同人活動の思い出/同人ツイッターの劇的ビフォーアフター

同人の交流にツイッターが使われるようになってから、同人の世界の空気は大きく変わったような気がします…と言いたいところだけど、オフラインしか無かった時代にネットが登場した時も、それくらいの変化はあったかもしれません。ただ、私が個人的に、同人サイトの運営は楽しかったけど同人ツイッターには恨みしかないだけで。

それでも、ツイッターというツールそのものが悪いわけではありません。
実際、アカウントを持っていてもほとんど浮上しない同人作家さんは穏やかなものです。
使わなければどうということは無い!(・∀・)

政治家や芸能人なら、活動の一環としてやるのもいいと思います。
何も考えずに変なことを書いてしまったら、あっという間に炎上しますけどね!
作家や絵師にはオススメできません。ツイッターを見て嫌いになった人が多すぎるから。

企業など公式関係だけをフォローして、情報収集にのみ使うのも良いでしょう。
公式アカウントも中の人が無能だと、変なことを書いてしまって炎上しますけどね!

このように、人の世はすべて火宅だということを教えてくれるツイッターですが、私が同人の交流のためにツイッターを利用していた期間は2009年秋から2013年春まででした。今思えばなぜこんなに長く続けてしまったのか…いい事があるとでも思ったの?アホなの?

私の敗因は深入りしすぎた(積極的に交流したいと思ってしまった)ことです。

気付くのが遅すぎましたが、ツイッターは、オタクのように「絶対に譲れない大好きなものがある人」には雑音が多すぎるのです。好きなキャラやカプを検索すれば「〇〇嫌い」という呟きも一緒に出てきます。ミュートやブロックをしても、何故かすり抜けて目に入ってきます。作品が好きでフォローした人が人間的にクズすぎて絶望したりします。

これのせいで好きなものを嫌いになることはあっても、逆は絶対にあり得ません。

あと、これは同人関係なく一般的な話だけど、人からどう思われるかを考えずに呟いて、余計な恨みを買ってる人が多いですね。未成年の犯罪自慢などもヒドイものです。
私もかなり無茶苦茶書いてるけど、今回の記事は、ツイッターが嫌になってやめた人や、使いながらもモヤモヤしてる人には、ある程度共感してもらえると確信して書いてます。

とにかく、昔は同じジャンルの人には誠実に対応しようと心がけていましたが、2009年から2013年までツイッターで交流したせいで周囲の人たちが大嫌いになり、私の心境は劇的に変化しました。
すべて、余計なものを見すぎて人を信用できなくなった結果です。

ビフォー「マイナーなカプだけどそれもいいと思いますよ!」
↓(2009年から2013年までツイッターで交流)
アフター「お前本当に原作読んでる?無いわー!」

ビフォー「新しいジャンルに行ってもがんばってくださいね!」
↓(2009年から2013年までツイッターで交流)
アフター「そのジャンル全然興味ないからお前もういいわ!」

ビフォー「流行の絵柄でセンスがいいですね!」
↓(2009年から2013年までツイッターで交流)
アフター「お前が死んでも代わりがいそうな絵柄ですね!」

アフターの私はもう、交流の輪に戻してはいけません。コンクリ詰めにして海に捨てないといけないヤツです。これからツイッターを始めて交流しようとしている人は、どうかこうならないようにご注意ください。少しでもストレスを感じたら早めに退会してください。

オタク系のアカウントでよく「アカウント作り直そうかな」とか「愚痴用アカウント作ろうかな」とか「フォロー整理します」とか「鍵かけます」とか言ってる人たち、そんな言葉が出てくる時点でツイッターを使うのに失敗してるんだよ!気付けよ!何度やり直しても結果は同じだから!決して快適にはならないから!ラクになりたければやめるしかないんだ!

せっかく同じジャンルの人と知り合えたのに、すぐに切り捨てられないとか思わなくても大丈夫です。それはジャンル仲間ではなく、ただの気の合わない他人です(・ω・)

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むら より:

    コメント何度も失礼します。今回の記事も本当にその通りだなと共感してしまいました。
    自分がTwitterを始めたのも丁度2009年秋からでした。そのあと、数年ツールを使っていて、下の方に書かれている「使うのに失敗している人たち」のように、違和感を感じてアカウントを作り直す、愚痴用アカを作るという行為をしてしまいました。(それらを併用して1年ほどは続けていました)その時に「自分はSNSでストレスを感じている=合わない」ということに気づいていれば良かったなと心底思います。

    それを考えられる頭がなかった自分が馬鹿すぎたと今は反省していますが(自分が動かないことで降り掛かってきているストレスを、自分のせいではなく周りのせいにしてたってことですからね…)、好みからずれた場所にいるのに、多数派の正義といいますか、自分は多数の人が好んで使っているツールを利用しているから、違和感があっても間違っていない、みたいな弱さもあったな…と実感しています。今考えると多数=正しいというマインドコントロールをされていたような気分です。

    長く続けてしまったとありますが、弱さで作ったドツボにはまる逃げ道に頼らず、気づいた時に撤退されたヒロコ1号さんは自分より何倍も賢い方だなと感じます。
    交流は悪いことではないと感じる気持ちは昔とあまりかわっていませんが、距離感がまったくない、土足OKな場所でうまく立ち回れるほどの能力は自分にはないなと感じていて、今では無法地帯に見えるTwitterには近づけません。

    考えさせられることばかりで、いつも気持ちをリフレッシュさせていただいています。これからもブログの更新楽しみにしております。

  2. ヒロコ1号 より:

    >むらさん
    2009年頃って、ちょうどツイッターに同人者が増えてきた時期だと思います。それ以前からツイッターはあったけど、あまりああいう使われ方はしていなかった。それを言うならピクシブも、できたばかりの頃はオリジナルメインの落ち着いた場所だったと聞いています。
    人が増えて騒がしくなるとロクなことにならないのは本当ですね(・∀・)

    ツイッターはしばらく使っていると、違和感を感じてきますよね。でも、フォローを厳選すればいいのでは?とか、不快な相手はブロックすればいいのでは?とか、悪あがきばかりしてしまって、なぜか「やめる」という選択肢を選べない人が非常に多いです。
    どれだけ大量にブロックしても新しい地雷は流れてくるし、フォロー厳選と言っても、一体どのような基準で厳選すればいいのか?どれほど悩んでも違和感からは逃れられません。

    私は、作品に反応がもらえるのが楽しくてやっていた部分もあったので、ツイッターをやめると感想がもらえなくなるのではという思いがありました(完全に杞憂でした)
    でも、やめる直前は「もう感想なんてもらえなくていいからフォロワーたちと縁を切りたい」という心境だったので、充分末期でしたよ。こうなる前にやめるべきでした。

    すぐにやめられなかったもうひとつの理由は、昔の個人サイトの交流は楽しかったから…という思いもあったからです。最初から交流に興味が無い人はツイッターもしないでしょうし。
    サイト時代からの知り合いが、ツイッターでどんどん嫌な面を見せてくるのはとてもショックでした。そして、それはきっと私のほうも…と考えると、絶望しかありません。

    需要はおそらくあると踏んで「同人活動の思い出」カテゴリを作りましたが(同じ経験をしていてもブログに書こうという人はあまりいないと思うので)反応が頂けて有難いです。

  3. ムネ より:

    はじめまして、こんにちは。
    グーグル検索からたどり着いたものです。
    自分もずいぶん前にTwitterをやめた身ですが、何かモヤモヤしたものを抱えたきりでした。ブログに書かれている
    気のあわない他人という文にハッとしてやっとすっきりしました。
    悲しんでる人、悩んでる人のツイートに対して
    気づかいや大丈夫?等を思えたのは初めだけで
    Twitterで実況する余裕はあるんすねwwwwとかそんな事しか考えられなくなったりしていたので
    利用するうちにスレてしまった経験のある同人活動されている方がいると知れて少し安心しました。
    今だに同人やってるオタクならTwitterやって当然!みたいな感じですが
    本当にオタクだからこそやめておいた方が良いなとしみじみ感じます。
    通りすがり失礼しました。

  4. ヒロコ1号 より:

    >ムネさん
    こんにちは、コメントありがとうございます。
    私は、同人者がツイッターをやれば、同じ趣味の人たちと楽しく交流できると思っていましたが、この考えがそもそも間違っていると気付いた時には手遅れでした。
    フォロワーを全員仲間だと思ってしまったことを、とても後悔しています。

    実際は、悩んでいるそぶりを見せて構ってもらおうとする人(実況する余裕はある)、マウントを取ることしか考えていない人、発言が痛くて炎上してるのに「たくさんリツイートされて嬉しい」とか抜かしてる人など、同じジャンル好きとは思いたくない人ばかりでした。
    しかも、同じジャンル好きだと思って繋がっても、どうでもいい私生活アピールばかりで、実際はそんなにジャンルの話はできないので、何のためにやってるのか意味不明です。

    だから、あれは仲間ではなかったと、間違った認識を直すところから始めました。
    最初は仲良くなりたくてフォローしたので、それを認めるのは時間がかかりましたが。

    同人関係でツイッターをやめた人は、せっかく同じジャンルの人と繋がったのに仲良くできなかったことに対して落ち込む人もいるかもしれません。真面目に相手と仲良くしようとしていた人ほど絶望するツールなので、やめても気にすることは無いんですけどね。

  5. ゆきこ より:

    サイトに目を通させていただきました。
    私は同人は10代の3年ほどしか続きませんでしたが、あるあるーと共感しました。
    やはり年齢を重ねると二次元にも情熱を持てなくなりますし、萌えでつながる仲間なんて幻想から目が覚めますよね。
    楽しかったのは事実なんですが、同じテンションでは続けられないなぁと思います。
    ツイッターはまとめサイトなどでしか見ませんが、非常に攻撃的なユーザーが多く感じます。

  6. ヒロコ1号 より:

    >ゆきこさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    私は成人しても同人オタクのままだったので、きっと死ぬまでこの情熱が続くのだと思っていたのですが、とても中途半端なところで冷めてしまって困っています。

    単純に年齢のせいもあるとは思いますが、それでもツイッターが無ければもう少し続けられていた気がします。現在同人に夢中になっている人は気付きにくいかもしれませんが、おっしゃる通りツイッターは攻撃的なユーザーが多いです。他の分野は分かりませんが、同人関係で言い争っているコメントは「呟き」なんて平和なものではありません。

    言ったほうも言われたほうも心が荒んできて、好きなジャンルの話をしているはずなのにお互いにイライラして、それで本当に楽しいのか疑問です。私も現役時代は気付けませんでしたが、今はそのことについて静かに考えているところです。