同人活動の思い出/メジャージャンルとマイナージャンルはどちらが居心地がいい?

世の中には、アニメや漫画やゲームや小説などの創作物がたくさんあって、それらの二次創作も星の数ほど存在しています。そういった同人のジャンルの中には、人気があってたくさんの人が二次創作をしているジャンルもあれば、知る人ぞ知るマイナーなジャンルもあります。

みなさんは、メジャージャンルとマイナージャンル、どちらのほうが良いですか?

仲間が少ないと寂しいという人もいれば、人が多すぎるとトラブルが起こる確率も上がるからイヤだという人もいると思います。今回は「メジャー内マイナー」のような例外はひとまず置いといて、大雑把にそれぞれの特徴を考えてみます。

◆メジャージャンルの特徴◆
1.仲間がたくさんいて、寂しくない。
2.人数が多いので、オンリーイベントやアンソロがたくさん企画される。
3.大手や上手い人がたくさん集まるので、ハイレベルな作品を拝める率が上がる。
4.ただし作品の数が多いぶん、不快な内容のもの(地雷)に当たる危険性も増す。
5.人数が多いぶんイタイことをやらかす人もいて、他ジャンルの人から顰蹙を買う。
6.純粋にそのジャンルが好きな人だけでなく、金儲けや売名目的の人も集まってくる。
7.転売!詐欺!暴力!SEX!…いや、暴力とSEXは無い…いや、あるかな?(・∀・)

◆マイナージャンルの特徴◆
1.愚かな承認欲求が無い人であれば、落ち着いて自分のペースで楽しめる。
2.人が少ないので、金儲けや売名目的の人は近寄ってこない。
3.ただし作品の数が少なくても、地雷が無いとは限らない。
4.人数が少なくても、トラブルが起こらないとは限らない。
5.ジャンル移動したくなった時、死ぬほど気まずい。

どちらも後半はネガティブですが、事実です。
華やかに盛り上がっているように見えるメジャージャンルの水面下には闇が広がっているし、穏やかで平和そうに見えるマイナージャンルの水面下にも別の闇が広がっています。

そして、作品やキャラクターに惚れる瞬間は、それが同人的にメジャーかマイナーかなんて関係なくやってきます。「これくらいの規模が自分にとってちょうどいい」というのは人それぞれあると思いますが、そこを狙ってハマるのは大変難しいです。

マイナーで寂しいけど、このキャラが好きだから頑張ろう、自分の作品で盛り上げてやろうというガッツのある人も、私はたくさん見てきました。

逆に「メジャーだからこのジャンルに行こっと」みたいな意味不明な人もいます。
昔の私だったら「愚民どもめ!●ね!」くらいは思ってたけど、今の私はもう引退してますので、好きにすればいいと思います(・∀・)人のぬくもりが恋しいのですね。

ドマイナーなジャンルに上手い人が降臨してくれて、その奇跡に感謝することもあります。
かと思えば、新しく入ってきた上手い人が自分たちより売れているのを見て、嫉妬して追い出そうとする閉鎖的な村みたいなマイナージャンルもあります。

私自身はと言えば、それなりにメジャーもマイナーも経験しましたが、引退するまでついに経験することが無かった領域があります。

それは「自分以外誰もやっていないジャンルにハマる」オンリーワンになることです。

自分しかいないのなら、トラブルも地雷もありません。これこそが最高の形態なのではと、歳を取るほどそう思うようになりましたが、結局そういうジャンルには出会えませんでした。

私の趣味嗜好はとても平凡だと、歳を取ってから気付いたから、これは仕方がないですね。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名k より:

    こんにちは。コメント失礼します。
    4.人数が少なくても、トラブルが起こらないとは限らない。
    これを今、痛感しています。片手で数えられるようなジャンルですが自分は両者と交流しているがaさんとbさんは互いにブロックしているらしいですし、cさんから私はブロックされてますが共通フォロワーさんがもちろんいる……
    普段はのんびり活動していますが水面下は、という感じです。人数はあまり関係ないかもしれませんね。

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名kさん
    こんにちは。人数が少ないと全員が知り合いみたいになるので、揉めた時は地獄ですよね。
    旬ジャンルの騒動に疲れている人は「マイナージャンルはのんびりしてて良いなあ」なんて言いますが、何かあった時にキツイのはむしろ小さいジャンルのほうだと思います。

    居心地は悪いけど、ジャンルが好きなうちは取り繕うしかないという感じでしょうか。
    私にも多少は経験がありますので、無事に乗り切れるよう祈っております。