同人活動の思い出/昔たまに居た「異常にマナーに厳しかった人」は今どうしているのか?

前回「毒吐きネットマナー」についての記事を書きましたが、それに関連して思い出したことがあります。昔の「同人マナー」はネット以外のことについてもいろいろありました。

現在「毒吐きネットマナー」のことを知っている人はどれくらいいるのでしょうか? 「毒吐きネットマナー」とは、同人サイトが増えはじめた2000年代前半の頃、ネットマナーのサイトのひとつとして有名なと...

たとえば、イベントで本を買ったりスケブを頼んだりする時のマナーや、自家通販で本を買う時の手紙のマナーなど、今でもそんなに内容が変わっていないものも中にはあると思います。

確かに、こういうマナーは最低限守ってもらわないと困るものですが「毒吐きネットマナー」が有名だった2000年代前半の頃、たまに「マナーを守ってください!守らないヤツはどうなるかわかりませんよ(暗黒微笑)」と、必要以上に激しく主張している人を見かけることがありました。

ただ、実際にイベントでもたくさん人が来て手紙もたくさんもらっていて、苦労することもあるだろうと思われる大手さんは、あまりそういう事はうるさく言っていませんでした。
その一方で「お前そんなに人に注意しなきゃいけないほど反応もらってないのでは?」という感じの人がドン引きするほどうるさかったのが、不思議で仕方ありませんでした。

そういう人はだいたい「毒吐きネットマナー」にリンクを貼っていましたし、本やペーパーの中でもキャラに「マナーを守れよ!」とか言わせたりして、大変近寄りにくかったです。

これでは、作品に興味があっても怖くて接触できません。自分が死ぬほど感じ悪いせいで人が寄り付かないのに「本が売れない」「感想が来ない」と嘆く姿はアホとしか言いようがなかったです。
厳しい態度でも人気が取れるほどの作品じゃないのだから、もっと優しく愛想良くしていれば少しは反応がもらえるかもしれないのにと、思いながらも黙っていました。

実際に嫌な目に遭ったせいで、つい注意書きが厳しくなってしまう場合は仕方ありません。
それでも、関係無い他の人を怖がらせてしまうので、損をしているとは思います。

ただ、あの無駄に厳しかった人たちは「誰も何もしていないのに先回りして攻撃している」ようにしか見えませんでした。相手を最初から「厳しく言わないとマナーを守れない人」だと決めつけて攻撃して、自分が正しいと威張りちらしているという感じでした。

私自身は、自分の読者さんには非常に甘いタイプだったと自分で思っていますが、地雷を出してくる描き手に対しては…まあ、うん、その…すみませんでした今は反省しています。
スルーできずに直接殴りに行ってしまった率が高すぎました。とんだ暴れイノシシでした。

でも、それだけ同人に情熱を燃やしていたということで、抜け殻のようになった現在は、そのような行動力も消え失せました。今思えば、あの異常にマナーに厳しかった人たちも、私とは別の方向で一生懸命だっただけなのかもしれませんね(イイ話風にまとめてみました)

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする