同人活動の思い出/「毒吐きネットマナー」と私のサイト運営

現在「毒吐きネットマナー」のことを知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

「毒吐きネットマナー」とは、同人サイトが増えはじめた2000年代前半の頃、ネットマナーのサイトのひとつとして有名なところでした。

私が初めて自分のサイトを作ったのは2000年頃で、実際に「毒吐きネットマナー」に訪問したこともありますが、文章にあまり同意できなかったのでリンクは貼りませんでした。

今、ふと思いついて「まだあるのかな?」と探したところ「毒吐きネットマナー」の元サイトはすでに無くなっていて、別の管理人さんが「毒吐きネットマナー」の文章をそのまま復元してコメントを付け足した「毒吐きネットマナーPlus」というサイトがありました。

興味のある方は見てみてください→ 毒吐きネットマナーPlus

「毒吐きネットマナー」の文章は、実際に嫌な目に遭った管理人の叫びとしては、気持ちは分からなくもないのですが、マナーサイトとして冷静なものとは言えません。

私は、こんなサイトにリンクを貼ったら、問題の無い閲覧者さんほど委縮してしまうのではと考えました。さらに言うと、読んで欲しい相手である迷惑な閲覧者ほど、リンクを貼ったところで読んでくれない&理解してくれないものです。これはマジで事実です。

そんなわけで、当時の私は「毒吐きネットマナー」をスルーしていたのですが、今あらためて読み返してみると、記憶にあるイメージほど攻撃的な文章ではないように感じました。
なんだか不思議です。まあ10年以上経っているのだから、私の感覚も変わってるんですよね。

さらに、項目が掲示板とかチャットとか、懐かしすぎて涙が出てきます。

今のツイッターの惨状を考えると、もはやネットマナーもクソも無いだろ!

…というのは言わない約束でお願いします。

「毒吐きネットマナー」はビミョーと判断した私は、マナーがどうこうという発言はなるべくしない方針で、自分のサイトに来る閲覧者さんに対応していました。
ほとんどが問題の無い人ばかりだったので、気持ちよく楽しんでもらおうと心掛けていました。

私は、同人活動をしていたあいだ、掲示板・メール・WEB拍手・ピクシブ・ツイッターなど、ありとあらゆるWEBのメッセージに対応してきました。全部を合わせたら1000件は超えるでしょう。
ほとんどが作品への感想でしたが、他のメッセージもありました。

その中で、本当に迷惑なレベルの困ったさんは、数人しかいませんでした。そんな少数のためにマナーについて厳しく語って、他の閲覧者さんを萎えさせてはいけないと考えていました。

それに、管理人の中にも「困ったさんに絡まれやすいオーラ」を放ってる人っているんですよ。
発言に気を付けて毅然としていれば、迷惑な閲覧者はあまり入ってこないものです。サイトをやっていて嫌な目にばかり遭うという管理人さんは、申し訳ないけど本人にも原因があると思います。

ですが、私も数年に1度は「こいつどうしてくれよう」レベルの人を華麗に成敗してました。
同人活動を通して、私の管理人スキルはかなり鍛えられたと思っています。

絵は全っ然上手くならなかったんだけど、おかしいですね!( ゚д゚)

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする