同人活動の思い出/イベントでR18本の見本誌チェックをされて隣のサークルが販売停止になった思い出

隣のサークルです。私じゃないです。私はこのように、修正はきちんとしてますので!

絵柄的には、たとえ無修正だったとしても何も言われない自信があります。
私が昔出した本を持っている人がいれば、どれくらい安全かが分かると思います。

それはそうと、私は昔 赤ブーブー通信社 のイベントによく参加していました。
大昔はルールがガバガバだったR18本の頒布ですが、2010年頃から年齢確認の徹底やR18の表記だけでなく、性器の修正についても色々言われるようになりました。

赤ブーブー通信社のイベントでは、R18本の取り扱いがあるサークルは、イベント開催中にスタッフが会場を巡回し、本の中身を見て修正がきちんとされているか等を確認します。
他のイベントでは、先に見本誌を提出してチェックしてもらうパターンもあります。

私もたまにR18本を出していたので、チェックしてもらったことがありますが、引っかかったことは1度もありません。そもそも、そこまで過激なものを描く知り合いも少なかったので、こういう事で販売停止になるなんて話は都市伝説のように思っていました。

ですが、2010年頃のイベントで、隣のサークルがまさかの販売停止をくらいました。
実際にそんな現場を見るのは初めてだったので、隣の人には悪いけど貴重な体験でした。
隣の本をあとで見てみたら、たしかにリアルに描きすぎな上に申し訳程度すぎる修正でした。
これは仕方ないと思うと同時に、これくらいだと実際に引っかかるのかと勉強になりました。

ただ、当時はまだ修正の基準もあいまいで、特定のイベントで販売停止になっても、他のイベントでは大丈夫ということもあったようです。
私たち描き手は振り回されていて、それでもエロを描くんだ!という強い意志のある人たちはともかく、めんどくさがりの私はR18本の発行自体をやめることにしました。

昨今、同人イベントでR18本を買う時は、年齢確認のため、サークル側から身分証明書の提示を求められることも珍しくなくなってきました。 ですが昔(1990年代)はサークル側も買う側も意識ガバガバで、...

エロ専門で描いてるなら頑張ったかもしれないけど、私の漫画は別にエロは無くてもいいので、そういった状況もR18から“卒業”するきっかけになったのかもしれません。

買った本に修正液が塗られていたこともありました。
おそらく見本誌チェックで引っかかって、その場で修正液を塗って何とかしたのだと思われます。
マジックで塗るパターンもありました。ものすごく大変だっただろうな(´・ω・`)

印刷する前に印刷屋さんから注意されることもあるようです。私はそんな経験無いので詳細は分かりませんが、出来上がってから販売停止をくらうよりはマシかもしれません。

コミックマーケット92についてはこんな記事を発見しました。

夏コミC92から性器のディケイド修正が禁止に!理由はクジラックス模倣犯の逮捕が原因!?【コミケ92】

私、仮面ライダーは詳しくないので「ディケイド修正って何?」と思って調べてみたら、意味を知って大爆笑しました。私はあの修正のこと「刻み海苔」って言ってました!
黒い線が平行じゃなくて、性器の形に沿って角度がついてるのもあるじゃないですか!
平行じゃないのが「刻み海苔」で、平行だと「ディケイド」なのかな!

こんなに面倒で大変な騒ぎになっても、ユーモア(?)を忘れないオタクはすごいです。
足を洗った私も、外から見守ってるぶんにはまだまだ楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする