同人活動の思い出/サークル同士で本を交換することについて

先日、ふと思い立って検索したら、こんな記事を発見しました。
タイトルだけで内容は分かるけど、興味のある方はリンク先も読んでみてください。

【炎上】同人作家「コミケでサークル同士での挨拶で新刊交換は当たり前!それなのに新刊渡しても何も渡さない失礼なサークルがあった」 | やらおん!

同人作家「隣のサークルで本を渡してくるのはマジ迷惑。得るものは何もないし、ジャマだから駅で捨ててる」 | やらおん!

話題になってる作家さんは、ツイッターさえやってなければ(つい余計なことを言ってしまうツールさえ与えられなければ)こんなに叩かれることも無かったのに、残念ですね。
あまり他人の話題に乗っかるのはどうかとも思うけど、私が見聞きしたことで気になることがあれば、ブログに書こうと考えてます。引退者の特権です。今回は本の交換についての話です。

私は主に女性向ジャンルにいた人間なので、男性向とはまた事情が違いますが、一応1992年から2015年(正確には2016年1月)まで、同人イベントというものを体験してきました。
今はもう行ってないからなー(´・ω・`)また何か変わってるのかな?

本の交換と言っても、最初から「交換しましょう」と持ちかけることは稀で、たいていは片方が「これよかったらどうぞ」と本を渡し、もらったほうも「それなら私の本もどうぞ」とお返しをするという感じです。昔はよくありましたが、最近は減ってるかもしれません。

もちろん、交換は義務ではないので、相手から本を渡してきても、こちらは渡さないという選択もできます。それで文句を言う相手なら交流しなくて正解でしょう。
本を渡す行為に深い意味は無く、挨拶代わりのようなものだと思っていましたが、もし相手の本をお返しにもらうことが目的で渡しているとしたら、なかなかドン引きです。

交換をしたくない人の理由としては、以下のようなことが考えられます。

1.自分の本と相手の本の値段に差がある。
2.ちょうど売り切れる程の部数しかないので、サークル同士で交換する余裕は無い。
3.内容が解釈違いだったり好みに合わない人の本は、もらっても読めない。

1は、私は別に気にしたことないかなあ…と思ったけど、見るからに装丁に差があると気になるかもしれませんね。16ページのコピー本と120ページのオフ本とかだと、前者が後者に交換を持ちかけたら、たしかに嫌がらせ案件です。

2は、昔みたいに「少部数印刷ができなくて、小手サークルでも強制的に最低100部は刷らなければならない」状況だと、どうせこんなに売れないしな…と思って近隣のサークルさん達に配ったりする人もいました。でも今の印刷屋は、部数が細かく調整できるので、その本が本当に欲しい人に無駄なく行き渡らせたいと考える人が多いと思います。

3は、おそらく一番重要な問題です。昔は、同じジャンルやカップリングの本であれば「一応もらっておこうかな」と思えたし、交換にも抵抗は無かったけど、今は「同担拒否」という概念もあるのです。何が相手の地雷になるか分からないし、逆もまた然りです。

ここまで書いてみて、やはり昔と今では環境も人の意識も違っていて、サークル同士で本を交換することに対するイメージも全然違いますね。だいたい10年以上同じ世界にいると「あれ?昔となんか違う?」と感じることがどうしても出てきます。

引退するなら別にいいけど、今後も続けるつもりなら、その変化も受け入れないと嫌われるでしょうね。本を無理やり配ってくるババアうざいとか思われないようにしたいですね。

ただ、その場の流れであまり欲しくない本をもらってしまった時でも、捨てるのはもったいないと思います。黙って中古ショップに横流しすれば万事解決です。多分バレません。
流行ジャンルの新刊なら、多少クオリティが低くても買取金額は高めですよ(・ω・)

私自身は、自分から本を渡したことは殆ど無いけど、相手からもらった時は必ず自分の本も渡してました。昔は、サイトで知り合った同カプの人にイベントで直接会えたりしたら、喜びのあまり「これどうぞー!」みたいなノリで本の交換をしたこともありましたが、2010年頃からは、知り合いでも本はきちんと買うという空気になってきた気がします。

昭和生まれのおばちゃんとしては、少し寂しいような、仕方ないような気分です。

私は、本の交換に関してはイヤな思い出が無いからそう感じるのでしょうけど、いろいろとトラウマがある人もいると思います。ただ、もらった本だろうが買った本だろうが、ジャンル移動などで不要になれば、全部中古ショップ行きですけどね。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする