同人活動の思い出/体力的な終わりが見える時

同人活動を長く続けていると、当然ながら自分も歳を取ってきます。

たとえ活動をやめたくなくても、徹夜ができなくなったり、目や身体が疲れやすくなってくると、生産ペースもテンションも落ちてしまいます。
個人差はありますが、誰にでも必ずやってくることです。

今だから言えますが、私は同人をやめる半年くらい前から、だんだん原稿を完成させるのが体力的に厳しくなってきていました。原稿の見た目は変わらないので、見ている人には分からなかったと思いますが、手が思うように動かなくなってきて、同じページ数を描くのに昔と比べて時間がかかるようになり、描く作業が以前よりつらくなってきたのです。

この「なんか描くのがしんどくなってきた」というのも、同人をやめた理由のひとつです。
精神的な影響もあるかもしれませんが、単純に体力が低下したせいもあると思います。

30代半ばまでは、休日をすべて使って1日中漫画を描いていても平気でした。
でも今は、絵を1枚描くための集中力が2時間持つかどうかというヤバさです。

もともと絵を描く作業自体はそこまで好きではなかったのですが、それでも私が二次創作漫画を描いていたのは「自分の解釈で考えた話を完成させるのが楽しい」とか「作品を発表して評価や感想をもらえるのが嬉しい」とか、描き上げた先に得られる喜びがあったからでした。

でも、体力が無くなってくると「自分の解釈」と言えるほどの妄想も湧いてこなくなり、評価や感想をもらえても昔ほどハイテンションで喜べなくなってしまいました。
つまり「めんどくさくても頑張って描く」動機が無くなってしまったのです。

それなら描くことを完全にやめようかとも考えましたが、他の趣味は何ひとつ続かなかったのに二次創作だけは20年以上も続いた(それ以前からも漫画や絵は描いていた)ことを思うと、なんとなく完全にやめる気にはなれませんでした。絵を描くのはめんどくさいけど、やめたらやめたで生きる気力がさらに減退しそうで恐ろしいのです。

なので、今も完全にやめるつもりは無く、描ける時は何かを描こうと思います。
昔の絵と見た目のクオリティは変わりませんが、かかっている労力は昔より大きいです。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする