同人活動の思い出/同人活動の形の多様化と、オフ至上主義に対する疑問

このブログのプロフィールには、私が同人活動をしていた期間は1992年から2015年までと書いています。1992年に初めて本を作ってイベント参加し、最後のイベント参加は2016年1月でした。
作品を描いていたのは2015年までなので、2015年まで活動していたと考えています。

ですが実を言うと、最後のイベント参加である2016年1月以降も、1度だけアンソロのゲスト原稿を頼まれて描いたり、サイトに過去絵のログをアップしたりしているので、2016年に入ってからも完全にやめたとは言い切れないかもしれません。

どこで「始めた」とか「やめた」とか、ハッキリと線引きをするのは意外と難しいです。
一口に「同人活動」と言っても、人によってその形はさまざまだからです。
WEBでたまにイラストを描いているだけの人から、1年に10冊以上本を作っている人もいます。

昔は「本を作ってイベントに参加する」以外の選択肢がありませんでしたが、ネットが普及してからは本を作らなくてもWEBで見てもらえるようになり、イベントに参加しなくてもネット通販で本を売れるようになりました。作品さえ作れれば、発表の方法はいろいろあります。

ですが今でも、夏冬のコミケに出て何冊も本を作っていないと「同人活動している」と見なさない人もいるかと思います。ていうか、昔の知り合いにもいました。「やっぱり毎回オフで新刊出さないと本気出してない感じするよね~」とか言って、遅筆な人やWEBのみの人をバカにしていたので、締め切り前にパソコンが爆発する呪いをかけておきました。

昔は同じオタク趣味を持っている人には優しくしようと思っていましたが、やはり作り手同士が集まると、上手い人は下手な人を影で見下すし、売れてる人は売れてない人を影で見下すし、本をたくさん作ってる人は少ししか作ってない人を影で見下すし、メジャージャンルにいる人はマイナージャンルにいる人をジャンルごと見下すし、SNSでいいねが多い人は少ない人を(以下略)

なぜ人は、趣味の世界でもマウントを取ろうとするのでしょうか?闘争は人間の本能だから仕方ないのでしょうか?たまに純粋な人が「イラスト仲間募集!」とか言ってるのを見ると、そんなの募集して大丈夫か?と真顔になります。私はもう絶対に嫌です。

確かに、最もお金も労力もかかるのは「本を作ってイベントに参加する」ことです。
でも今は、私生活の事情でそれができない人でも作品を見てもらえる方法があるのだから、それぞれがやりやすい方法でやればいいと考えています。

個人的には、少しでも何かを作っていれば、作り手として参加したことになると思います。
1枚のイラストでも、見て萌えてくれた人がいるのなら、それは二次創作を介したコミュニケーションです。反応が無くても「作品として表現した」ものには変わりありません。

あ、私のアニメ感想記事などのイラストは別です。あれはただの強制リハビリです。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. マロンヌ より:

    ヒロコ1号さん、はじめまして。
    長年オンのみで活動してきた者です。
    個人サイト時代のお話は、懐かしく共感しながら拝見しました。
    即売会や同人誌の裏話は、興味深く読ませていただきました。
    twitterの影響で、長文のまとまった文章を読める機会が減り寂しく思っていたので、こちらのブログの記事がとても楽しいです。
    少しずつ全部読ませて頂こうと思います。

    ヒロコ1号さんは「オフ至上主義」に疑問を持たれているということで、オン活動のみの私は「そういう考えの方もいるんだ」とわかって心強く、嬉しく思いました。
    即売会やアフターで直接顔を合わせている方々と比べると、オン活動の者は接点が少ないので、軽視されるのは仕方ないかなと、私自身が諦めて受け入れてしまってた感があります。
    でも中には、差別意識のない方もいるかもしれないですね。

    個人サイト全盛の頃は、オン活動の私にとっては楽しい時期でした。
    その後ほとんどの方がpixivへ移り、twitterへ移り、私も移ればいいと思ったのですが、特にtwitterについては、どうも勝手が違うなと感じています。
    私もtwitterの空気感が肌に合わず、何年か試行錯誤してきましたが、世の中の流れが
    日々の同人活動=twitter、即売会=twitterオフ会 状態になってることに限界を感じています。

    ジャンルや私の画力のせいもあるのですが、最近はpixivも過疎気味で、オフ活動なし+twitter苦手な私は、活動の場をどうしていいのやら…。
    絵を描く作業も、楽しさより体力的なつらさが上回るようになっています。
    今描いている漫画を完結させたら活動休止にしようと本気で考えていたところ、こちらのブログに出会いました。

    活動休止からそのまま引退になるかもしれないし、先のことはわかりません。
    でもこちらのブログを見て、個人サイトをもう一度作ってみようと思いました。
    新作はもう描かないかもしれないけど、過去作品をまとめる感じで。
    誰も見に来ないと思うんですけど、個人サイトは「サイトに展示する」ことで自己完結しているから、そういうのもいいなと思いました。

  2. ヒロコ1号 より:

    >マロンヌさん
    はじめまして。昔みたいにオフ活動するしかなかった時代ならともかく、今はいろんな選択肢があるのだから、オフ活動している人が偉いみたいな考え方はどうも好きになれません。
    でも実際に交流すると、そういう人は一定数存在するみたいなのですよね。
    私は「紙の本」にもこだわりは無いので、オンで完結できるならそれでもいいと思います。

    今のピクシブがどんな雰囲気なのか、私はもう何年も前に退会したので分かりませんが、昔と比べると人気ジャンルでもそこまで大盛り上がりにはならない感じなのでしょうか?
    ツイッターが手軽すぎて、今の若い人はピクシブも面倒に感じるのかもしれません。

    同人サイトはWEB上にあるけれど、それでも同好の士以外は入りにくい場所になっていて、うまく住み分けができていたように思います。高校時代からの知人が「ツイッターはオタク以外の人にも見られる可能性があるから使いにくい」と言っていて、今ならまさにその通りだと思えるのですが、昔の私は承認欲求オバケだったので愚かにも登録してしまいました。

    私も、ツイッターをやめてからも同人活動は続けましたが、やがて体力的にキツくなってきて引退を決意しました。いつか必ず終わるのなら、納得して最後を迎えたいものです。
    気力があるうちにサイトを作って作品を纏めておくのは、良いことだと思います。

  3. マロンヌ より:

    ヒロコ1号さん、こんばんは。
    「いつか必ず終わるのなら、納得して最後を迎えたいものです。」という言葉が深く心に残りました。

    私自身が、若い頃に感じた「オフ至上主義」の感覚にずっと縛られていて、もし引退するとしたら「本場の味を知らずに死ぬのか?」「これまでの私の活動は本物だったのか?」みたいな気がして、苦しんでいたのだと気が付きました。
    「オフ至上主義」の人には、ヒロコ1号さんがスゴイ呪いをかけてくれたので(笑)、私は気が済みました。

    そして、ずっと続けられると思っていた趣味に、終わりが来るかもしれないことが、怖くて受け入れがたかったです。
    オンでひっそりと活動してきたので、惜しまれることもなく、人知れず消えていくかもしれないことも悲しいです。
    でも「終わりが来ることを恐れる」のではなく「納得のいく終わり方をする」ことに目を向けようと思いました。
    やり残したこと、心残りなことを、よく考えてみたいと思います。
    (まだ引退を決めたわけではないので、運よく終わりが来ないで済んだらいいいのですが…)

    ちなみにpixivは、私はマイナージャンルなので人気ジャンルのことはわからないのですが、過疎傾向というのはある程度あるように思います。
    別ジャンルの知人が、放映中のアニメの二次創作でも、閲覧数の動きがかなり鈍いと驚いていました。
    私自身の実感としても、数年前のように「投稿した瞬間から数字が動く」という効果が薄くなったと思います。
    閲覧者がpixivをチェックする頻度が、週に1回とか、月に1回とかになっているのではないかと想像しています。

  4. ヒロコ1号 より:

    >マロンヌさん
    こんばんは。今考えると、作品を作る作業はとても体力が必要で、いずれ歳を取れば、萌えが冷めていなくても同人活動をやめなければならない時は来てしまうと分かります。
    若い頃は、萌えて作品を作り続けている状態が永遠に続くと信じていたので、自分の身体が言うことをきかなくなってきた時はとても寂しく、絶望した気分になりました。

    引退すれば忘れられていくのは、オンもオフも変わらないと考えています。
    私もピクシブを退会する時や活動自体をやめる時にWEB上で挨拶をして、読者さんたちからたくさんコメントを頂きましたが、今も私のことを覚えている人はもういないと思います。
    作品を見てもらう時と同じで、周囲からの評価ではなく自分がどう思うかが大事です。

    ピクシブは、私が登録したばかりの頃などは、私自身も毎日チェックしてましたし、人気ジャンルでは何かしらトラブルが起こっていて他ジャンルから鬱陶しがられていたものです。
    落ち着いたと考えれば良いかもしれませんが、活気も無くなってきた感じでしょうか。
    かと言ってツイッターがちゃんと見てもらえるかと言うと、それはもっと疑問ですけどね。