同人活動の思い出/同人誌の発行部数をSNSの反応の数で決めるってどうなの?

同人誌を作る時、何冊刷ればいいかは、初心者だと特に悩むところです。
売り切れるのが早すぎたら「もっと作ればよかった」と思うし、売れ残っても切ないですからね。

SNSが普及してからは、自分ではどれくらい刷ればいいか分からない人が、ピクシブのブクマ数やツイッターのいいね数などで部数を決める光景も見かけるようになりました。

原稿のサンプルを上げたり、このカプで本を出しますよ的なことを呟いて、反応があった数だけ印刷するわけですが…その数字、本当に参考になりましたか?(´・ω・`)

私はだいたい SNSの評価数<実際の総売り上げ数 でした。
さらに、ピクシブをやめた後も部数は変わらなかったので、ピクシブはぶっちゃけ宣伝に役立っていなかったのでは?という疑いがあるし、SNSの反応は参考にならないと思う派です。

SNSの反応の数と本の売り上げ数が一致したとしても、それは反応した人が全員本を買ったわけではなく、SNSは見てないけどパンフレットを見て買いに来た人や、通りすがりで気に入って買った人の割合もかなり高いと思われます。SNSでは存在が見えなくても、それ以外のルートで地道に本を探している買い専の人は結構いると、私は活動中に実感しました。

私がピクシブをやめてサイトに戻った後も、サイトを見てイベントに来てくれた人もいましたし、イベントが終わった後に、本に書いてあるURLを見てサイトに来てくれたという人から「今まであなたのサークル知りませんでした!(以下、本の感想)」というメールが来たこともあります。
SNSの数字がすべてだと考えてはいけないと学習した出来事です。

クリックするだけでできるSNSの評価と、イベント会場まで足を運んで本を買うのは、必要な労力が全然違いますし、SNSで評価したから絶対に買わなければいけないという決まりもありません。
買いに行けないからサンプルだけでもブクマしようという心理もあります。

そもそも、完全な初心者ならともかく、何回か本作りとイベント参加を経験しているのに部数がうまく読めない人がいるのは何故なのでしょうか?ジャンル&カプの人気と自分の腕前を客観的に把握できていれば、人に聞かなくてもなんとなく分かると思うのですが。

私は最初から、SNSの反応で部数を決めることには懐疑的だったので、最初から最後まで自分の勘を信じましたし、実際あまり外したことはありませんでした。

今はそれこそSNSがあるのだから、自ジャンルや自カプの人口がどれくらいなのかはちょっと調べれば分かりますし、他の描き手と比べて自分がどの辺りのレベルなのかも、昔より把握しやすくなっています。同じジャンルで何冊も本を出しているのに「どれくらい刷っていいか分からない~」なんて言ってる人には「かまってちゃん乙」としか言えません。

と、ここまで書いてきて思ったけど、いつも「何部刷ったらいいの~?欲しい人はリツイートして~よろしく~」とか言ってる人は、本当に部数を知りたいのではなく、まさにかまって欲しいだけなのでは?「欲しい」とか「楽しみです」とか言われたいだけなのでは?何部刷るかは本人の脳内ですでに決まっているのでは?…と、今ならそう考えることもできますね。

ですが、これも「原稿間に合わない~」と同様に、言いすぎるとウザイものです。
そして、声高に騒ぐ人が目立つから「こんなヤツばかりなのか」とイライラするけど、実際は部数なんて黙って自分で考えてる人のほうが多いわけで、目に見えるものだけを気にして心を荒ませるのは愚かなことだと、同人をやめてから気付きました。遅い!

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 冷え性マン より:

    はじめまして。検索よりこちらのブログに辿り着きました。

    私自身は現役でサークル活動をしておりまして、記事のいたるところで「あるある…!」と共感致しました。自分だけが思っていたのではないのだなと少しホッとしてもいます。

    ブログ主様の書かれた文章があまりにもスッと入ってくる読みやすさでしたので、時間を忘れて一気に複数の記事を読み進めてしまいました。今後他の記事もじっくり読ませていただきます…!

    これからも更新楽しみにしております。

  2. ヒロコ1号 より:

    >冷え性マンさん
    はじめまして。このブログの同人関係の記事は、自分で言うのもなんですが、女性向で同人活動したことがある人ならある程度共感してくれると思って書いています。現役で活動していた時は思っていても言えなかったことを、やめたのをいいことに吐き出しまくっています。

    自分としては同人をやめることになるとは思っていなかったので、将来こんなブログを書くことになるとも予想していませんでした。不思議な縁です。
    文章は、できるだけ分かりやすく書こうと頑張っていますので、後から細かいところを書き直すこともあります。たくさん読んでいただけるなら嬉しいです。ありがとうございます。