同人活動の思い出/感想は欲しい人のほうが多いだろうけど、読み手に感想を強要するのはナシだと思う

同人をやめる理由のひとつに「感想がもらえなかったから」というのがあります。

私はこの理由にイマイチ共感ができないので、これがつらくてやめたという人の痛みは受け止めることができません。すみません。せっかくいつも感想をくれていた人が、ツイッターでアホな発言をしていて印象最悪になったというような、ツイッターアンチ案件なら共感できます。

これは完全に自慢なのですが、私は同人活動をしていた23年の間、どんなジャンルにいても感想をもらえなかったことは1度もありませんでした。
画力が底辺でも、楽しんでたくさん描いていれば、感想はもらえることが証明されました。

知り合いからの感想だけでなく、見ず知らずの人からの丁寧な感想もいつももらえていたので、当時は感想をもらえることの有難みが分かっていなかったかもしれません。いまだに、感想があったから続けられたのか、感想は関係なかったのか、自分でも結論が出せないままです。

以下の記事でも感想の話題を取り扱っていますが、私は感想をもらえていたから23年も同人を続けられたのか?本当にそうなのか?みたいな、フラフラしていてハッキリしない状態です。

同人作品を発表している人の中には「感想ください」アピールをしている人と「感想不要です」とクールに振舞っている人と、特にどっちでもない人がいます。 感想は欲しい人のほうが多数派だと思います...
以前、作品への感想に関する記事を書いたことがありますが、これの閲覧数がなかなか多いようなので、今回は「感想への返事」に関する記事を書きます。 みなさんは、感想をもらった時、それに対して返...
今回は、本物の感想と義理の感想についての話です。 感想には、作品を読んで心から面白いと思って送る感想もあれば、知り合いだから仕方なく何かコメントしないとと思って無理やり考えた感想もありま...

私はずっと「感想は嬉しいけど、感想のために描いているのではない」という考え方で、どんなに感想をもらっても、自分が移動したくなったらジャンル移動をしていました。

だから、感想を強要するような論調の文章で「感想を送ってあげれば好きな描き手はジャンル移動しません」とか言われても「それはないわー」としか言えません。どんだけ感想ありきなんだよ!
ジャンルやキャラはお前がかまってもらうための道具じゃないんですよ!

昔、某お絵描きSNS(ピクシブではないです)に登録した時に「描き手はみんな感想を欲しがっています!」「感想は励みになります!」「みんな感想を送りましょう!」みたいな注意書き(?)の押しが強すぎてドン引きした思い出があります。

確かに「感想は欲しい人のほうが多い」かもしれないけど「全員が必ず感想を欲しがっている」わけではありませんし「感想は励みになることが多い」かもしれないけど「的外れな感想を送られて逆にダメージを負う」場合だってあるのです。

大昔、とても可愛くて上手いイラストサイトの管理人さんが「メールは不具合連絡用です。感想は送らないでください。読みませんので」と書いていたのを見たことがあります。
当時はちょっと冷たい書き方だなあと思いましたが、今考えれば、感想でとても嫌な目に遭ったのかもしれません。単に感想不要派だっただけかもしれませんが。

同人作品を描くことは、ほとんどの人にとっては強制ではなく、描きたくなった時に自然に描くものです(同人で生計を立てている人は除きます)
それに対する感想も、送りたい人だけが送ればいいと思います。感想を求めている人は、感想くださいと言ってみるのもいいと思いますが、強要はドン引きされるだけです。

結局、世の中は自分の思い通りにはいかないし、なるようにしかならないのです。
感想はもらえてたけど別の憎悪が原因で同人をやめた私は、そう思うのです。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名I より:

    こんばんは、ヒロコ1号さん。連日失礼いたします。

    感想も良し悪しですよね。
    感想が欲しい人の気持ちも分かるんですが、いざ来てみると、これがあまり嬉しい内容じゃなかったり、返答に困るものだったりすること、あるんですよね…。

    私事で申し訳ないのですが、今、長編漫画を描いてて、毎回感想くれる方がいるのですが、ありがたいのですがちょっとピントがズレてて、返信に少しずつストレスを感じるようになってしまいました…。たぶん、あまり内容を読まずに反射的に送ってくれてるのだと思います。たまにもらえる人のご感想はそういうことないんですけどね。

    今となっては、閲覧者の方には、無理に感想を送ろうとしなくていいから、そっと見守ってほしいと思うばかりです。

  2. 葉っぱ より:

    ヒロコ1号さん、こんにちは。
    感想をもらうことで「自分を褒めてもらう・認めてもらう」と認識している人と、
    「萌えなどを表現して、共感してくれる人と楽しみたい」と考えている人といるように思います。
    前者だと、自分が期待した反応や評価がもらえないと、自分が認められなかったみたいな気持ちになって心が折れてしまうのかもしれません。
    私は後者のタイプなので、感想は決して強要はしないけれど、気に入ってもらえたら気軽に伝えてもらえると嬉しいし、自作や書き手の自分を褒めてほしいわけでなく、「この○○が萌えるよね!」を分かち合って楽しみたいというのが目的な気がします。
    私も決して豊富ではありませんが、今まで活動していてなんらかの反応はいただいているので、全く感想が来ない人の気持ちは分からないかもしれません。
    でも、もし本当に無反応だったら、「感想が来ないからやめる」というよりも、「公開していることの面白さを感じないから公開しなくなる」かもしれません。作ることが好きな人間なので、作ることはやめないでしょうけど、無反応でも公開し続けるかどうかは、その時になってみないと分からないですね。

    一方、感想を送る側も、純粋に相手の作品を気に入って応援したり、(作品を前提にして)お話したいと感じて送ってくれる人と、
    相手の作品や人柄はどうでもよく、ジャンル内の仲間を作りたかったり、自分の話し相手を求めていたりと、作品をろくに見ないで的外れな義理感想を送る人もいますよね。
    後者の感想を送るタイプの人につかまってしまうと、確かに疲労してしまいそうです。

    感想をほしいと思う側にとっても、送る側にとっても、
    ジャンルやキャラは人と楽しさを分かち合う「きっかけ」にはなりますが、
    ヒロコ1号さんのおっしゃるように、「かまってもらうための道具」ではないと、本当にその通りだと思います。

  3. ヒロコ1号 より:

    >匿名Iさん
    こんばんは。同人の感想という話になると、どうしても「感想は送ったほうがいい」「感想を送らないと作者のモチベーションが落ちて描くのをやめてしまう」みたいな流れになりがちなので、この記事では全員がそうではないことを訴えたかったのです。

    感想を送る側は、作者のモチベーションのことなんて考えていなくて、ただ良いと思ったからそれを伝えているだけだと思います。作者に伝えるかどうかも完全に自由なので、自然に感想を送る気になっていない人に感想を送れと強要するのはおかしいです。

    的外れな感想は、他の人から嬉しい感想をもらえている場合は広い心で対応できるけど、的外れな感想しか来ない場合はそれこそモチベーションが落ちますよね。
    私の場合は、他の人への返信よりも一段階そっけない文章で返信したり、ズレている部分はスルーして感想へのお礼だけ言ったりしていました。

  4. ヒロコ1号 より:

    >葉っぱさん
    こんにちは。私は同人の感想というのは「作品の内容に共感して送るもの」と考えています。
    葉っぱさんがおっしゃる前者のほうの人については、二次創作でそんな考え方の人が存在すると知ったのが同人を始めてしばらく経ってからでしたので、知った時は本当に驚きました。

    現役時代に感想をくれた人の中にも、そのまま楽しくジャンルの話ができそうな人もいれば、なんだか擦り寄りっぽいし作品もちゃんと読んで無さそうな感じの人もいました。文章力には個人差があるので、書き方が悪くて正しく気持ちが伝わっていない可能性もありますけどね。

    また、読解力にも個人差があるので、たとえ的外れな感想でも本人はきちんと読んで考えてくれたかもしれない可能性があります。なので、気に入らない感想でも私はそんなに無下にはしなかった(と思う)のですが、中には我慢できずにキレてしまう作者さんもいました。

    ただ、かまって欲しいだけの人というのは、なんとなく空気で分かりますので「こいつは深入りしないほうがいいヤツだ」と判断したら、傷付けないように、でも必要以上に近付かれないように、のらりくらりとかわしていました。うまく距離を取って慎重に対応していれば、相手も「この人は思うようにかまってくれない」と諦めて去ってくれます。

    そんなテクニックばかりが磨かれて、画力はまったく上がらない同人生活でした。

  5. 名前 より:

    こんにちは。
    感想を貰ったのは僅かなんですが
    みえみえのお世辞で技術誉めてきたり
    今回もよかったです!次回も楽しみです!みたいなモノばかりで
    あんまり嬉しくない~~~!!!とかなってSNSやめてブログオンリーになりました。
    通知とかでワクワクしちゃってハードルあがるし
    もしかしてテンションあがる素敵な感想って自分の中にしかないかも!とかなんとなく考えちゃいました。

  6. ヒロコ1号 より:

    >名前さん
    こんにちは。「今回もよかったです!次回も楽しみです!」は、送る側としてはヘタなことを書くよりも無難で便利な言葉なのですが、送られた側は「それって誰にでも(作品の中身を読んでなくても)言える言葉では?」と感じてしまって複雑ですよね。

    確かに、自分が一番もらいたい感想は、自分の脳内にあるものかもしれません。
    SNSはどうしても短文になりがちなので、内容の濃い感想をもらうのは難しいと思います。
    でも、お世辞でも技術をほめられるのは羨ましいです!私はそれは1度も無かったので。