同人活動の思い出/ピクシブのスタンプやレス画像を使った反応について

突然ですが「pixivスタンプ」っていつ頃登場したんだっけ?と思って調べてみたら、2014年2月6日だったのですね。私がピクシブを退会したのは2013年末なので、そのあとに知った話題です。
ピクシブ百科事典にも記事が載っています。

pixivスタンプ(ぴくしぶすたんぷ)とは【ピクシブ百科事典】

これ、古いタイプの作者はスタンプで反応されても嬉しくないだろうなーなんて思ってましたが、上の記事内ですら「返信に困る機能」だと思われていると書いてあって爆笑しました。

また、スタンプ機能自体はいいけど、ピクシブ側で用意されたスタンプ画像が、意図がよく分からない絵が多くて使いにくいとも言われてた記憶があります。めっちゃ同意です。

おそらくLINEスタンプ的なノリで導入したのだと思われますが、描き手は嫌がっている人のほうが多かったように思います。ですが現在、そのスタンプよりもどうかと思われる「レス画像」というものが、作品への反応に使われていると知って驚いています。

ツイッターに投稿された作品に対して、商業漫画やアニメの一場面の画像を貼り付けてリプしているのを某まとめブログで見た時は、何事かと思いました。「好き」とか「面白い」とかいう言葉すら自分で打ってくれないなんて、作者のモチベーションが心配になります。

あと、その画像は他の人が描いた絵なんだけど、無断転載には当たらないのですか?
今はそういう時代なら仕方ありませんが、レス画像を使っている人が、自分のイラストは無断転載禁止!とか言ってるのを見ると「周りの人は誰もツッコまないの?」と言いたくなります。

そう言えば、昔web拍手が流行っていた頃に「拍手連打だけしてメッセージを残さない人が気持ち悪くて嫌だ」と言ってる人がいて、拍手の趣旨をまったく理解していないと呆れたことがあります。
でも、これはもしかしたら、今「スタンプだけだと返信に困る」と言ってる人と同じ心境だったのかもしれないと、最近は考えるようになりました。

拍手もスタンプもレス画像も「反応」には違いありません。でもだからと言って、何が言いたいのか分からないスタンプや、他人が描いた絵のレス画像で「反応した」とみなされる状況は、きちんとした文章でやり取りがしたい作者にはツライと思います。

昔web拍手を設置していた人も、無言拍手が欲しかったのではなく、メールよりも手軽に送れる拍手を通じて、感想のメッセージが欲しかったというのが本音だったのかもしれません。

そう考えると、当時「こいつアホやなー」とか思ってたのが申し訳なくなりました。
それでもやはり、web拍手は「押すだけでも応援できる」という趣旨のツールですけどね。

それを言うならスタンプやレス画像もそうだし、無反応よりは良いのかもしれません。
でも、ガッツリとした長文感想や、短くても気に入ってくれたことが分かる文章のほうが嬉しく感じてしまうのは仕方ありません。今の人はどう考えているのでしょうか?

あ、でも、もしかしたら、スタンプやレス画像って「作品がつまらなすぎて感想が思いつかないけど付き合いがあるから反応しないと」みたいな相手に一瞬で送れる便利アイテムとして使われている可能性もありますね。拍手は押すだけだと誰が送ったか分からないけど、スタンプやレス画像は送り主が分かりますからね。そういう用途なら私も納得できます。

真相は闇の中ですが、今の私はそれがとても知りたいです。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. トクメイ より:

    こんにちは、いつも楽しく拝見しております。
    同人って、書き手のほうは自分がまず表現してみたものを通してコミュニケーションしたい人が多いと思うので、それを通した相手の考えを直接聞きたい、語り合いたい人が多いんじゃないかなーと思っています。
    けれど、受け取る側はそこまで相手と交流したいという意欲はなく、自分の好きなものをもっとかいてくれ!っていう意味の好意で反応を送っている人が多いんじゃないかなあ…とも思います。
    そんなことを言葉で正直にかいたら良い気分になる相手は人は少ないでしょうし(見ず知らずのあんただけのために書いてるんじゃないと言いたくなるでしょうから)、オブラートに包むのも頭を使うし…なので、語り合いを必要としていない人たちはスタンプや拍手のほうがゆるく好意を伝えられて楽なんじゃないでしょうか。とても穿った見方ですが…(付き合いがあるから押しておこう…も一応好意の一部ですしね…)

    上記のような意識の差があるからか、書き手が「拍手やスタンプのボタンを押されたくらいだと、心が動かない…かえってもやもやする…(相手の考えがよくわからない…)」ってなるのもわかる気がします。
    無反応よりは寂しくなくていい、単に作品に興味がる人の数が知りたいという人にはスタンプや拍手などのワンボタン式のものはありがたいものなのかもしれないけれど、コミュニケーションをしたい、という人としてはかえって解釈の幅が広がりすぎて、混乱するし良し悪しなところもあるなあと感じてしまいます。

  2. ヒロコ1号 より:

    >トクメイさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    私は見る専の人の気持ちはなかなか想像できませんし、スタンプやレス画像で反応する文化が広まる前にSNSから離れたので、最初見た時は本当にびっくりしました。

    確かに私も、なぜわざわざ苦労して作品を描くのかと言われれば、自分が描きたいからという以外にも、同士の人と語り合いたいという気持ちが昔はありました。
    同人活動を終える頃には、交流は自分が夢見ていたほど楽しいものではなかったという結論になってしまいましたが、昔は感想がきっかけで始まる語り合いを楽しいと思っていました。

    特に作者と交流したいわけではない人は、スタンプのほうが気楽かもしれませんね。
    拍手もまだ無かった頃は、感想はきちんとした文章で書かないといけませんでした。
    短文は失礼という風潮があって「3行メールはやめてください!」なんて言ってる管理人さんもちらほらいましたが、そんな人が今のスタンプの文化を知ったら卒倒しそうです。

    今は反応する側のハードルもずいぶん下がったと思います。そのハードルが下がったことで、昔だったら反応をもらえなかったものも、スタンプで少しでも何かを感じてくれたことが伝わるのなら良いかもしれません。その場合は作者側も「スタンプだけでもありがたい」と好意を受け取れれば良いのですが、そこは人によるので難しいですね。

  3. 匿名I より:

    こんばんは、この間はご丁寧なレスありがとうございました。

    ぴくしぶのスタンプですが、個人的には、描き手としてはあまり嬉しくありませんね(苦笑。おっしゃる通り、公式の用意しているスタンプがどうもイマイチで…。でも、閲覧者にとってはお手軽なんでしょうね。
    昔でしたら、サイトを持ってない閲覧者はジャンルに対する想いを発散できる場所というのがないので、サイトの管理人さんと掲示板で密にトークできたりもしたのですが、今はツイッターという誰でもジャンルに対する想いなどを発散できる場所があるので、二次創作者に感想のメッセージをわざわざ送る熱意というのが薄れているのかもしれません。スタンプや自身のツイッターで「××さんの〇〇読んだ~最高~」とでも呟いてた方が楽ですからね。
    結果、数字やスタンプで反応は貰えても、昔より感想に飢えている二次創作者が増えているように思えます。
    とはいえ、作品の内容に関しまして的外れな感想を貰って精神的ダメージを受けるよりは、スタンプの方がマシかなと思う事もあり、難しい問題です(苦笑。

  4. ヒロコ1号 より:

    >匿名Iさん
    こんばんは。具体的な文章の感想は、自分が狙った通りの反応を貰えたら嬉しいけど、的外れな内容だった時は確かにちょっと微妙ですよね。それこそ本当に返信に困ります。
    私はそういうことは滅多に無かったので助かりましたが、感想運(?)が無い人だと「変な感想しか来ないからもう感想いらない」となってしまうこともあったようです。

    閲覧者さんの中には、そういうハズした感想を送ってしまうのが嫌だから敢えて感想を送らないという人も昔からいたので、文章を書かなくても反応を伝えられるスタンプは需要があるのでしょう。長文は書かずに「良かった」とだけ呟くのも、そちらのほうが無難だからだと思いますが、それだと寂しがる描き手もいるのが難しいところです。

    おっしゃる通り、昔はSNSが無かったので、同じジャンルの人と語り合いたければ、サイトの掲示板などでやり取りするしかありませんでした。それは管理人側も同じで、長文で感想をくれる閲覧者さんがモチベーションを支えてくれていた部分もあったと思います。

    SNSでたくさんの人と繋がっているように見えるけど、その繋がりは実は希薄なんて、同人関係以外でも言えることですが、いろいろ昔とは変わったなあと感じています。

  5. メモ帳 より:

    ヒロコ1号さん、こんにちは。

    ツイッターでのリプライにアニメや商業漫画の画像を利用する人がいたり、最悪の場合はセリフを改変してリプに貼り付けたりする人がいて「自分が作者側だったらこんなこと絶対にしてほしくない」と思っていました。

    少し前にツイッターでは、はだしのゲンのコラ画像が多く出回り悪用されていたのですがこの事態に気付いたはだしのゲンの出版社である汐文社は注意喚起を公式サイトに載せたようです。

  6. ヒロコ1号 より:

    >メモ帳さん
    こんにちは。私は、レス画像が広まる前にSNSをやめて本当に良かったと思っています。
    画像の作者さんに対して申し訳ないのはもちろん、あれで褒められても1ミリも喜べません。

    コラ画像も、作っている人は何も疑問に思わないのだろうか?と驚いてしまいます。
    二次創作同人をやっているからこそ、他人の絵を勝手に使うことに対して慎重になるものだと思っていましたが、今は描き手でもコラ画像を作る人がいるのが信じられません。

    画像の版権元も、本当なら貼った人たちに削除してほしいところだと思いますが、蔓延してしまうと取り締まりきれませんよね。昔は二次創作が著作権的にグレーだとか言われてましたが、今はそれどころではなくなってしまいました。