同人活動の思い出/R18の基準が分からなすぎてR18を描くのをやめた思い出

昨今、同人イベントでR18本を買う時は、年齢確認のため、サークル側から身分証明書の提示を求められることも珍しくなくなってきました。

ですが昔(1990年代)はサークル側も買う側も意識ガバガバで、性描写があってもR18の表記が無い本もあったし、年齢確認をしているサークルも見かけませんでした。

2010年頃から突然、年齢確認の徹底やR18の表記について議論されるようになり、イベントでも身分証明書の提示やゾーニングなどが行われるようになりました。
そういう空気になった経緯はここでは割愛しますが、これも同人誌というものがオタク以外の人にも認知されるようになったことが関係していると思われます。

私が現役時代にお世話になっていたイベント会社のサイトには、こんな記載があります。

R18について考えよう/赤ブーブー通信社
R18作品の販売・購入についてのお願い/スタジオYOU

確かに、明らかに年齢制限が必要なものは未成年に頒布してはいけませんが、微妙なものはどういう所で判断するかの具体的な基準は不明です。赤ブーブー通信社のほうには「激しい直接描写でなければ、R18とする条例上の必然は無い」という旨の記述があります。

私が本気で困り果てたのはここです。本気で困り果てました(2回言った)
まず、私のイラストを見てください。「Fate/Zero」の龍之介と海魔です。

ここから触手エロが始まったとしても「激しい直接描写」からは程遠いと断言できます。
エロではなくグロを描いた場合でも、私が描く内臓なんて薬の箱に描いてあるようなイラストで、あまり「グロ注意」感はありません。

内容はエログロでも、表現がソフトならR18にしなくていいのですか?本当に大丈夫ですか?
同じ内容でも、絵柄の違いで印象が大きく変わると思うのですが、何を判断基準にするのですか?

私の「全年齢向でもないがR18と言うほどでもない」漫画はどこへ行けばいいのですか?
あと「めっちゃ性器とか描いてるけど興奮する要素は皆無のギャグ漫画」はどうなのですか?
さらに「小説は絵が無いから、文章のエロシーンがあってもR18にしなくていい」とか言ってる奴もいたけど、お前は何を言ってるんだ? …で、結局、訴えられたら死ぬのですか?

………もうめんどくせーから全年齢向だけ描きます!!以上!!!(・∀・)

私は悩み抜いた結果、創作者にあるまじき放り投げ方をして、もうR18自体に関わらないことにしました。もともと歳を取るにつれてR18に対する興味が薄れてきたこともあり、そのまま全年齢向オンリーになり、数年後に同人自体もやめました。

別にこれのせいで同人をやめたわけではありませんが、直接の原因のうちの2%くらいは占めていると思われます。年寄りはもうついていけません。
今はそんなことも考えなくて良くなったので、悩んで熱を出すことも無くなりました。

個人的な好みの話ですが、私は「激しい直接描写」にはまったく萌えられません。
自分が萌える(=未成年に有害)と考えるソフトなエロ表現は「R18にしなくてもいい」とか言われて、R18として頒布するのなら激しいものを描かなければいけないような空気ができて、もう何を描いて誰に頒布すればいいのか全然分からなくなりました。

分からなくてキレた結果「自分が萌えるエロ」は脳内だけで楽しむことにしました。
「脳内で考える自由」だけは、真に他人には侵しようが無い最強の権利です。

汁だく&リアル&修正入れまくりの「ザ・成人向」なものにきちんと年齢制限をつけるか、完全に全年齢向かのどちらかでないと、存在するのは難しくなりました。
「視覚的にエロくなくても、内容がエロならR18では?」という私の考えと「リアルなエロ描写がR18」という世間の空気がかみ合わなかっただけのことです。

余談ですが「同人はR18のほうが売れる」みたいなイメージがあるかもしれませんが、それは人によります。エロ本よりもギャグ本のほうが売れるという描き手さんもいます。
私もエロの有無は売り上げと関係なかったし、2010年頃から頒布する時に死ぬほど悩むようになってからは、R18は取り扱いが面倒で疲れるものというイメージしかありません。

そんな私はちょっと考えすぎだったかもしれませんが、逆にどう見てもR18なものを表記なしで頒布して、苦情が来たら「私の感覚ではたいしたことないのに~」みたいな、過激なものに慣れてますアピールをする奴はお亡くなりになってほしいと思ってました。

昔はね。今はもうやめたからどうでもいいです。同人って大変ですね(・ω・)

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする