ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信

「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」を見てきました。
開催会場と期間は以下の通りです。

2018年4月24日(火)~6月24日(日) あべのハルカス美術館

浮世絵と言えば日本のもののはずですが、鈴木春信の作品の8割以上は海外のボストン美術館で所蔵されていて、日本国内で作品を見られる機会は非常に限られているそうです。
今回の展覧会では、木版画でも世界で1枚しか現存していないものや、ボストン美術館に収蔵されて以来初めて日本に里帰りする作品もあり、大変レアなものが見られました。

その中でも驚いたのは、春信初期の作品「見立三夕」です。
夕暮れを題材にした3首の和歌「三夕」を詠んだ歌人、定家、寂蓮、西行が美女に置き換えられて描かれています。なぜ美女に置き換えたのか?オッサンは描きたくなかったのでしょうか?

これ、私がよく知ってるヤツです。ナマモノ女体化年齢操作二次創作ってヤツです。
実在の人物(オッサン)の美女化とか、現代の同人作品の中でもわりと高度なヤツです。
こういうのを見ると、日本人のオタク気質は昔からあったものなのだなと実感します。

春信は他にも歴史上の人物(男)を美女に置き換えた「見立絵」を制作しています。
「女体化パロ」と言うと俗っぽいけど「見立絵」と言うとカッコイイかもしれません。

そのほかにも、江戸の日常の風景を描いたり、江戸に実在する美人を描いて大衆の人気を得たそうですが、その実在の美人の名前や住所が公開されているのは大丈夫だったのでしょうか?
江戸時代には個人情報保護の概念は無かったのでしょうか?(・∀・)
モデルの娘さんたち本人は、自分の姿絵を拡散されることをどう思っていたのでしょうか?

錦絵とは、それまでは色数の少ない版画しか無かったところに、武家や裕福な商人の間で流行した絵暦交換会をきっかけに、多色摺木版画技法が発達して誕生したものです。
採算を考えずに作られたカラフルな絵暦は、紙も絵の具も上質なものを使っていて豪華です。

ですが、春信の時代の錦絵で使われていた絵の具は、植物から作られたもので光によって退色してしまいます。今残っている絵は、制作された当時より絵の具が退色している状態であり、実際はもっと色鮮やかだったと思われますが、それでも充分美しい色彩でした。

そういう理由もあり、ボストン美術館が所蔵する浮世絵版画の多くは、なるべく光に当てないために長く展示されることがありませんでした。今後も良い状態で保存するため、この展覧会の前後各5年、合計10年間、ボストン美術館でも展示しない予定だそうです。

なので、今回見られるのは本当に貴重な機会なのです。ボストン美術館の方々が、日本人よりも熱心に春信の作品を保管してくれているのも印象的でした。
その時代ならではな絵も良いけど、昔の絵なのに現代的というか、さらに未来に生きてる感じがするものは、見ていて楽しいです。江戸時代はわりとそういうのが多いですね。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする