同人活動の思い出/同人誌の装丁は凝る派?凝らない派?

同人誌と言えばB5サイズ!クリアPPカラー表紙!本文はコミック紙か上質紙にスミ刷り!

…というのが一般的ですが、たまには少し変わった装丁にしたくなる時もあるかもしれません。
昔は特殊加工なんて大手だけの特権で値段もとんでもなかったけど、今はそんなに高くない値段でいろんな加工が楽しめます。すごい時代ですね。

私はそもそも「読むだけなら本じゃなくてWEBで良くね?」と思っている派なので、それでも敢えて紙の本を作るのなら、紙ならではなことをしたいと考えました。

そこでよくお世話になっていたのが プリントオン さんという印刷屋さんです。
私が同人をやめる前の数年間、何度も利用していました。今のセット内容は、私が使っていた頃よりさらに進化していると思われますが、私が現役の頃に作った本の装丁を少し紹介します。

表紙のレース加工またはアートカットフレームで、下の遊び紙が見えています。

トレーシングペーパーの表紙とカッティング遊び紙を使ったシースルーセットです。

表紙の紙や遊び紙の種類も豊富なので、毎回よく迷いました。
もっとセンスの良い人なら、セット内容をさらに生かせるのではないでしょうか。

イベントでも好評でしたし、私もさんざん楽しんで作っておいてアレなのですが、まあ普通に本として開いて読む場合、ちょっと読みづらいですよねコレ(・ω・)
だがそんな事は知ったこっちゃありません!読むだけならWEBが至高なのです!それでも紙にする意味を、私は見出したかったのです。

そして「紙の本がいいけど、本は読めればいい」派の人は「普通の装丁でいいだろ!( ゚д゚)」と叫ぶかもしれません。些細なことで戦争が勃発するのが同人の世界というものです。

ちなみに、漫画同人誌と言えばB5サイズで作る人が多数派だと思いますが、私はいろいろ試行錯誤した結果、自分の漫画ならA5のほうがいいかなという結論になりました。
描き込みが少ないから、B5で刷ると画面がスカスカになってつらいのです。
絵柄がシンプルだったり、画力が売りじゃない人はA5でいいと思います。

そんなわけで、紙にさほど興味が無い私でも本作りを楽しめたプリントオンさんには、今も感謝しています。ここに出会えなければ、サイトだけで本はあまり作らなかったかもしれません。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする