同人活動の思い出/カップリング二次創作に対する今の心境について

カップリング二次創作をやる目的はいろいろありますが、大きく2つに分けると「原作でも仲が良い2人を、二次創作でさらに補強する」か「原作では接点が無いか仲が悪い2人だけど、自分はお似合いだと思うから二次創作で強引にくっつける」かのどちらかだと思います。

前者は、原作でも相思相愛な設定の2人を使って、自分でも新たなお話を作るという微笑ましい二次創作です。私は大好きだし、そういうのを描いている人を見るのも心が温まります。

後者は、同人の世界では珍しくないのですが、おそらく部外者から見れば狂気の沙汰です。
同人をやめて冷静になったあと、以下の文章を書く私の心中を察して頂けると有難いです。

「原作で殺し合ってるから、殺したいほど愛し合ってるに違いない!」
「原作では会ってもいないけど、実は私たちの見てないところで…!」
「原作では他に仲良いキャラがいるけど、あれは見せかけで本当はあのキャラと…!」

……………怖いわ!(・∀・)

二次創作というものは、元ネタの原作以上に複雑怪奇で多種多様です。
原作では友人関係なのを恋愛関係に変換するBLや百合も、いろいろ歪めているケースと言えます。
さらに、必ずしも公式カプを支持する人が、非公式カプに萌える人より多いとは限らないのです。

非公式カプは、非公式なくせにやたら数が多くて強い勢力なこともあるため、公式カプが好きな人が、非公式カプに萌えている人に文句を言う光景もたまに見かけます。

非公式カプが公式カプより数が多いと「なんで非公式なのにあんなに多いの?ウザイ!」と叩き、公式カプのほうが数が多くても「公式が絶対正しいのに非公式に萌えてる人がいるのが意味不明」と叩きます。これは大昔からずっとそうだし、現代でもネット上できちんと受け継がれています。
古き伝統が守られている感じで素敵ですね(・ω・)

私も昔は、原作で恋愛関係な公式カプで二次創作をしていた時、カプの片方を他のキャラと絡ませようとする人に対して「ハァ!?( ゚д゚)」とか思ったものです。
ですが、同人を引退して落ち着いて考えてみると「それぞれの好きにすればいいよね」という結論に至りました。これは当時ケンカを売った人達から刺されても致し方ありません。

そもそも二次創作とは、原作とは違う内容を想像して楽しむものです。それぞれの心の中で繰り広げられる自由な遊びで、原作とは一切無関係です。だから本来なら、他人が描くものに文句をつける必要は無いはずなのですが、そうもいかないのが人の世の中です。

今は公式と二次創作の境目が曖昧で、二次創作でも上手い人が描けば、公式のもの以上に拡散されてしまいます。そのジャンルを知らない人が見たら、公式の正しい情報より、上手い二次創作のほうが真実なのではと勘違いする危険性もあります。
これは、原作を愛している人や、その二次創作と解釈が合わない人にとっては地獄です。

だから、現役でやっている人たちは色々大変だし、キャラ同士の関係について間違った情報が拡散されるのは耐えられないという気持ちも分かります。黙っていたら拡散されていくばかりだし、相手を殴っても拡散が止まるわけではありません。あれ一体何なんでしょうね?

こういう話題で具体的なジャンル名は出しにくいので、抽象的な表現で申し訳ありません。
でも、複数ジャンルに普通に当てはまるパターンだと思います。

それはともかく、私はもう同人やめたからどうでもいいです。みんな好きに描けばいいよ!
…と思ってるから、これは現役時代にケンカを売った人達から刺されても致し方ありません。

みなさんは、同人やめたあと、夜道を振り返りながら歩かなくて済むように振る舞いましょう。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする