同人活動の思い出/同人活動に仲間は不要と結論を出した思い出

これは2013年のインテックス大阪での話です。今は改善されているかもしれませんが、当時はインテックス大阪の4号館と言えば、夏場は冷房が効きにくくとても暑かったです。
逆に6号館のCゾーンとDゾーンは、冷房が効きすぎて寒かったです。

この日、私は運悪く4号館に配置され、朝、隣のスペースにいた人に挨拶をしました。

私「おはようございます」
隣の人「はい、よろしくお願いします。私はサークル主じゃなくて売り子ですが」
私「あ、売り子さんでしたか」
隣の人「今日は友達が2スペース取ってて、私はこっちの売り子を任されたんです」
私「そうだったんですか」
隣の人「ここめちゃくちゃ暑いですね」
私「インテックスの4号館はいつも暑いですよ」
隣の人「え、そうなんですか?私はインテックス初めてで…友達はいつも参加してるけど」
私「(・∀・)」

それはアレだ!押し付けられたんだよ!クソ暑いほうのスペースをな!(・∀・)
実際あの日は本当に暑くて、ネッククーラーと差し入れのジュースが無ければ死んでたかもしれません。SNSに疲れて1人になってからの、初めてのイベント参加でもありました。

ちなみに隣のサークル主は、私も知ってる人でした(売り子さんには黙ってました)が、いかにもさりげなくクソ暑いスペースを押し付けそうな人だったから仕方ありません。

ただ、私はそれ以前から、売り子(イベントでスペースの番をする人)にしても、相方(一緒に本を作る人)にしても、自分の同人活動に他人を入れることには懐疑的でした。
若い頃(20代前半)はまだ交流に夢を見ていたので、同じジャンルが好きな人と一緒にスペースを取ったり、一緒に本を作ったりするのは楽しいだろうなあと憧れていました。

でも、実際にやってみたら、私の原稿は完成しても相手が締め切りを守らないとか、イベント参加費用や本の印刷代を「お金が無い」と言われてとりあえず私が全額出したまま、結局いつまで経っても半額のお金は支払われなかったりとか…

そういう経験を経て「ひとり最高!\(・∀・)/」という結論になったのです。

個人的に、お金のことよりも締め切りを守らない奴はマジで絶滅すべしと思ってるので(お金のほうが許せないという人もいると思いますが)本当にありえない。
同人作家ってなんであんなに期限を守れない奴が多いの!?日常生活どうしてんの!?

私の相方運がとてつもなく悪かっただけかもしれませんが、どう考えても1人で活動したほうがストレスが無いと分かりました。相方ではなく売り子にしても、ちゃんとした人に頼まないと、あとで売り上げの金額が合わなかったりとかいう話を、知人からよく聞きました。

かと思えば、あの夏の日のように、売り子を頼まれた人のほうが被害者っぽい場合もあります。
サークル主と違って大人しそうな人だったので、本当に気の毒だと思いました。

同人活動というのは、自分の中の萌えとのみ向き合う、孤独な活動なのです。
他人と繋がってもあまりいいことは無いというのが、私の結論です。いやもちろん交流して楽しかったこともあったんですよ(・ω・)ただイヤなことのほうをよく覚えているだけで。

特に昔は、同人という趣味を共有できる相手を探すこと自体が難しかったので、同じオタクというだけで「仲良くなりたい!」と突っ走ってしまったけど、オタクも他人である限りいろいろな人がいます。それが分かってからは、友好的に近づいてきた人に対しても微妙に警戒してしまったりして、それは本当にすみませんでした。仕方なかったのです。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも楽しみに拝見させていただいています。
    「特に昔は、同人という趣味を共有できる相手を探すこと自体が難しかったので……」という一文にとてもうなずいてしまいました。
    おたく気質な人は独りよがりなことも多かったりするので(だからこそ個性的なものが作れる利点もあるのですけれど)、今は仲間を見つける作業が簡単になって、使い捨てできるという下心が許されるくらい仲間の貴重性が減ったのかもしれませんね。
    それで他人を尊重しなくなったり、ぶつかる事例が増えたというのは残念なことですが…
    人口が増えるってこういうことなんだなあと考えさせられます。

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。昔は日常生活で同じオタクの友達を見つけるのは難しくて、もし仲間を見つけることができたら、飛び上がるほど嬉しかった記憶があります。
    今はネットで手軽に交流できて、最初は画期的だと喜んでいましたが、まさかこんなことになるなんて…というのが、今のSNSなどを見た感想です(´・ω・`)

    独りよがりな部分は昔のオタクにもありましたが、昔はネットが無かったから見えにくかったんですよね。今はSNSで垂れ流し状態だから、慢性的に不快な気分を抱える人が増えているような気がします。楽しく活動しているように見えて、本当は何かを憎んでいて、それを不特定多数が見ているネット上で隠しもしないという状態です。

    それ自体は人間だから仕方ないけど、そういう人と交流したいとは思えないし、作品への興味も失せます。まあ私も人のことは言えませんが。昔みたいに「同じジャンルやカップリングの人はみんな仲間!」という雰囲気はもう過去のもので、さらに言えば、あの時も、相手も本当に自分と同じ気持ちでいてくれたのかどうか、真実は分かりませんね。