同人活動の思い出/日記や呟きもあなたの作品の一部です

同人活動をしている人は、本人の作品以外にも、サイトの日記やSNSの発言など、いろいろなものが露出しまくっています。とんだ露出狂です。

作品作りを頑張っている人はたくさんいると思いますが、偽名とは言え名前と作品を公開する立場の人間として、それ以外の部分にも気を使っている人はどれくらいいるのでしょうか?

私は、自分のサイトを持つようになってしばらくしてから「同人はエンターテイメントなので、そこに現実の話題を持ち込むべきではない」と考えるようになりました。

同人サイトに来る人は、何を求めて来るのでしょうか?
好きなジャンルやキャラの二次創作を見て楽しむために来るのです。
そんな同人サイトの日記に、家族や仕事の愚痴が書かれていたら、ものすごく興ざめです。

まさに「閲覧者は取り扱いジャンルが目当てで来たのであり、お前個人の話など知りたくない」というやつです。日常話でも楽しい内容ならまだしも、どうでもいい上に不快な日記を書く人を昔はよく見かけました。今はツイッターがその温床になっています。

私の作品は決して上手いものではなかったけど、だからこそ、少しでも盛り下げる要素は取り除こうとしていました。閲覧者のためだけではなく、自分のためでもありました。

日記はジャンルに関係のある話だけにして、作品に付けるコメントも特定のキャラをバカにするような文章にならないよう気を付けて、掲示板のレスも細心の注意を払っていたつもりです。

病気やケガで寝込んでいた時も、職を失った時も、家族が亡くなった時も、サイト上では余計なことは一切言わずに更新を続けていました。それが私のポリシーでした。
サイト上での私は、ただ自ジャンルの作品を製造し続けるマシンでした。

でも、そこまで気を付けていても、ツイッターでは言葉が滑ってしまうことがありました。
私が今でも後悔している自分の言動の8割は、ツイッターでの出来事です。

当時の知人は「ツイッターはブログと違って、発言がすぐに流れるから気軽に呟ける」と言ってたけど、そんなわけないだろ過去ログは遡れるだろ頭大丈夫かお前と心の中でツッコんでました。
本人は流したつもりでも、書いたことは消えませんよ?

今の私は同人作品を作ることも無く、同じジャンルの人に気を使う必要もありません。
このブログは、かつての同人サイトとはまったく違う目的で書かれています。

それでも、ブログは「自分用のメモ」ではなく「人に読ませる記事」だという認識は、今も昔も変わりません。SNSの短文だって、そこにある限り、誰かに読まれて何かを思われています。

気を使うかどうかは個人の自由ですが、気を使わない場合は、叩かれた時に取り乱さないようにしてほしいものです。現役時代は「炎上するようなことを言っておいて炎上したら被害者面をする」という意味不明な人が多かったです。見ているだけで疲れました。

楽しく同人活動するためには、それなりの配慮も必要だと思います。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名I より:

    こんばんは、ヒロコ1号さん。

    私は二次はイラストじゃなくて漫画が描きたいだけなのですが、気軽に発言できる場所があると次の展開をついしゃべりたくなったり、また読者との距離が近すぎるのが嫌という理由で、ツイッターをやってないのですが、マイジャンルが一応完結したものなので新しい話題も滅多になく、サイトの日記もジャンルと関係ない他ジャンルの話…ばかりで閲覧者の方はひょっとしたらつまんないかもしれません(汗。

    作者と作品は切り離して考えるって人って、少なくないんでしょうかね。やっぱり私はどんなステキな作品を作っている方はプロであれアマであれ、嫌な面が見えたらおさらばしてしまうタイプです。その作品の中に作者の主張が透けて見えてしまう気がして…。作者の人となりが謎ならば、そんなの分からないんですけどね。

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名Iさん
    こんばんは。自分の作品の次の展開は、話すのではなく作品で見てもらいたいですよね。
    原作が完結したジャンルだと、ツイッターをやっていたらますます無関係なことを言ってしまう可能性があるので、やらない選択ができるのはとても立派だと思います。

    他ジャンルの話は賛否が分かれますが、そのジャンルを知ってる人なら楽しんでくれているかもしれません。現ジャンルへの愛が深い人は寂しいと感じているかもしれませんが。

    私も匿名Iさんと同じで、作者と作品は切り離せないタイプなので、自分も気を付けようと考えていました。ツイッターで嫌いになった作家さんがプロアマ問わずたくさんいて、その作品も見たくなくなったのも、私の気持ちが同人から離れた原因のひとつだと思います。
    余計なことを言わないほうがいいというのは、読者のため以上に作家さん自身のためです。

  3. 匿名希望 より:

    はじめまして。いつもブログを読んでいます。先日、某中学生超能力者が活躍するジャンルのTwitterとSNSで、スケベやってますというプロフィールで同人活動をしているヒロコ1号さんを見つけてショックを受けました。同人活動は辞めたのではないですか?

  4. ヒロコ1号 より:

    >匿名希望さん
    はじめまして。2つの記事にコメントがついていましたが同じ内容だったので、それぞれ同じ返信をさせていただきます。私は今はツイッターアカウントは本当に持っていませんし、同人活動もしていません。名前や絵が似ている方がいるのなら別人です。
    メールフォームから該当のアカウントを教えていただけるとありがたいです。

  5. 匿名希望 より:

    ヒロコ1号さん。御返信ありがとうございます。メールフォームからメールをしたのですが、エラーをして返って来てしまいます。TwitterやSNSで 見かけたのは、彩眩というハンドルネームで、俺◯や女体化を描いています。FGOの記事に載せているプロフィール画像ともそっくりでした。本当に別人なのか不安です。メールフォームが使えず、こちらから失礼します。

  6. ヒロコ1号 より:

    >匿名希望さん
    返信ありがとうございます。そんなに私っぽいアカウントがあるならぜひ見てみたいと思いましたが、絵も文章も全然似ていませんね。

    私の過去作品を収納しているサイトはこちら→ http://www.sayaka.xyz/ で、このブログで描いたイラストも一部載せています。
    あと、私はモブ〇イコで活動したことは1度もありません。

    作品や発言を見比べてみて、これで同一人物だと思われたのならとても心外です。

    教えていただいたのは他人様のアカウントなので、確認頂けたらこの関連の書き込みは削除させていただきたいと思います(ブログから見えなくなるだけで、書き込みのデータは私の手元に残ります)ので、また返信いただけるとありがたいです。