同人活動の思い出/そう言えばトレパク騒動には巻き込まれた経験が無い

私は23年間同人活動をしていて「同人やってたらあるある」な嫌な出来事はだいたい経験したつもりですが、そう言えばトレパク騒動とはずっと無縁でした。

まず「トレパクって何?」という人に説明すると、文字通りトレス&パクリです。

自分では上手く描けないから、他の上手い人の絵をトレスして、自作の絵だと言って発表する行為です。アナログ時代だと、やるとしても色々面倒だったと思いますが、今はデジタルで簡単に他人の絵を保存してトレスすることが可能です。

トレス自体は絵の勉強にもなるものだけど、それはあくまで「人に見せない練習」としてやるもので、トレスした絵を自作だと言って発表するのは色々と問題があります。
ちなみに、私は練習としても他人の絵をトレスしたことはありません。

私がトレパク騒動と縁が無いまま同人活動を終えた理由は明白です。
トレパクというのは「自分では上手く描けない人が上手い人の絵をパクる」行為です。
そう考えると、私の絵をトレパクするメリットは何ひとつありません。

イベントに参加してても、私より絵がヘタな人なんてそうそう居ませんでしたからね。
周りの人もそう思ってただろうけど、私本人もそう思ってたのでご安心ください!

そして、そんなクソザコ絵師の私が、他人の絵をトレスしたりしたら、一発でバレます。
私はオンリーワンのヘタクソなので、真似されることも真似することもできないのです。

これは実はイイことなのかもしれないとポジティブに考えつつ、23年間描き続けました。
トレパクはバレると大変叩かれますし、私もそういう現場を何度も見てきましたが、自分は部外者だったので、当事者の気持ちを本当に理解できてはいなかったと思います。

ただ、昔、ピクシブを閲覧していて「この人上手い!」と思ってブクマした人が、あとでトレパクしてたと分かってガッカリした時の気持ちは、けっこう強く記憶に残っています。
悲しいことですが、流行ジャンルだとそんなに珍しい話でもないのです。

個人的に、あらかじめ「トレスです」と前置きしている商業作品のトレスパロも正直どうかと思っているのですが、あれはパロディとして面白いものもあるので難しいです。
私は昔の同人者だから、トレスパロは自分ではどうしても抵抗があってできません。
今(2018年1月)だと「ポプテピピック」ネタが多いですね。原作者がOKならOKなの?

同人作家同士のトレパクは騒がれるのに、商業作品のトレスパロをやってる人は何も言われないのがずっと不思議だし、公式画像のコラージュはそれ以前の問題です。今のSNSにはそういうものが普通に投下されていて、問題視する人がいても止められない状態です。
これでは、トレパクを悪いことだと思わない人が出てきても仕方ないと思います。

でも、私には正義感というものは無いので、そこまで必死に糾弾するつもりもありません。
無法地帯からは逃げるに限る(・∀・)というわけで、今はここで高みの見物です。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする