「徹夜で漫画を描く」ことに憧れて、死にそうになった思い出

みなさんは、徹夜で漫画の原稿を描いたことはありますか?
漫画の原稿じゃなくても、徹夜をしたことはありますか?
私は若い頃に1度だけあります。死ぬかと思ったのでもう2度としません。

私は何をするにも期限を守るタイプなので、同人誌を作る時も、かならず締め切りの2週間前には原稿を仕上げていました。なので「どうしても間に合わないから徹夜をする」という状況になったことは1度もありません。ですが、若い頃の私は「徹夜で原稿を描くなんて、売れっ子作家みたいでカッコイイ!」と、徹夜に憧れを持っていたのです。

今考えればアホとしか言いようが無いし、本当にやむを得ず徹夜をしている人にも失礼すぎるのですが、当時の私はそんなの知ったことではありませんでした。

そんなわけで、徹夜をする必要が無いのに、わざと徹夜をしてみたことがあります。
家族にも「徹夜で原稿を描くという体験をしてみたい!」と、アホ丸出しな宣言をして、本当に朝まで一睡もせず、コーヒーを飲みながら原稿を描きました。

ちなみに、私はコーヒーはあまり好きではありません。
「作家が徹夜をする時と言えばコーヒー!」みたいな、安易なテンプレに従ったまでです。
お世辞にも美味しいとは言えないインスタントのブラックコーヒーを飲みながら「コーヒーを飲んで徹夜で原稿を描く私カッコイイ!」という血迷ったテンションで、私は徹夜を開始しました。

夜更かしに慣れている人は平気かもしれませんが、規則正しい生活を送っている私にとっては、夜中の1時以降まで起きているのはなかなか厳しかったです。それでも「コーヒーを飲めば大丈夫」というノリで、家族が寝静まったあとも原稿を描き続けました。

自分で自分の体調を観察して分かったことは、深夜4時くらいになると、それまで眠かったのに急にハイになって、逆にいつまでも起きていられるような気分になることです。
これはとても不思議な感覚で、原稿も捗っているような錯覚に陥るのですが、このまま朝8時くらいまで起きていると、猛烈な頭痛とめまいと吐き気が襲ってきました。

それ以降は完全にグロッキー状態になり、死ぬほど後悔しました。
これまでの人生の中で、一番後悔したことはコレではないかと思うくらいです。

結局、徹夜をして原稿はいつもより早く仕上がったでしょうか?
そして、徹夜をした私はカッコ良かったでしょうか?

…そんなわけねーだろ!!!( ゚д゚)

どう考えても、普通に昼間に原稿を描いたほうが効率は良かったです。
いつも締め切り前に徹夜自慢してるヤツらは本当にこれが良いと思ってるのか!?という大きな疑問を残したまま、私の徹夜チャレンジは幕を閉じました。原稿は計画的に!

ただ、それでも、私が小学生の頃から「売れっ子作家は徹夜をするもの」というイメージは依然としてあります。私の絵が上手くならなかったのは、徹夜をしなかったからではないか?という思いも無きにしもあらずです。実際はどうなのでしょうか?情報求む(・∀・)

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする