同人活動の思い出/感想の返事を書くのは作品作りと同じくらい楽しかったです(過去形)

みなさんは感想をもらった時、それに対して返事をしていますか?
私自身は現役時代、もらった感想に返事をするのはとても楽しかったです。

大昔の感想は手書きの手紙でしたので、手紙をもらったらこちらも手紙で返事を書きました。
ネットが普及して個人サイトを持つようになると、サイトを更新するたびに掲示板に書き込みがあって、常連さんにも一見さんにもテンション高く返事をしていました。

web拍手が登場してからは、メッセージをもらった翌日には日記で返事をしていました。
黒歴史ですが同人用に作ったツイッターアカウント(現在退会済み)でも、漫画やネタ絵を投下して感想のリプがもらえたら、ずっと張り付いて返事をし続けていました。

私の場合、大手さんのように返事がしきれないほどの量ではなかったので、返事不要と書いている人以外には基本的に全部返事をしていました。
ネタを思いついて、作品を作って、サイトやSNSで公開して、たくさんの人から感想をもらって、それに返事を書いて、また新しいネタを思いつくという、とても幸せなサイクルでした。

明らかな荒らしはスルーし、本人に悪気は無いんだろうけど反応に困るコメントにもきちんと対応していました。私は自分では返事が上手いほうだと思っていました。
作り手の中には「感想は嬉しいけど口下手で返事ができない」とか「変なコメントに上手く対処できない」という人もいましたが、私はコメント返しに関しては画力よりも100倍自信がありました。

ただ、私がそこまで丁寧に返事をしていたのは、感想をくれる人達がみんな同じジャンルの仲間であり、作品やキャラについて楽しく語れる同士であると信じていたからです。

もちろん、純粋な気持ちで感想をくれた人もいると思いますが、ツイッターを使うようになって心がすさんでくると「自分の作品も褒めてほしいからこちらを褒めているだけ?他の人が評価しているのに便乗して私の作品を評価しているだけ?私と真逆の解釈の作品も同時に褒めているけど二重人格ですか?大丈夫?」というように、相手に対して疑心暗鬼になることが増えてきました。

最後の件に関してはおそらく、1対1で手紙を送る大昔の形式であれば、表に出る可能性がほぼ無くて良かったのだろうと思います。でも、ツイッターでは同じ画面にすべての呟きが晒されて、同じ人が相手によってコロコロと発言内容を変えているのがバレてとてつもなくキモかったです。
私は誠意ある人と好きなものを共有したかったのに、次第に人を信用できなくなりました。

そんなツイッターに嫌気がさして退会した後は、交流から離れて作品だけに集中しました。
それから同人を引退するまでの数年間にもらった感想メールは、最後の宝物になりました。

ツイッターをやめた私をわざわざ見つけて、サイトのメールフォームから送ってくれた、見知らぬ人達からの暖かい感想メールです。返信不要にチェックが入っているものばかりで返事はほとんど書けませんでしたが、本当に有難いと思っていました。

最初は交流を楽しんでいた私を最後に救ったのが、交流が無かった人達だなんて皮肉ですね。
で、今は「人生オワタ!\(・∀・)/」と言いながら元気に隠居中です。

ところで、純粋に交流がしたくて感想を送っている人は、期待していたほど丁寧な返事が返ってこなくてもガッカリしないでください。作者さんが口下手なだけかもしれませんし「感想なんかいらねーよ黙って本買え(金払え)」という主義かもしれませんのでね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする