磁気刺激治療(TMS)体験記その7/治療を終えて、あらためて同人活動していた頃のことを振り返る

治療30回目が終了しました。これで、予定していた治療がすべて終わりました。TMSは、30~40回くらいの治療で約8割の方が大きく改善すると言われていますが、20回を越えた時点で明らかに調子が良くなっていったので、最後の30回目はとても穏やかな気持ちで受けました。

私は追加の治療は申し込まなかったので、とりあえずこれで終了です。

とは言え、うつの治療は「これで終わり」と線引きをすることが難しいため、30回やったからこれで完治したというのも少し違うかもしれません。まだ不安を感じる人は、追加の治療を申し込む場合もあります。私はもう大丈夫と判断し、30回で終わることにしました。

うつ状態になる原因は人それぞれいろいろあるでしょうが、私の場合は「SNS疲れがきっかけで23年間もやっていた同人活動への情熱を失って心が空っぽになったこと」です。
これまで楽しいと思ってやってきたことが楽しくなくなり、作品を作る気力が100分の1くらいになってしまったことで、自分の人生自体の価値も危うくなりました。

特に同人関係のツイッター疲れは、私以外にも多くの被害者がいると思われます。
そのことについては、以下の記事でも語っています。

同人の交流にツイッターが使われるようになってから、同人の世界の空気は大きく変わったような気がします…と言いたいところだけど、オフラインしか無かった時代にネットが登場した時も、それくらいの変化はあったか...

私と同じような経緯で心療内科に通うハメになった人は、他にも必ずいるはずです。
そんな人たちの多くは、それを誰かに語ることもなく、黙って同人の世界から去っていったはずなのです。なので、実際に治療を受けた私が今どんな気分かを、ここで語ります。

まず、TMSの効果ですが、私には確実に効果がありました。
私を取り巻く環境は変わらなくても、私の気分や考え方は変わりました。だからもう、死にたいとは思いません。とりあえずは死なないでおこうと思えるようになりました。

そして、ツイッターで大嫌いになった人や物については、2013年にツイッターをやめて5年が経った今になってやっと、恨む気持ちを無くすことができました。

私はツイッターをやめたあとも、辛かった思い出をなかなか忘れることができず、よせばいいのに以前に交流していた人のアカウントを見に行ったりしていました。
そこで、相変わらず気に障ることを呟いている過去の交流相手を見て「このやろう」という気持ちを強め、すでに縁が切れている相手のことをいつまでも気にしていました。

これは冷静に考えれば本当に無意味で愚かな行為ですが、同人をやっていて嫌なことを経験した人になら、おそらく分かってもらえると…思い…ます(・∀・)
ツイッターをやめてからも数年間、それでずっと苦しんでいましたが、やがて苦しむことにも疲れてきた頃、とてつもない虚無感が私を襲いました。

もう同人を続けたいとは思わないし、今さら他の趣味が見つかるとも思えない。
見つかったとしても、もう同じ趣味の人と交流したいとは思えない。
誰かと楽しさを分かち合うのは不可能だし、本当に心から楽しむことももうできない。

そんな結論に至った時から、死にたいと考えるようになりました。それをまぎらわすために、このブログを始めたりしましたが、結局は心療内科のお世話になりました。
治療のおかげで、嫌な思い出を過去のものと片付けられるようになりました。
ですが「誰かと楽しさを分かち合うのは不可能」という気持ちは、今も変わりません。

オタク趣味自体については、今もアニメやゲームを面白いと思う気持ちはあるものの、やはり心に何かが引っかかって、昔ほど手放しで夢中になれないのがツライです。

同人をやっていた頃の嫌な思い出を気にしなくなったのはいいけど、それに伴って自分はオタクだというアイデンティティも薄くなってしまった感じです。
苦しんでいたのは大事なことだと思っていたからで、それがどうでも良くなったら、自分の好きな作品やキャラのこともどうでも良くなってしまったのかもしれません。

もしかしたら、私にはまだ治療が必要なのかもしれません。
でも、ここから先はやはり自分でなんとかしないとという気持ちがあります。

ともかく、限られた人生の中で「うつの治療をする」という体験をしたことは、自分の人生経験にプラスになったと思っています。なので、ブログにもこうして記録しておきます。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    オタク活動に力が入らなくなってアイデンティティがなくなったように思える感覚がなんとなくわかるな…と思いながら読ませていただきました(自分もツイッターで精神が消耗した人の一人だったので)。
    TMSの治療ではなかったのですが、自分に場合はたまたまカウンセリングで、おたくごとに限らず今まで大分偏った考えをしてたんだなと気付くことができるようになってきたため(以前に交流していた人のアカウントを見に行くなども同じでした…!)、同人というか同人仲間に依存がなくなってきました。
    そのかわり今まで熱中していたものって、熱の大半がフラストレーションを発散するためだったんだな…と気づいてから、手放しで夢中になれなくなった、昔みたいに夢中になれないのが寂しいというのが似ているな…と記事を見て感じました。こればっかりは人にどうにかしてもらえる問題じゃないのですが、似た境遇の方のお話が見れてひとりじゃないんだよなと元気を貰っています。

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名さん
    こんにちは。単に年齢の問題で、趣味への情熱が落ち着いてくることもあるとは思いますが、ツイッターが私の同人寿命を縮めたのは間違いありません。
    あれが無ければ、いずれは落ち着くとしても、もっと長く楽しめていたはずです。

    私はTMSと並行してカウンセリングも受けましたが、匿名さんと同じように、オタク趣味と関係ない部分でも偏った考え方をしていたことに気付きました。
    考え方を急に変えるのは難しいですし、同人をやめて治療を決意して治療を終えるまで、とても長い時間がかかりましたが、私も昔の同人仲間への執着を捨てることができました。

    それと同時に、私が同人をしていたのは純粋に楽しいからだけでなく、作品への反応をもらうことで承認欲求を満たしていた部分もあったのかもしれないと気付いてしまいました。
    今はその承認欲求すら湧き起こらないため、作品を作る意欲も無くなってしまいました。
    これに気付いてしまったことが一番キツかったけど、同じような人はいるはずです。

    本当に、ここから先は自分でなんとかするしか無いのですよね…今は同人にも、同人以外のものにも、心から夢中にはなれない状態ですが、いつか良いこともあると信じて、ブログはできるだけ楽しく読んでもらえる文章を書きたいと思っています。

  3. 通りすがり より:

    いつも楽しく見させて貰っています。
    私もTwitterなどのSNSをやめたのに
    嫌なものを見に行きイライラしている一人です。
    自分でも無意味というのはどこかで感じてはいたのですが
    この記事を見てやっと納得できました。
    嫌な作品や嫌な人を簡単に見に行く事ができてしまうのは不便ですよね。
    まだ自分にはpixiv等で増幅してしまった承認欲求があり苦しいのですが
    いずれ落ち着くのかなと思えて少し明るい気持ちになりました。

  4. ヒロコ1号 より:

    >通りすがりさん
    こんにちは。SNSをやめるのも、やめたあと見に行くのをやめるのも、なかなかできなくて大変な思いをしていましたが、やっと何とかなったという感じです。
    同人や交流に対する思い入れが強かった人ほど、簡単に割り切るのは難しいと思います。

    気にならなくなれば、すぐ見に行ける場所であっても見ないようにすることができます。
    でも、気になるうちは仕方がないので、私も長い間苦しんでいました。

    承認欲求についても、これまで長く活動していたり、反応をもらうことを生きがいのように感じていた場合は、解放されるまでに時間がかかるかもしれません。
    承認欲求はSNSが登場する前からあったものですが、SNSのせいで深く拗らせる人が増えました。落ち着くまでは苦しいと思いますが、いつか時間が解決してくれると思います。