同人活動の思い出/入稿に関する思い出を語ろうと思ったけど、とくに面白いエピソードが無くて悲しい(´・ω・`)

今は、同人原稿の入稿も印刷代金の支払いも、家から一歩も出ずに済ませることが可能です。
でも昔は、アナログ原稿を郵送するか、場合によっては直接入稿することもありました。

直接入稿というのは、文字通り原稿を直接印刷屋さんに持っていくことです。
私も、自宅の近所にある印刷屋さんには、直接持って行ったことが何度かあります。

昔はアナログ原稿でしたので、原稿用紙を封筒に入れて持っていきました。
デジタル原稿に移行してからは、データを入れたCDを持っていきました。

私のデジタル原稿は、モノクロ2階調ではなくグレースケールだったので、トーンの濃さや薄さはどこまで大丈夫かとか、印刷の仕上がりがどんな感じになるかも確認したりしてました。

ホープツーワン さんで印刷してもらった本の裏表紙はこんな感じです。
原稿はグレースケールで、3色刷りです。普通のカラーよりめんどくさかったです。

特にポリシーがあったわけでもないのに、なぜか私はグレースケール原稿を貫き通しました。
変換が面倒とか、そんなしょーもない理由だった気がします。

文字も、コミック用の書体ではなくメイリオで統一していました。これは、自分の漫画に商業誌っぽいフォントを使うことに、何となく恐れ多さを感じていたのかもしれません。

昔は、文字は全部手書きか、ワープロで打って出力したものを糊で貼り付けていたのです(当時はこの作業をドヤ顔で「写植」って言ってたけど、写植じゃねーよコレは)今みたいに、商業誌と同じようなフォントを同人誌でも使うようになるとは、想像もしていませんでした。

私の原稿は不備があったことが一度も無かったので、直接入稿だろうが郵送だろうがデータ入稿だろうが、印刷屋さんから指摘を受けたことは一度もありませんでした。
現役時代に聞いた話によると、原稿に不備があると印刷屋さんから連絡が来るらしいですね。

印刷屋「〇〇ページの〇コマ目の吹き出しにセリフが入っていないのですが…」
作者「あ…ああ、そこは『らめえぇえ!赤ちゃんできちゃううぅ!』って入れてください…」

みたいなやり取りがあるそうで、なんだか楽しそうじゃないですか。不備が無いと、何の連絡も無いまま完成品が届くだけなので、ちょっと寂しいしブログのネタにもなりません。

あと、直接入稿は、目の前で原稿を見られるので恥ずかしいという人もいます。
私も、作った本はほとんど全年齢向でしたが、直接入稿をする時は少しだけ緊張しました。

でも、今考えると、大量に印刷して売るつもりの原稿なのに、なぜ印刷屋さんに見られるのを「恥ずかしい」と感じたのか、不思議にも思うのです。みなさんはどう思われますか?

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする