同人活動の思い出/同人イベントデビュー(一般参加)の思い出

私が初めて同人イベントを体験したのは、高校1年の夏でした。

私の母校には、いわゆる「漫研」という名称のクラブは無かったのですが、代わりに「アニメーション部」というのがありました。活動内容は同じようなものです。
経緯はまったく覚えてないけど、同じ部の友人のお姉さんに、イベントに連れて行ってもらうことになったのです。私と友人とお姉さんと他の部員数名で行きました。

この写真はインテックス大阪ですが、当時(1992年)はまだインテックス大阪では同人イベントは開催されておらず、関西の大規模なイベントは神戸国際展示場で行われていました。
スペース数は3000ほどで東京のコミケに比べれば小さなものですが、初めて参加する私にとってはかなり大規模なものに感じられました。

今になって告白しますが、最初にイベントに行こうと誘われた時、私は内容をよく分かっていませんでした。私は中学生の頃からオリジナル漫画を雑誌に投稿していましたが、二次創作のことは知らなかったので、同人誌というものが何なのか理解できていなかったのです。

今考えてみれば、何なのか分からないもののためによく大阪から神戸まで付いて行ったものです。

連れて行ってくれたお姉さんからは、朝早くから長時間待つことや暑さ対策などを事前に説明してもらいましたが、そこで何が売られているかは私には分かりませんでした。
並んでいる時にパンフレットも見たけど、やはりよく分かりません。

他の人も、最初はこんな感じだったのでしょうか?
どれほどディープな同人者でも、最初は何もかもが初めてだったはずです。
特に昔はネットが無かったので、自分で調べて行くのは難しかったと思います。
知り合いに連れてこられたというパターンがほとんどではないでしょうか?

会場に入ってみると、なにやら本屋で売っているのとは違う感じの薄い本がたくさんあります。
私が知っている漫画のキャラが描かれてるけど、公式とは違う絵柄です。
初めて見た時は、ちょっと不思議な感じがしました。
けど、読んでみたらなんとなくフィーリングで理解しました。

…理解したのかよ!って感じですが、オタクだからね、仕方無いね(・ω・)

実際のところ、二次創作を受け入れる耐性が無い人は、同人誌を見てもまったく理解できないと思います。特にBLは、無理な人が見るとトラウマになりますが、私は初めて見た時から平気でした。

これ以降、私はどんどん二次創作にハマっていきました。最初は他の人の本を買うだけでしたが、すぐに自分でも描くようになり、その後いろいろあって描かなくなり、今に至ります。
もしイベントに付いて行かなかったとしても、アニメーション部の部室には同人誌や商業アンソロも置いてあったので、そこで二次創作を知ることになるのは時間の問題でした。

今は事前にネットで情報を集めることができるので、同人との出会い方も昔とは違うと思います。
それでも、楽しいことを見つけたというワクワク感は、今も昔も同じではないでしょうか?
うっかりハマってしまった人は、最期まで楽しめるといいですね。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする