同人活動の思い出/同人作家につくか、ジャンルにつくか、それが問題だ

基本的に、同人誌を買ったりWEBで二次創作を見たりする時は、自分の好きなジャンルのものを探すと思います。けれど中には、作家の作風自体が好きという理由で「この人が描いたものなら知らないジャンルでも見たい」と“作家買い”をする人もいます。

女性向だとそういう傾向は少なく、あくまでもジャンルやカップリングありきです。
私自身もそうでした。知らないジャンルの上手い作品より、ちょっとくらい下手でも私の好きなジャンルを同意できる解釈で描いてくれた作品のほうがいいのです。

男性向のほうはもっと自由で、絵が気に入れば知らないジャンルでも買ったり、エロなら何でもいいという空気があります。今でもあるのか知りませんが、昔の男性向同人誌は1冊に複数のジャンルが混在しているものも普通にありました。

特定のジャンルにしか興味が無い人にとっては厳しい仕様ですが、同人誌というのは本来「作り手が自由に作る」ものなので、これもアリと言えばアリです。

…と思ったけど、今は昔ほど女性向と男性向の境目は無いように感じます。
男女関係なく、いろいろな方針の人がいるように見えます。

昔の女性向二次創作では、作家買いをする人は少なかったけど、それでもゼロでは無かったので、私もたまに「ジャンルが変わっても追いかけてます!」とか言われて、嬉しかったり少し申し訳なかったりという気持ちになってました。

二次創作を発表するのは、同じジャンルが好きな人に見てほしいのもあるけど、あわよくばジャンルを知らない人にも布教しようという目的もあるので「このジャンル知らなかったけどヒロコさんの作品を見て原作を読みました!」と言われた時は最高に嬉しかったです。

そのパターンなら本当に嬉しいのですが、たまに「原作は知らないし読む予定もないけどヒロコさんの作品は楽しんでます!」という謎の感想もありました。

昔、ゲームジャンルで交流していた知人も、イベントで「このゲームやってないけど〇〇さんの小説は面白いから買います!」とか言われて「???(・∀・)」ってなってた思い出があります。
別にイヤではないけど、本当にそれでいいのか?とも思います。

だって、元ネタが分からない二次創作なんて、ただただ意味不明なだけではないでしょうか?
プリキュアを知らない人がプリキュアの同人誌を買っても、内容を100%楽しむことはできないでしょう?いや、エロければ何でもいいと言われたら納得するしかありませんが!

まあ、どんな本を作るかも人の勝手なら、何を買うかも人の勝手なので、ちょっと個人的に理解できない部分もありましたが、見てもらえるのは有難かったです。
すべての活動をやめた今なら「人それぞれだよね!(・∀・)」と心から思えます。

ちなみに私は、今だから言えますが、どんなに上手い人でも、私が興味ないジャンルに行けば用無しです。作家ありきで追いかけたことは一度もありません。
同じカップリングに神作家がいて、毎日夢中で更新をチェックしていたのに、その人が別ジャンルに行ったとたん興味ゼロになったので、私はそういうタイプなのだと認識しました。

だから、二次創作でちょっと売れたりした時に、それを自分の実力だと勘違いするのは大変危険です。自分の実力ではなく、元ネタのジャンルのおかげです。ジャンル移動した時にツライ気持ちを味わいたくなければ、旬ジャンルのみ渡り歩くようにしましょう。

みなさんはその辺どうですか?いずれにしろ、萌える作品に出会えると良いですね。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする