同人活動の思い出/好きだったジャンルを嫌いになってしまう悲しい結末

オリジナルで活動している人には無関係な話ですが、二次創作で同人活動している場合、自分にはどうしようもない原因で熱が冷めてしまうことがあります。
それは「公式がダメな方向に行ってしまう」ことです。

二次創作の場合、元ネタの原作の世界観やキャラクターに惚れ込んで同人を始めるわけですが、その原作が自分の望まない方向に進んで行ったり、公式の中の人がいろいろやらかしてファンを減らしたりして、そのあげく、昔は人気があったことが信じられないくらい衰退した場合、好きで二次創作をやっていた人はどうすればいいでしょうか?

ホモエロ同人とか作ってる二次創作者なんて勝手にどうにでもなれと言われそうですが、同人を頑張る層が離れたら、原作の寿命もヤバイんじゃないの?と思います。

何事にも例外はあるけど、同人の盛り上がりと原作の売り上げはだいたい比例します。
同人に関わっている人が新しい作品を知るきっかけって、だいたい「同人が盛り上がってるから目に入ってきた」というものじゃないでしょうか?
それをウザイと思うか自分も好きになるかは、モノによると思いますが。

でも、原作の魅力が何らかの理由でダウンすれば、同人も一気に盛り下がります。
原作者が良かれと思って作った展開も、ファンに受け入れられなければ人気は落ちます。
世の中の物事はすべて諸行無常だから、どんなに流行っているものでもいつかは必ず廃れますが、中には必要以上に早く廃れさせてしまうヘタクソな公式も存在するのです。

私も、同人活動していた頃はいろんなジャンルに手を出しましたが「今でも原作を愛しているジャンル」と「今の原作はもう愛せないジャンル」の2種類があります。

冷める理由は、たとえば、ストーリーがつまらなくなってきたとか、自分の好きなキャラの扱いが悪くなってきたとか、公式関係者がツイッターでアホな発言をして炎上したとか、ひとつひとつは小さな事でも、積み重なるとだんだん心は離れていきます。

やがて続きが楽しみにならなくなり、公式関係者を嫌いになり、好きなキャラもそんなに好きじゃなくなってきたら「このジャンルはもうだめだ。捨てていくしかない」となります。

何がきっかけで冷めるかは人それぞれですが、もし多くの人が冷めるようなことをした場合、そのジャンルは目に見えて衰退していきます。そして“今の展開クソだろ派”と“今の展開も楽しめてる派”が壮絶に殴り合う光景が目につくようになってきたら危険信号です。
私そんなの何回も見てきたわーつらいわー(・∀・)

もともとディープなファンが多いジャンルなら、多少のことでは揺らがないかもしれないけど、相手が人間である限りその“信頼の貯金”が尽きることもありますからね。
わりと少なくない人数が「今の展開おかしくない?」と感じだしたらもうヤバイです。

そういう失敗も無く最後まで好きでいさせてくれた作品には、心から敬意を表します。
キレイに終わるためには「ちょうどいいところでやめる」のが一番だけど、商売である限りそれは難しいです。だから大体どこもかしこも殴り合ってるんですよね知ってる。

自分がどう思うかは別として、賛否が分かれそうなことを公式がやっていると「ああ、これは荒れるな…」とベテランの船乗りみたいな気分になります。
私は、どんな同人誌が売れるかは全然分からないのに、どんなものを発表すれば炎上するかはよく分かるのです。こんな能力いらない(´・ω・`)

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする