同人活動の思い出/ヲチによる大量アクセスなんてのも、今となっては昔の話?

自分のサイトやブログのアクセス数が、ある日突然増えたらどう思いますか?
同人関係以外のサイトやブログなら「バズった!」と喜ぶのかもしれません。
でも同人関係だったら、まずは「どこかに晒されたのでは?」と心配します。

私は同人をやめて初めて、同人関係以外のサイトやブログも見るようになりましたが、文化の違いに驚いています。同人サイトとそれ以外のサイトの常識は全然違うようです。

WEBで公開しているからには誰かに見てもらえたほうが良いけど、それでも、自分のサイトやブログへのアクセスが、すべて好意的なものとは限らないのがこの世の中です。
じゃあ「好意的ではないアクセスって何?」という話をしますと、ちょっと昔に遡ります。

今はSNSが中心で、個人サイトのアクセス数がどうこうという話はあまり聞かなくなりました。
でも、SNSが出てくる以前の同人サイトでは、大手でもないのに分不相応にアクセス数が多いところは、だいたいヲチ対象になっていることが多かったです。

「ヲチ」とは「ウォッチ」のことで「ネットウォッチング」という行為です。
見ていて痛々しいサイトを晒して、みんなで嘲笑しながら眺めるのです。
5ちゃんねる(旧・2ちゃんねる)にも、それ専用の場所があります。

同人サイトの場合は、通販詐欺やトレパクなどの悪質な行為をしていたり、行き過ぎたキャラ叩きをしたり、ヘタクソのくせに何故か自信満々だったりすると晒されやすいです。

詐欺などの犯罪行為はもちろんのこと、そのキャラが好きな人も見に来る可能性のあるサイトでキャラを叩くのも、自分の実力を客観的に判断できないのも、すべて「人の気持ちを考えられない」「空気を読めてない」ということで、見ている人に不快感を与えます。
ヲチをする人(ヲチャー)は、その不快感がクセになってサイトに通うのです。

それは、バカな人を見て「こいつバカだなあ」と見下すのが楽しいという心理かもしれません。
非オタクの人にも分かりやすく言うと、怖いのにホラー映画を見たがったり、ジェットコースターに乗りたがる心理に近いでしょうか?嫌なのに気になる!みたいな?

私も昔は、本当に好きなサイトは心から更新を楽しみにして通い、ヲチ対象のサイトは「こいつ今日はどんな失言をしてるんだろう?」とニヤニヤしながら通っていました。

ただし、そこで「そんなこと書かないほうがいいよ」と本人に注意してはいけません。
そうしたらサイトが無くなってしまうかもしれないので、ヲチを楽しめなくなります。
本人には気付かれないまま痛い言動を続けてもらって、長く楽しむのがコツです。

…こうやって文章で説明したのは初めてですが、本当に悪趣味な行為ですね(・∀・)
でも確かにこういう世界は存在するのです。私も自業自得でヲチられた思い出があります。

この話もいつか書こうと思っていたのですが、そんな矢先に大変なことが起こりました。 2017年10月から「2ちゃんねる」が「5ちゃんねる」に変わりました!( ゚д゚) またひとつの時代が過ぎ去ったの...

この件で晒されていた間、私のサイトのカウンターは物凄い勢いで回り続けていました。
それで「わーい、アクセスがたくさんだ!」と喜べますか?
炎上商法が好きならそれもいいですし、狙って炎上させられるならそれも才能ですが。

ちなみに「うちのアクセス、大多数がヲチなんじゃないの~?(・∀・)」なんて、自分から笑って言うような人は、全然そんなことなくて本当に人気がある人だったりします。

ヲチられる人は、自分がなぜヲチられているのか理解できないことが多いし、晒されていると気付いたら被害者面ばかりして、自分のダメだったところは認めようとしません。
自分を客観的に見られないのです。そしてさらにヲチが盛り上がるという仕組みです。

でも、SNSが出てきてからは、どこもかしこも痛いヤツばかりで「特にこの人が」とあげつらうのが逆に難しくなったように思います。だから昔と比べてヲチは衰退したと考えているのですが、実際はどうなのでしょうか?もう老人だから今のことは分かりません。

今回も、現役時代だったら絶対できない話をしました。同人経験者なら、この話題にまったく覚えが無いなんて言わせないぜ!いや、本当に覚えが無い純粋な人もいるかもだけど。

今の私はと言うと、もうヲチは不毛だなあと思っているので、見に行くのは本当に好きなサイトやブログだけです。不快な所はヲチなんてせずに、見なかったことにして閉じる!
これが一番良かったんや…(・∀・)気付くのに20年以上かかってしまったけど。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. bell より:

    こんばんは (*゚▽゚)ノ
    ヲチ勢とか懐かしいですねw
    昔々わたしが出入りしていたサイトも専属のウォッチャーが居ました。
    今時は「嫌なら見るな」が定着したように思いますが、ただ単に主戦場がSNSに移っただけかもしれませんね。(そして、そのレベルの低いこと)
    当時を知っている世代からすれば、なんだか複雑な心境です。

  2. ヒロコ1号 より:

    >bellさん
    いらっしゃいませ!コメントありがとうございます!(・∀・)
    昔はハマっているジャンルの好きなサイトをチェックすると同時に、普通にヲチスレにも出入りしていました。誰も表向きには言わないけど、そういう人も多かったと思います。

    「嫌なら見るな」は、好きで執着しているジャンルに関することほど、実行するのが難しいので、なかなか定着はしないと思います。みんなこれができれば平和なんですけどね。

    ただ、今のSNSでの炎上は、そういう「愛ゆえに」という信念も感じられず、騒いでいる人の大多数は、何も考えず周りに合わせているだけのように見受けられます。昔はヲチにも流儀というものがあったのに、嘆かわしいです(←なんかヲチが良いことみたいに言ってる!)