大変!自分の絵が変なのは分かってるけど直し方が分からないの!

今回は「絵を描いている人あるある」な話をしたいと思います。
正確には「絵がヘタな人あるある」かもしれませんが…

絵がヘタな人というのは、自分の絵のデッサンが狂っていたり見た目のバランスが悪いことに自分で気付かないまま絵を発表してしまいがちです。
同人活動していた頃は、なぜか技術レベルが低い人ほど「今回は上手く描けました!」などと言っているのをよく見かけましたが、客観的に見ればいつもと同じヘタクソです。

ですが、中には「自分の絵がなんだか変なのは分かってるけど、直し方が分からないのでそのまま出すしかない(´・ω・`)」という、別の意味で悲しいパターンもあります。

私自身も、描いてはみたもののバランスがおかしい…でも、どこをどう描き直せば良くなるのか分からない…と悩みながら、とりあえず発表した絵がたくさんあります。
今回はその中の1枚を引っ張り出してきました。

たぶん2009年頃に描いた「ジュエルペット」の初代アニメの姫野リリカちゃんです。

私の自己分析では、この絵があまり可愛く見えないのは、顔のバランスに比べて胴や腕が長すぎるせいだと思うのです。身体をもっと縮めれば良さそうだけど、縮めすぎても変になりそうです。
影がおかしいのはいつものことです。いろいろ考えてみたものの、結局きちんと描き直す気力が湧かなかったので、仕方なくこのままSNSに投下した思い出があります。

左右反転すると、歪みがあることがさらにハッキリします。

左右反転して歪んでいるということは、実は反転しなくても歪んでいるのです。
私のこれまでの経験だと、めちゃくちゃ上手い人の絵は左右反転しても美しいままです。

自分で「ここをこう描き直せばマシになる」と分かっていて、その描き直しが自分の技術でも可能であれば、修正しようとも思えます。でも、自分で修正するのは不可能そうだったり、そもそもどこをどう直せばいいのか分からない場合は、どうすることもできません。

なので、見ている人達が「こいつの絵のここが変だなあ、自分で気付かないのかなあ」と呆れている中で、本人は「分かっとるわ!でも直し方は分からんのじゃ!」と悔しがっているパターンも、実はかなり多いのではないかと思われます。

変なまま発表された絵は、描いた本人が気付かなければそのままですし、気付いていても直せなければそのままです。それでも、完璧に上手く描けるまで発表しないでいたら、永遠に発表できなくなってしまうので、ある程度の妥協は必要というのが個人的な考えです

私は昔から、そんな感じで自分の絵を強引に外に出してきました。
上手い人には理解不能かもしれませんが、自分の絵はまだまだだと思いながらも描き続けている人には、共感してもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする