同人活動の思い出/書店委託でカップリング表記を間違えられた思い出

同人誌を委託してくれる書店もいろいろあるけど、みなさんはどこを利用していますか?
私はかなり昔の話になりますが「とらのあな」に一番お世話になっていました。

他にも利用していた書店はありましたが、現在は会社が無くなっていたり、同人誌部門から撤退していたりと、時代の流れを感じます。しかも同人誌部門から撤退したとある会社の代表者が、私の弟と知り合いだったことが判明したりして、世間が狭すぎて怖い。

「とらのあな」は私にとっては、他の書店で断られても「とらのあな」なら委託してくれるという安心感のある書店でした。
これは作風やジャンルで左右されると思うので、他の人はまた違う印象かもしれません。
私の絵柄だと、女性向専門の書店では断られる確率が高かったです。

「とらのあな」にも女性向部門はありますが、当時は「プリンセスサイド」という名称がちょっと気恥ずかしかったです。腐向けをなんかキレイな言葉で言ってるみたいな感覚があったけど、実際には女性向の男女カプもありますし、健全本もあります。

委託では本当にお世話になって感謝している「とらのあな」ですが、一度だけカップリングの表記間違いをされたことがありました。もう2010年の話なので告白します。

本の販売ページのカップリング表記で、攻めの名前が別のキャラの名前になってて、オイオイオイオイオイ( ゚д゚)と思いながらも、こればかりは絶対に訂正してもらわないと困るので、メールを送って直してもらった思い出があります。

後から考えてみると、その本はゲームジャンルだったのですが、公式の攻略本に誤植があったのです。攻めキャラのページの名前の欄に別のキャラの名前が間違って印刷されていて、おそらくジャンルに詳しくないスタッフさんがその攻略本を参考にして、そのまま表記してしまったのではないか。ものすごく好意的に解釈するとこんな感じです。

…だとしても、そもそも委託を申し込む時に、私が申し込み用紙にカップリングを記入したはずですが?他にも、事務どうなってんだよと思うことは結構ありました。
きっと、私が大手じゃないから適当な扱いだったのでしょう。それなら仕方ない。でも当時の知人で大手だった人も、ツイッターで苦言を呈していたような…2010年の話です。

この前、数年ぶりに「とらのあな」のサイトに行ったら、電子書籍部門ができていて、またもや時代の流れを感じました。ダウンロード販売は昔から男性向が中心でしたが、これからは女性向も電子書籍が普及していくのでしょうか?私も昔「DLsite」でダウンロード販売をしたことがあります。今は「とらのあな」ともども退会済みです。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする