同人活動の思い出/同人サイトのダミーエンターは昔のちょっとアレな風習

サイトの入口って、普通は「入口」「ENTER」みたいな文字やボタンがあって、それを押せば中に入れますが、昔の同人サイトの中には、それでは入れない所もありました。

最初に長文の注意書きがあり、その下にいかにも入口らしきリンクがあるけど、そこで注意書きを読まずにリンクを押すと「Yahoo!」などの検索サイトに飛ばされたり「注意書き読めよ!」と怒られるページに飛ばされたりします。
そして本当の入口は、他の分かりにくい場所(注意書きを全部読めば分かる)にあるのです。

これを「ダミーエンター」と言い、昔の同人サイトではそこそこ見かけました。

注意書きは「〇〇(ジャンル名)の同人作品です」「男性キャラ同士の恋愛描写があります」「イヤな人は見ないでください」などのお決まりのものに加えて、入口のヒントが書いてあり、これをきちんと読んだ人だけがサイトに入れる仕組みでした。

昔は、二次創作というのは「同人を知らない人に間違って見られてはいけないもの」という認識でしたので、WEB上にあるサイトとは言え、同志以外はそう簡単には入ってこられないようにしていました。ダミーエンターも、その対策のひとつでした。

そういう「一般人避け」のためにするのなら分かるけど、中には「私の作品はそう簡単には拝ませないぜ」的な上から目線でダミーエンターにする人もいました。
まあ、そういうことをする人ほど、作品はたいしたことな(以下略)

あと、注意書きを読まずにリンクを押して「注意書き読めよ!」と怒られるページに飛ばされた時に、そこに書いてある罵詈雑言がものすごいサイトもありました。見に来た人の心を完全に折るレベルの罵倒の数々は、いっそ清々しかったです。注意書きを読んで欲しいと言うよりも、人を罵倒するのが楽しくてやっているのではないかと思うほどでした。

昔は、ダミーエンターの注意書き以外にも、通販や掲示板などのマナーについて怖いくらいうるさい人というのが、一定数存在していました。今の時代はSNSが無法地帯すぎて、マナーの話なんて誰も耳を傾けなくなったので、そんな人もあまり見かけなくなりました。
良かったのか悪かったのか、かなり複雑な気分です。

私自身は、確かに同人を知らない人に同人サイトを見られるのはイヤでしたが、ダミーエンターに対しては「やりすぎ」「感じの悪いもの」というイメージを持っています。

見に来た人が引っかかっても引っかからなくても、サイトに対する印象は悪くなるだろうと思うから、自分のサイトの入口をダミーエンターにしたことは一度もありません。
同人サイト特有の注意書きはしてますが、普通に分かりやすい入口にしてます。

それに今は、そこまで必死に一般人を避けなければいけない空気でもないので、昔のような「絶対に見られてはいけない!」という意識も薄くなってきました。これは良い悪いの問題ではなく、今はそういう時代なのです。ダミーエンターも過去の遺物となりました。
今サイトをやってる人は、誰もそんな事してないだろうし…してないよね?(・∀・)

皮肉にも、サイトを持つ人が減ったおかげで、同人サイト界隈はとても平和になりました。
めんどくさい人やウザイ人は、みんなSNSに流れていきました。
だから個人的には、今だからこそサイトを作ろう!と言いたいです。
承認欲求のために作品を作っているのでなければ、サイトのほうがオススメできます。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする