ローソン/塩キャラメルタルト

ローソンの「塩キャラメルタルト」です。

塩キャラメルは2000年代頃から流行り始めたような記憶がありますが、私も大好きです。
塩のしょっぱさがキャラメルの甘さを引き立てるとか、そんな理屈はどうでもいいのです。
食べて美味しかったものが正義なのです。

理屈と言えば、汗をかく夏は塩分補給も重要です。
夏コミ参加時に塩飴などを持っていく人もいらっしゃるかと思います。
夏に塩キャラメルスイーツが出回るのも、塩分補給のためという話がありますが、今年の夏は塩キャラメルでどうにかできるような暑さではありません。

やはり理屈はどうでもよくて、食べて美味しかったものが正義なのです。
色合いは地味ですが、塩キャラメルであれば美味しいのは分かっています。

クリームの上にはヘーゼルナッツがトッピングされています。
こういう所にトッピングされているヘーゼルナッツは、味的にはあっても無くてもどちらでもいいのですが、見た目的には無いと寂しく感じるのが不思議です。

断面はこんな感じです。タルト生地の底にチョコを使用したビスキュイも入っています。

マスカルポーネとキャラメルクリームを合わせたクリーム部分は、ほぼ液状と言ってもいいほどのクリーミーさで、歯が悪くなった高齢者でも食べられるという今のトレンドを押さえていますね。
いや、今のプリンやケーキの「とにかく柔らかくしろ」みたいな風潮は、そういう超高齢化社会への配慮なのかなと思っているのですが、違うのでしょうか?(・∀・)

もうちょっと歯ごたえがあってもいいのよ!とも思いますが、美味しいのは間違いないです。
何より、キャラメルの味がとてもしっかりしていて、塩キャラメルを存分に楽しめました。

ですが、気温38度の時にこれを食べても、生き返ることは難しいです。
塩分補給とかそんな理屈はいいから、美味しければ良いということにしておきましょう。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする