という動機もあります。

昔、某乙女ゲームジャンルで同人活動していた時に、ジャンル内で知り合った人が「ゲームはそこまで面白いと思わないけど、このキャラの声が推し声優さんなので、このキャラ関連で二次創作をしてます」と言っていて驚いたことがありました。

作品を構成する要素はいろいろありますが、個人的に作品の内容が一番重要だと思う私には、こういう声優さんありきの考え方がまったく理解できませんでした。

キャラが出てきても声優さんの名前で呼んだり、同じ声優さんが演じている別作品のキャラの名前を叫んだりする人を見ると、なんだか「作品の内容をきちんと見ていない=作品はどうでもいいと考えている」ような感じがして不快でした。

でも、時代が進んで声優さん本人が昔よりも表に出てくるようになると、不思議と嫌だとは思わなくなってきました。昔の声優さんは声の仕事をきちんとやるだけで良かったと思うのですが、今は顔出しが当たり前になり、キャラのコスプレをさせられたり、イベントやラジオで面白い事を言わなければいけなくなったりして、本当に大変そうです。

そんな感じで声優さんの容姿や素の話し方などが分かるようになると、声優さんは声優さんとして好きになってきました。目にする機会が多いとだんだん親近感が湧いてくる現象です。

ただ、作品の内容が一番重要という考えは今も変わらないので、さすがに作品自体がつまらない場合は、いくら好きな声優さんが出ていても擁護することはできません。
でも、昔と比べるとかなり柔軟に物事を考えられるようになりましたし、声優さんとキャラを同一視することも、昔はとても嫌だったのに今はあまり抵抗を感じなくなりました。

昔も今も声オタが苦手だったり声優さんには興味ないという人はいると思いますが、私は長年2次元オタクをやっているうちに受け入れられるようになっていきました。

ただ、マイナーなソシャゲなどの広告で、キャラ名よりも声優名のほうが大きく表示されている(ひどい場合は声優名しか書かれていない)のだけは個人的に「ないわー」と思うのですが、どうでしょうか?内容ではまったく勝負できないと言っているようなものです。

でも営業的には、そうしたほうが本当に売れるのかもしれません。
消費者側から見て「変だな」と思うことも、制作者側は「本当にこうしたほうが売れるからやる」という、大人の事情的なものはありそうです。まさに「素人は黙っとれ」という感じでしょうか。

同人をやっていた頃は、自分の考えに反するものは徹底的に叩いていましたが、今はそこまで強く何かに反発する感情が湧いてこないし、冷静に真実を知りたいと思います。
どうなのでしょうか?キャラ名を書かずに声優名だけ書いた広告を出してるメーカーさん!

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    先日、声優名がデカデカと書かれたバナー広告に釣られて
    アプリをDLしてしまった私にはとってもタイムリーな話題でした。
    確かにゲーム内容ではなく声優さんの名前を前に出すのは
    いかがなものだろうと思うのですが
    最近のスマホ向けゲームは「〜を擬人化した美少女大戦」
    「世界中の英雄英傑を召喚して〜」みたいな似たようなコンセプトのゲームが多過ぎて
    ゲーム内容ではもうお客さん引っ張って来れないのかも
    知れませんね

  2. ヒロコ1号 より:

    >名無しさん
    昔はマイナーな作品でも声優さんだけに頼ることは無かったと思うのですが、今は「この広告はギャグのつもりなのか?」と思うほどあからさまで、これも時代だなあと思います。

    今はスマホゲームに限らず、とにかく作品の数が多すぎますよね。同じようなものがたくさんある中から選んでもらうには、声優さんで釣るのが一番手っ取り早いのかもしれません。

    内容はプレイしないと分からないので(それでももう少し広告でアピールしてくれれば興味の持ちようもあるのですが)まずは声優さんで釣ろうという考えも商売的には分かります。
    でも、声優さんで釣ったあと内容でヒットしたというものをあまり聞かないのは残念です。