同人活動の思い出/合作の思い出~つわものじゃなくても夢の跡~

同人活動をしていると「同ジャンル同カプの人と一緒に何かをしたい!」と思うことがあるかもしれません。私はもうそんなことはとても思えないけど、同人を始めてやっと同じ趣味の仲間と出会えたという人は、そんな夢を見ることもあるのではないでしょうか?

私も昔は交流に夢を見ていたので、同カプの人と合同誌を作って対談ページで楽しく対談したい!とか、お互いのネームを交換して漫画を描いたら面白そう!とか、イラストの合作をしたい!とか、やりたいことがたくさんありました。

そして、見事に全部やり遂げました。
そして、2度とやるかクソが!( ゚д゚)と呪詛を吐きました。

◆夢の跡その1:同カプの人と合同誌を作って対談ページで楽しく対談したい!◆

まず合同誌と対談ですが、やってみたらそこまで楽しいものでもありませんでした。
他の本で、仲が良さそうな2人サークルの人たちが対談しているのがとても楽しそうだったので、私もやりたいと思ったのですが、なんだか思うように盛り上がりませんでした。

2000年頃の話で、本も手元にあります。内容とテンションはちゃんと(?)痛々しいので、傍から見れば楽しそうに見えます。でも私は「対談はもういいや」という心境でした。
2人サークルってめちゃくちゃ楽しそうだと思ってたけど、私には無理だったようです。

それはそうと、本の印刷代は、相手から「お金が無い」と言われて私が全額払いました。
その代わり、売り上げも全部私が貰いましたが、この本は完売しなかったので微妙に赤字でした。
私のほうが損してない?(´・ω・`)というのは、考えてはいけないと諦めました。

◆夢の跡その2:お互いのネームを交換して漫画を描いたら面白そう!◆

同ジャンルの人とネームを交換して本を作ったこともありましたが、相手が締め切りギリギリに原稿を出してきたうえ原稿に不備があり、私が当日中に必死に直して入稿しました。
本は好評で、雑誌の同人誌コーナーにも紹介されましたが、私はとても疲れました。

原稿を描いていた間は、相手のルーズさにずっとイライラさせられていて、どう考えても1人で本作りをしたほうがストレスがありませんでした。

ネームの交換というのも、結局は「他の人が考えた話を私の絵で描いたらこんな感じですよ!新鮮でしょ?」という自己アピールでしかないので、今考えれば特に面白くもない企画です。

◆夢の跡その3:イラストの合作をしたい!◆

新しく同カプに参入してきた人と、イラストを合作しようという話になりました。
完成したイラストはピクシブに投稿し、周りからも「あの絵いいね」と言われてました。

ですがその後、相手が(私にとって)とんでもなく解釈違いな地雷作品を描いたため、私は合作イラストをピクシブから削除しました。イラストの元データも完全に処分しました。

もともと相手から声をかけてくれて、ツイッターでも繋がっていましたが、これのせいでフォローを外しました。その半年後くらいに、私はツイッター自体もやめました。
この時、私はついに「他の人と一緒に何かをしても良いことは無い」と悟りました。

もちろん「あの人と一緒に作れて楽しかった!またやりたい!」という素敵な思い出がある人もたくさんいると思います。私は日頃の行いが悪く、不運すぎただけなのかもしれません。

また、交流したいけどできないという人からは「それだけ交流できたならいいじゃないか」と思われるかも…いや、私の話はさすがに何ひとつ羨ましくないですよね。
このように、交流は楽しいとは限りません。同人はやはり、自分の萌えが第一です。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする