同人活動の思い出/創作は自由にできるものだけど周囲の理解を得られるかは別

私は昔、とあるジャンルでとある男性キャラにハマり、彼を受けにしてBLサイトを作りました。
ところが原作の新しいシリーズが出た時に、新キャラの男女カップルにハマり、同じシリーズの作品なので同じサイト内に男女カップルのコーナーも作りました。

これのおかげで新しい閲覧者さんが増えて、嬉しい感想も頂きましたが、BLは好きだけど男女カプは嫌いというこれまでの閲覧者さんからは中傷コメントを頂きました。当時交流していた人からも大不評で、寂しいと思いながらも自分が描きたい話は全部描ききりました。

実を言うと、このパターン、私は2度もやりました。2つのジャンルで「最初はBLを描いてたけど途中で女性キャラに萌えて男女カプを描きはじめる」をやったのです。
しかも別サイトでやるならまだしも、同じサイト内に同居させようとしました。
どちらのジャンルでもボコボコにされました。すみませんでした(´・ω・`)

萌えの方向性が絶対にブレることがなく、突然違うものを描きだす可能性など無いと断言できる人なら、こういう心配はいりませんが、私はけっこうフワフワしています。
BLも「男同士だから」萌えているのではなく「キャラが好みのタイプだから」萌えているのであって、私の好みに合っていれば女性キャラでも別にかまわないのです。

私は大手じゃないからまだマシでしたが、大手のBLサークルが突然カップリングを変えたり女性キャラを描きだしたりすると、部外者から見ても売り上げが減って人が離れているのが分かるほど、周囲の空気が変わります。たまにそういう全てを棒に振る大手がいてビックリするけど、それでも好きなものを描きたかったというのなら致し方ありません。

人の心とはそもそも不安定なもので、創作活動とは自由であるべきです。発表することで批判されたり逮捕されたりすることもあるけど、それはそれとして「自分がこれを描きたいから描いた」という気持ちそのものは、誰にも否定することはできません。

ただし、批判されたり逮捕されたりはしますのでお気をつけくださいという感じです。
当時はそれなりにショックを受けた中傷コメントも、今となっては良い思い出です。
世間には「見た人全員が褒めてくれる」と思って作品を発表している人が多すぎて怖いです。

これは逆に「それまで男女カプを描いていたのに突然BLを描きだした」場合でも同じパターンになります。確かに、攻めと受けのどちらかを入れ替えるのはリスキーですが、まったく違うキャラでBLと男女カプを並行してやっていても、文句を言われる時は言われます。
展示場所を分けて注意書きをしっかりしていても、完全に防御できるとは限りません。

なので、場所分けも注意書きもクソも無い今のSNS文化の中では、一体どれほどの呪いが影で溜め込まれているのか、大変おそろしいですね。私にはもう関係ない話ですけど。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする